特別扱いの横綱はいらない

スポーツの大会や試合で、調子がよかったり、作戦がうまくはまったり、運があったり、はたまた相手が不調だったりすると、「風が吹いている」なんて表現をしますけど、この平成29年初場所の大関・稀勢の里がまさにそれでした。

本人は序盤からそんなにいい内容ではなかったものの土俵際の粘りと地力で白星を積み重ねていると、まずは互いにライバルと認め合う横綱・日馬富士が太腿の怪我で絶不調だった上に太腿の怪我で7日目から休場、先場所優勝の横綱・鶴竜は好調かに見えたものの4日目に平幕に敗れてリズムを崩して連敗するとメンタルまでもが崩壊して11目から休場、大関陣も慢性的な怪我を抱えた琴奨菊と照ノ富士は序盤から不安定。
そんなか横綱・白鵬はいいときの強さはないものの立ち合いの工夫で勝ち星を重ね、大関・豪栄道も場所前の負傷報道もなんのそのと上位争いに踏みとどまります。

そのように横綱・大関陣に元気がない初場所でしたけど、平幕たちの活躍で土俵は大いに盛り上がり(長野県では御嶽海一色)、優勝争いも12日目終了時点で稀勢の里が1敗、白鵬が2敗、前頭10枚目の貴の岩と13枚目の逸ノ城も2敗という大混戦。
稀勢の里の”初優勝”か、”平幕優勝”か、相撲ファンの期待も大きく高まると同時に、審判部や横綱審議委員会から場所後の稀勢の里の”横綱昇進”の話もちらほら出始めたわけです。

そうして運命の13日目、稀勢の里は難敵・豪栄道を迎えるはずでしたが、豪栄道は前日の土俵で足を負傷してしまってまさかの休場。稀勢の里は労せずして不戦勝。
今場所の横綱・大関陣で、稀勢の里とまともに戦えそうだったのはこの豪栄道と白鵬だけだっただけに、何ともつまらないことになりました(稀勢の里に土をつけたのが大関から陥落した琴奨菊というも面白いところ)。
そう思っていたら貴の岩と逸ノ城も黒星を喫し、優勝争いは1敗の稀勢の里と2敗の白鵬のマッチレースに。
せっかくの混戦もこれで終わってしまうと、14日目に白鵬が貴の岩に不覚を取って3敗に後退し、1敗の稀勢の里の優勝が確定。

稀勢の里は14勝1敗という見事な成績の優勝ながら、横綱・大関との対戦が3番しかなく、これを2勝1敗。
平幕勢に押し込まれる相撲も多く、盤石な内容は数えるほどしかありませんでした。
しかし、そんななかでもしっかり勝ち星を拾っていると、上位陣が次々と欠けてゆき、いつのまにか賜杯を抱いているのですから、まさに”風が吹いた”としかいいようがありません。ここまで何度も跳ね返されてきた”優勝の壁”をこんな形で乗り越えるとは本人も思ってもみなかったことでしょう。
普通は”この一番に勝ったら優勝の可能性がぐっと高くなる”という大一番があるものですけど、それがないままに優勝してしうまうのですから、本当に珍しい優勝でした(休場がなければ豪栄道戦がそれになったでしょう)。

しかし、これも”運命”かもしれません。
大きな何かが稀勢の里の優勝を認めたのです。
そういう風を、流れを、しっかり掴んだ稀勢の里の勝利です。
新入幕の平成16年九州場所から期待を背負って戦った約12年、ここまで本当に長い道のりでした。
心からの「おめでとう!」をいいたいですね。
今月号の『相撲』の表紙は稀勢の里と豪栄道でしたけど、ちょうど手元に新関脇・稀勢の里と返り小結・豪栄道が表紙の『相撲』があって、それを眺めていたら私も胸が熱くなりました。

…ただ、この”初優勝”によって、横審が下した”横綱昇進当確”という判断と、メディアが作る祝福ムードは、私にはとうてい理解できません。
横綱昇進の内規は「大関で2場所連続優勝かそれに準じる成績」のはずです。
先場所の稀勢の里は12勝3敗という成績上は2位ながら、鶴竜が14日目に優勝を決めているわけですから、普通のひとは優勝に準じているとは思いません。
この四半世紀、ひとりの例外もなく、内規に従っているのに、なぜ稀勢の里だけ特別扱いするのでしょう?
初めからミソがついた横綱なんて、かっこ悪くて見ていられません。
「偽物だ!」だという批判に反論する手段を持たない横綱に価値があるのでしょうか?

いまの稀勢の里は間違いなく幕内最強力士なのですから、来場所を綱取り場所して、そこで天下万民に認められた横綱になるべきです。
稀勢の里の人気の秘訣と存在意義は”ガチンコ”にあるのに、昇進の度に手心が加えられていれば、その魅力は半減してしまいます。
横綱返上を申し出た千代の山ではありませんが、できれば伝達式で、「来場所まで待ってください!」といって断って欲しいものす。
そうして2場所連続優勝すれば、真の日下開山だ!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード