『真田丸』第48話、『引鉄』

いわゆる大坂”冬の陣”は和睦に終わるも、これが偽りの休戦にすぎず、すぐに徳川方が攻めてくると考えた真田幸村ですが、彼我の戦力差は明らかで、合戦では勝ち目が薄いことから、配下の忍び・佐助を刺客に放ち、家康の首を狙います。
そして佐助が京へと引き上げる家康を陣所で仕留めたかに見えたものの、悔しいことにこれは影武者。
幸村はさらに家康を狙うよう佐助に命じますが、こうなれば次の戦は必至。
そこで幸村が建てた策は、大坂城の南に砦を築き、茶臼山と岡山も占拠して巨大な防衛ラインを作り、そこで徳川軍を迎え討つという大掛かりなもの。
それを構築するためには「時間がかかる」と豊臣秀頼に説明した幸村は、いま大坂にいる大量の牢人たちをそのまま戦力として留め置くよう進言し、秀頼はこれを了承するも、血気にはやった牢人たちのせいで大坂城は落ち着きません。
そこで幸村は牢人たちが家族を大坂に呼べるよう秀頼に頼み、城は一時の平穏を迎えるのでした。

その一時、幸村は徳川方についた真田本家の陣を訪ねます。
そこで幼馴染の矢沢三十郎頼幸との再会を喜び、兄・信之の息子たちの成長した姿に目を細くした幸村ですが、義兄・小山田茂誠と2人きりになると、武田の一員として数々の野戦に参加した兄上にお聞きしたい、と前置きし、「敵の本陣に馬で突撃する際の武器は槍が一番ですか?」と、口調は穏やかながら内容な不穏当な質問。
茂誠は何の気なしに、「槍では周りを囲まれてしまうと身動きが取れぬ、鉄砲が一番だ。しかし鉄砲も縄に火が上手く点かないことがある…」と答えますが、いい終ってから、幸村の覚悟に気が付いて顔色を変えるのでした。

そうして大坂へ戻った幸村は、秀頼や長曾我部盛親に今後の望みを聞いて回り、「私はまだ諦めてはおりません」といって彼らを勇気づけ、城の中庭を畑にして耕す自分の妻や家臣らの姿に笑顔を向けます。
そのとき、ふと誰かが「ここは昔、茶室だったのでございます」というのへ、幸村が亡き利休を思い出したそのとき、畑の下から利休の印が刻まれた箱が出土。
なかに入っていたのは短筒が2丁、それも、火縄を用いず、火打石で発火する馬上筒と呼ばれる鉄砲です。
これはまさに天の導きといってもいい宝箱でした。

策を建て、馬上筒も手に入れた幸村ですが、いま必要なのは要害(砦)が完成するまでの時間。
それまでは牢人たちを大人しくさせ、徳川に攻めてくる口実を与えてはならぬところでしたが、持ち金が尽きかけた牢人たちに一時金を分け与えたところ、牢人たちは武器を買い揃え、大野治房が独断で堀を掘り返したことで、状況はのっぴきならない方向へ。
こうなると合戦の”引鉄”を引いたのは大坂方ということになり、家康は諸大名に号令をかけ、舌なめずりするように大坂への「総攻め」を命じるのでした。

そんなとき、幸村から届いた手紙を読んだ信之は、「弟は大御所さまと刺し違えて死ぬ覚悟」と見抜き、大坂へと出向くことを決断。
来週の『前夜』では、兄弟が久々の対面を果たすことになりそうです。

第48話『引鉄』はこのような内容だったわけですが、幸村の決死の特攻で終わるであろう『真田丸』も、残りあと2話ということもあって、なんだか重苦しい雰囲気でした。
我々視聴者にしても、一年間見守り続けてきた真田源次郎の”覚悟”に胸が締め付けられます。
次の戦を優勢に導き、秀頼が四国へ領地替えすることで豊臣と徳川の戦を終わらせるという”未来”も語られていましたけど、21世紀の我々はそれが叶わぬ夢であることを知っているだけに、悲しくなってきます。
大河ドラマは”史実を守る”のが一応の掟ですけど、ハッピーエンドが観たい!
そんな気分にさせる第48話でしたね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード