『真田丸』第47話、『反撃』

後に大坂夏の陣と呼ばれる戦いで、豊臣方は真田丸での勝利によって戦局を優位に進めるも、徳川方の砲撃によって本丸に被害が及ぶと、状況は一転。
城内に厭戦ムードが広がり、戦闘継続を決めていた淀殿も侍女の死を見て心が弱り、ついに豊臣方は和睦の道を選ぶことになります。
和睦に反対していた真田幸村ですが、こうなれば致し方なしと、今後はどのように和睦を有利進めるかを考えることになったのでした。

そうして始まった和睦交渉では、幸村はまず淀殿の妹である常高院を大坂方の代表に選ぶことによって、”女子同士”という形を作り、徳川方の”古狐”本多正信が出てこれないよう策を講じます。
しかし徳川方が選んだのは、古狐と同じくらい食えない”女狐”阿茶局。
柔和な表情と語り口で、常高院や随行した大蔵卿局を安心させた阿茶局は、
・秀頼は大坂にいてよい、その身の安全も保障する。
・淀殿も人質にはしない。
・大坂を離れたければお好きな国へ。
・牢人も処罰は一切しない。
という驚くほど豊臣有利な条件を出して、大蔵卿局を喜ばすと、豊臣方からの「牢人を養うために所領を増やして欲しい」という要求へは「あとはおいおい」と軽くいなしつつ、大坂城の堀を埋め、真田丸を打ち壊すことについての内諾を取り付けます。

この和睦交渉の結果を聞いた豊臣方は、徳川方の寛容さに胸を撫で下ろすも、幸村はあまりにもこちらに都合が良すぎて、何か裏があるのではないかと疑い、同行させていた桐から堀の埋め立てと真田丸の破却を聞くと、愕然とした表情となり、大局が見えない大蔵卿局の「堀や真田丸があるから戦が終わらず、牢人衆も居座るのです」という考えに対して、「戦えぬ我らに家康が約定を守るとお思いか!」と激怒するのでした。

「和睦と見せかけて敵を丸裸にする」という家康の方針のもと、交渉を成功させた徳川方の見事な”反撃”に、大坂城内の牢人衆は大いに狼狽えて、早くも敗戦ムード。
堀が埋め立てられ、真田丸も跡形もなくなり、次は二の丸と三の丸も取り壊されるという段となり、さしもの幸村も「策はない。この戦、すでに勝ち目はなくなった。全て私の力不足」と牢人衆に頭を下げ、大坂から立ち退くよう勧めます。

このときの幸村は牢人でありながら、振る舞いは豊臣の家臣。
城を枕に討ち死にする覚悟が見え隠れすると同時に、「望みを捨てぬ者だけに道は開けるのです」といって豊臣秀頼を諭す姿は忠臣そのものです。
堀田作兵衛が「太閤殿下のご恩に報いるためには何でもするお方」と評した通りの男がそこにいました。
そんな幸村の態度に、主だった牢人衆は、城に残ることを選び、「わしらはお主に従う、早く策を考えろ!」といって幸村をリーダーとして認めたのでした。

そして、秀頼からの「私はまだ望みを捨ててはいない」という言葉。
全体に暗いムードが描かれた第47話『反撃』でしたけど、最後の最後でわずかな光明が差してきました!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード