『真田丸』第49話、『前夜』

牢人たちが武器を買い集め、堀を埋め戻したことで、徳川家康に再戦の口実を与えてしまった豊臣方。
いましばらく時を稼ぎ、要害の完成を待って、徳川方を迎え討つつもりだった真田幸村も、こうなればもう戦は避けられぬ、裸城では籠城も無理なので、軍議で討って出ることを提案しますが、他の牢人衆は否定的。
後藤又兵衛や毛利勝永は籠城を主張し、「敵の本隊は必ず南から攻めてくる」といって、天王寺を決戦の場とする策を披露します。そこには天下の名城大坂城を枕に華々しく散りたいという思いが見え隠れしていました。
もちろんその思いはみな同じ。豊臣譜代の大野治長らも、そして幸村もそれに賛同し、いよいよ豊臣方の最後の策が決まったのでした。

そんな折、幸村からの書状に家康と刺し違えて死ぬ覚悟を見た兄・真田信之は、弟を説得するために大坂へ出向くことを決意。
それを見送る妻・稲は「真田家に類が及ばぬよう身分を隠す」ことを厳しくいうと同時に「必ず生きて帰ってきてください」と夫を愛する女の一面を見せ、薬を調合して持たせてくれた姉・松は亡きばばさまを偲ばせる耳の聞こえないふり、側室のこうは六文銭のお守りを渡しながら咳をし、最初の頃の病弱設定を振り返るのでした。
最終回を前にした49話らしい演出には、なんだかちょっと寂しくなっちゃいますよね。
ただ、信之は徳川方から幸村を調略するために遣わされた叔父・真田信尹と大坂まで同道することとなったのですが、関所のようなところを通る際、父・昌幸のライバルであった室賀正武の息子に「真田のもの?」と疑いをかけられそうになったそのとき、「黙れこわっぱあ!」と大泉洋さんが西村雅彦さんの名セリフを真似たのは笑っちゃいましたね。

そうして1615年4月29日、「この戦に勝って大名になる」と功名心に逸った塙団右衛門が早々に討ち死にして”大坂夏の陣”が始まると、幸村ら5人衆はいつものように大坂城の厨で会議を行い、後藤又兵衛と明石全登が道明寺で徳川本体を迎え撃ち、その後詰に真幸村と毛利勝永が控え、東は長曾我部盛親と豊臣譜代の木村重成が当たることを決定します。
しかし、塙団右衛門の遺体を見た淀殿が「いずれはみなもこの横に並ぶのですか」と不吉な言葉を残したり、後藤又兵衛に徳川方からの調略がかかったりと大坂方の空気はなんとも重苦しい状態。

調略といえば、幸村も叔父・信尹から「信濃一国」を条件に裏切るよう説得されますが、薄笑いを浮かべるだけで一顧だにしません。家康の嘘を見抜いていたからでしょう。
それを見た信之は「わしが何があっても命を助ける。また晴れて酒を酌み交わそう」と情に訴えますが、幸村はこれにも首を縦に振りません。
そして、「兄上、ここで酒を酌み交わしたくございます」と懇願しますが、信之は「これは今生の別れではない」と拒否してその場を立ち去り、信尹は「生きたいように生きればよい」と、若年の頃から自分を慕っていた甥へ、最後の助言を与えるのでした。

一方、徳川方は諸大名が上方に集結し総兵力30万を超える勢い。
しかも、大坂方の作戦は筒抜けで、家康は本体を東に回し、南は伊達政宗に当たらせます。
これで伊達3万5千が大和路から道明寺へ向い、後藤又兵衛は討ち死。
調略をかけられた疑いを晴らすために血気に逸らぬよう幸村から諭されていた又兵衛でしたが、最期はやはり思い切って討って出たのでした。
また、東の八尾・若江で10万を超える徳川本隊に攻められた木村重成ですが、自分たちがここで退けば「後藤隊が孤立する」といって踏ん張り、壮絶な最期。長曾我部盛親は戦場から離脱。

スパイだった織田有楽斎を追放したはずなのに大坂方の情報はだだ漏れ。
実は本当のスパイは厨の主である大角与左衛門。
これにはびっくりでしたね。

後藤隊が壊滅したことで、幸村と毛利勝永は大坂城へ反転。
その際、追い打ちをかけてこない伊達正宗を見た幸村は、昔の厚誼もあって、妻子を伊達の陣へ逃がす決断をします。
そして幼馴染のきりには千姫を大坂城から脱出させるよう指示し、自分は「明日決戦を挑むことにした」と打ち明けます。
きりは自分も千姫を徳川方に送り届けたあと、再び大坂に戻って淀殿に従うといい、「源次郎さまがいない世にいてもつまらないから」とその思いを吐露。
それを見た幸村は力の限り抱きしめ、熱いキッス。
いよいよそのときが迫ってきました。

このような49話『前夜』だったわけですが、登場人物たちに最後のお別れのようなシーンがあり、豊臣方の将も次々に倒れてゆくのですから、なんだか観ていて辛いものがありました。
真田幸村を主人公にした『真田丸』ですから、こうなることは第1話『船出』からわかっていることなのに、いざそのときを前にすると、運命の厳しさに憤りすら覚えてしまいます。
そしてその最終話は明日12月18日放送。
その前夜にこの49話を振り返ることで、よりその思いが強くなってきました。
観るのが怖い…。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード