松方弘樹さん、桜吹雪の季節を前に

松方弘樹さん(42年7月生まれ)といえば、若い頃は時代劇やヤクザ映画で有名になり、中年以降はバラエティ番組や釣り番組で
人気を博しことでわかるように、俳優の枠を超えた超一流のエンターテイナーでした。
その幅の広い仕事ぶりから、年代性別を問わず、松方さんほど多くの日本人に親しまれてきたひともいないのではないでしょうか。

ただ、私の”松方弘樹像”はやっぱり役者です。それもやっぱり時代劇です。
着物もよく似合っていましたし、裾捌きも上手ければ、所作も適っていて、殺陣も抜群に上手い。
顔が大きくて目力があるので、スクリーンやテレビ画面でもよく映える。
松方さんは『大江戸捜査網』や『遠山の金さん』というテレビのヒットシリーズはもちろん、映画や大河ドラマでもいくつものハマり役を持っていますけど、それも当然の結果だと思います。

松方さんは、その端正な顔立ちだけではなく、立ち姿の美しさと気品が、あらゆる時代劇にうってつけでした。
これは戦国大名を演じたときの威厳や存在感を表現するだけではなく、町奉行が遊び人に化ける『遠山の金さん』でもその正体に説得力を持たせていたわけです。もちろん、”私生活の遊び”でも有名だった松方さんの個性が、”金さんらしさ”を醸し出していたのもいうまでもありません。バラエティ番組でもよくわかるその親しみやすい人柄は、芝居の方でも存分に発揮されていてたわけです。
しかし、松方弘樹という役者は、二枚目半ともいわれた面白みのなかで、瞳の奥に狂気を宿していたことも忘れてはなりません。
世の中の常識を放り捨てたような無頼さ、次の瞬間何をするかわからないような恐ろしさ、我々はそういうものを松方さんから感じていたはずです。
それが時代劇で剣豪や忍者を演じた際の非情さと血の匂いに繋がっていたのだと思います。

晩年の松方さんは時代劇の主演というのはほとんどありませんでしたけど、重要な脇役に据えれば、間違いなく作品の質を上げてくれました。
それは本人の経験や技術だけではなく、それを若い共演者たちが見て学ぶことでの波及効果だったのでしょう。
後輩たちを高級店でおごりまくる”豪遊伝説”も、その遊びの場を芸の肥やしにさせてやることが目的だったに違いありません(たぶん)。

そんな松方さんがこの2017年1月21日に脳リンパ腫による闘病の末亡くなったという報道に接して、私はかなりがっかりしています。
私生活のトラブルから激減していた役者の仕事もここ数年は増え始めていたというのに…。
東映の岡田裕介会長は、「高倉健さんや菅原文太さんよりも下の世代の俳優が亡くなった。ついにこの世代もいなくなるのかという寂しい思いです」と語っていましたけど、松方さんの世代がいなくなってしまえば、日本の時代劇の伝統はどこかにいってしまいます。
20年前、30年前の松方弘樹のような役者がいま、いるでしょうか?
それが全ての答えです。

下の世代になればなるほど、時代劇からは縁遠くなってしまうのですから、松方さんにはもっともっと後輩たちを指導して欲しかった。
同世代の北大路欣也さんや高橋秀樹さんが現役でバリバリ活躍していることを考えれば、本当に早すぎます。
誰か松方弘樹の役者魂を継承するひとはいないのでしょうか。
願わくば、死して屍拾う者あり!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード