FC2ブログ

2017年もごった煮で

今年2017年正月のUターンラッシュのピークは、今日2日の午後から夜にかけてだというのですから、なんとも慌ただしいものです。
子供連れでの帰省ともなれば、お父さんとお母さんは忙しいだけでゆっくりする時間もなかったことでしょう。
これはちょっと悲しいすぎます。
正しいお正月の過ごし方というのはやはり”食っちゃ寝”です。
お節料理をあてに昼からお酒を呑むのもよし、コタツでお餅だのみかんだのを食べながらテレビを観て、気がついたら眠っている。そして日が暮れた頃にぼんやりと目を覚まし、また呑んだり食べたりする。
これこそ最高のお正月です。
夢から覚めるのは4日からでいいですよね!

なんて書いている私ですが、2日になると正月気分ももう薄くなってきて、食べるものも普段のものがよくなってくるんです。
私の住む長野県では大晦日からお節を食べるので、翌1月1日でお節はもう満足なんですよね。
相方も2日になると「かつ丼!」だの「お寿司!」だのといい始めますし、私などはそこも通り越して、お醤油がちょっときつくなってきて、和食ではないものが食べたくなって仕方ありません。
しかし、ここで大きな問題が。
お節ってどうしても余っちゃうんですよね。
それを放置したままというのは私の信念が許しませんし、新年からそんなもったいないことをしていたら、この2017年が気持ちよく始まらないというものです。

そこで私が提案するのがお節カレー。
要するに余ったお節を使ったカレーです。
味付けの方向は、お節の味を生かすというか、受け止めるためにタイカレー風にして、まずはココナッツオイルで薄切りのタマネギとクミンシードを飴色(の手前でも十分)くらいまで炒め、そこに鶏ガラスープ(固形をお湯で溶いたもの)を注いでベースが完成。
そこに具として入れるのは、お重のなかからエビの塩焼き、鯛やブリの焼き身、そして、クワイ、レンコン、百合根、里芋、ニンジンなどなど。
それらにざっと火が通ったらカレー粉を加え、最後に牛乳を少々注いで出来上がり。
この牛乳で醤油っぽさがだいぶ薄れます。
(※正しいタイカレーはココナッツミルクを用いますが、ココナッツミルクは賞味期限が短く、我々日本人だと使える料理も少ないので、ココナッツオイル+牛乳で代用。)
付け合わせにもお節から紅白なますと叩きゴボウ。案外合います。
そして、これは好みが分かれるかもしれませんが、黒豆をカレーに入れても面白いアクセントになりますから、ぜひ一度お試しを。

こういう私の”もったいない精神”は、ときとして”ごった煮”になりがちで、当ブログがまさにそうかもしれませんが、今年もよろしくお願いいたします!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード