2016GPSフランス大会、女子SP 洗練と怪我は

2015GPSもこのフランス大会で4戦目ということで、今季の”勢力図”というのがあらかた見渡せることになります。
選手の好不調、若手の伸び、シニアデビューの新人の実力がわかってくれば、誰がいったい世界チャンピオンに近いのか、そしてどの国が来季の五輪の”3枠”を獲得できるのか、それらが予想できるようになるというわけです。
その意味で、このフランス大会女子シングルには昨季の女王メドベージェワや全米女王のゴールド、シニアデビューの樋口新葉さん、そして銀盤の女王・浅田真央が登場するので、多くのものが見えてくるはずです。
では、そんなことを考えながら視聴した女子シングルを、まずはSPから。

3週間前のスケートアメリカで絶不調だったグレイシー・ゴールドですが、このSPでも、悪い意味でふわっとしたスケートから冒頭の3Lzの着氷を乱し、強引に+3Tを付けるという不穏なスタート。
得意のスピンで建て直しのきっかけを得たかに見えるも、後半の3F予定が2Fになると、その嫌な流れのまま1Aに。
ステップシークエンスではエッジは浅く、動きは重く、心も体も演技に入っていけない様子でした。
体つきも筋肉が落ちているようですし、練習が上手くいっていないことは明らか。重症ですね…。
SPは54.87(TES23.19・PCS3168)で8位。キスクラも闇のなかにいるように暗い。

そんなゴールドとは対照的にいつも明るい(いわゆる天然ですね)エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は、軽く微笑んでから、体をひとつ躍らせ、軽快なキャメルスピン、優雅なステップ。エッジは浅いものの体はよく動き、ターンも滑らか。
後半にまとめたジャンプはタノ3F+3T、マイムとイーグルを挟んでの3Lo、足上げからのタノ2Aも鮮やかで、締めもしなやかなコンビネーションスピン、代名詞のI字スパイラルを挟んでのビールマンスピンで易々とノーミスでした。
瑕疵のないクリーンな演技、繋ぎも多く、安定感も抜群。
この頼りがいのある女王にスタンドでは多数のロシア国旗が揺れていました。
彼女を観ているとフィギュアって簡単なんだと勘違いしてしまいそうですよね。
SPは78.52(42.16・36.36)でPBで1位。
これはいくらなんでも高すぎ。彼女のスコアはGOEとPCSに支えられていますけど、出来栄えの部分で、他の選手とそこまで差があるとは思えません。高くても74点くらいが妥当じゃないでしょうか。普通にしていれば愛される選手になるのですから、ジャッジは余計なことをしないで欲しいものです。

リー・バーケルとブライアン・オーサーをコーチに従えたガブリエル・デールマン(カナダ)は、3T+3Tを力強く決めると、綺麗なスケートからヘアカッターとキャメル。スピンは柔軟性はないものの回転は安定。
音楽が盛り上がってから入った後半も大きな3Lz、2Aもよし、ステップは『エロディアード』に乗り切れず、物足りません。もうちょっと動きたいところ。
最後はバレエジャンプを挟んでのコンビネーションスピンで軽くガッツポーズ。ノーミス、クリーンな演技でした。
SPは72.70(39.35・33.35)でPBで2位。
このスコアにはびっくり仰天、目を疑ってしまいました。彼女のいままでのPBは昨季の世界選手権の67.38だったんですぜ。
そこからジャンプ構成も変わっていないのにこんなに点数が伸びるなんてどういう理屈なんでしょう?演技内容だってそんなに進歩していないのに。
”コーチ”が変わると点数が変わるというわかりやすい例でしょうね。もちろん悪例という意味で。

髪を軽くウェーブのかかったポニーテールにして、よりの呪術師的な見た目となった浅田真央は、3Aのような緊張感で2Aさくっと降りると、会場を支配するようなスケートから3F+2Lo。これは踏み切りが弱くて詰まったような着氷。
公式練習でジャンプの調子がかなり悪かったと報じられていましたけど、まさにそんな感じです。
しなやかなキャメルを跳ねながら終えたものの、後半に入る助走は滑りが重く、浅田さんの不安がありありと伝わってきましたけど、3Loはなんとか着氷してほっとしたような表情。
体に染み込んだ美しさをそのまま形にしたビールマンスピン、コンビネーションスピンの足上げも磨き上げられた完成度。
そして終盤の見せ場のステップだったわけですが、いつもよりパワーがなく、攻め切れません。口が開いて苦しそうなのも浅田さんにしては珍しい光景。
それでも拍子を外すことなく、最後まで難度の高い『恋は魔術師』のステップを踏んでいったのはさすがの一言。
本人はかなり不満そうでしたけど、演技全体でも流れと世界観は作っていたと思います。
SPは61.29(29.12・32.17)で8位。
前のスケートアメリカと似た内容だったので、そのときの64.47くらいは出るかと思っていただけに意外な低評価。PCSもGOEもかなり削られています。
出来があまりよくなかったのは私も認めますが、ジャッジはスケーターとしての完成度や洗練を無視し過ぎています。
その部分で浅田真央は間違いなく現役トップに位置しているはずです。それがGOEやPCSに繋がらないのであれば、それは芸術性の否定に他なりません。そのようなフィギュアスケートに未来はあるのでしょうか。選手の怪我というのはその洗練の代償なだけに、悲しいものを感じます。
…と、ジャッジへの批判はページが足りませんが、それよりも気がかりなのは、浅田さんの状態です。
明らかに前の大会より悪くなっています。
ジャンプで強く踏み切れていないのは特に気になります。競技の部分でのフィギュアはなんといってもジャンプですから、とても戦える状態にないといってもいいでしょう。
”左膝の怪我”というのは公表されているものの、その深刻さは一切わからないだけに、本当に心配です。
私はFSが怖くて、どう1日を過ごしていいかわからなくなっています…。

ロシアが毎年のようにシニアに送り込んでくる天才少女の2016版はマリア・ソツコワ。
ジュニア最後の昨季も背が伸びてずいぶん苦しんだ印象の彼女ですが、今季もまだ背が伸びているような…。
そんな私の不安のなか、冒頭の3Lz+3Tを思い切りよく決めると、長い脚が邪魔なキャメル、片足で大きく入ったステップは要素が少なく、長身を持て余し気味でした。
成長期のせいか、滑りのバランスもあまりよくなかったのですが、後半の3Fと2Aもしっかり降りて、最後のコンビネーションスピンとビールマンスピンも上手くコントロールしていました。
演技全体の完成度はいまひとつでしたけど、まだ慣れない体を使って要素をしっかり揃えたのは立派。
SPは68.71(38.56・30.15)で3位。

今季のGPSもこれが2戦目となる永井優香さんは、3Sオーバー+2T、3Loは慎重に着氷。
得意の3Lzは前の試合に続いてプログラムから外していますけおど、よほど調子が悪いのでしょうね。
そうしてヘアカッターで前半を終わらせ、後半は1Aでがっくり、しかしコンビネーションスピンはいい回転でのアップライト、その勢いからのステップでは深くて丁寧なスケートながら、『ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア』の盛り上がりについてゆけず、最後のキャメルも元気なくフィニッシュ。
ラヴェンダーが寂しい色に見えました。
SPは52.41(24.64・27.77)で12位。
FSではルッツを外すわけにはゆかないので、そこでチャレンジして、乗り越えて、復調のきっかけを掴んで欲しいものです。

2季連続世界ジュニア3位の実績を引っ提げてシニアに上がってきた樋口新葉さんは日本期待の若手。
初めてのGPSでも持ち前の迫力でドーンとぶつかっていって欲しいところです。
最終滑走の難しい空気のなかを、まずはスピードに乗った2A、キャメルとコンビネーションスピンも丁寧に回っていい感じ。
いったん『ラ・カリファ』の音楽を鎮め、そこから加速してのステップはスケートが正確、しかし体の使い方やエッジワークはまだまだこれから。
そして勝負の後半、冒頭は3Lz+3Tという難しいジャンプでしたけど、これをドーンと決めた!よっしゃあ!
これで上位が見えてきたたものの、次がまさかの2F…。フリップはエッジに課題を抱えていますし、ちょっと迷っちゃいましたかね。
それでも最後のレイバックスピンも力強く回って、まずまずのデビュー戦でした。
それにしてもちょっと気になるのが繋ぎの数と質です。同年代のロシア勢などはその部分をこれでもかとアピールしてくるので、樋口さんはどうしても物足りなく感じます。
もともと体も硬いので動きが小さく見えるというハンディもあるわけですから(ビールマンポジションも取れません)、動きの数は多目にするべきでしょうし、他での工夫やエッジワークも強化すべきだと思います。ロシア勢は足元が苦手ですしね。
樋口さんは2季前に弾丸スピードを売りにして飛躍した選手ですが、昨季は演技を磨くことに重点を置き、色んな部分が多少修正されたものの、持ち前の勢いと迫力が鈍ったというのが私の印象でした。
そして、それはこのSPでも変わりません。彼女には物凄く期待しているので、ちょっともどかしいものを感じます。
…なんてことを考えているときにでてきたスコアは65.02(33.96・31.06)で5位。思ったより高かった!
日本勢はみなFS第1グループになりそうだっただけに樋口さんには救われましたね。表彰台も射程圏内だ!
人気ブログランキングへ
※タイトルを間違えていたので修正しました。ロシア大会ではなくフランス大会です!
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード