籠池氏証人喚問 吹き飛ぶのは内閣か、それとも野党とマスコミか

ここ1ヶ月以上マスコミと野党が「疑惑。疑惑」と騒ぎ立ててきた〈森友学園問題〉ですが、昨日3月16日、森友学園の籠池泰典理事長が「安倍晋三総理から100万円の寄付を受けた」といって、安倍総理との繋がりの強さをアピールしたものの、安倍総理側はこれを真向否定。
籠池理事長が開示した寄附名簿には安倍総理や夫人の名はなく、証拠は”理事長の記憶”ということで、そんなことで疑惑を膨らまされてはかなわん、と怒りをあらわにした自民党は、かねてから野党が希望していた籠池理事長の国会招致を認めました。
それも、〈参考人招致〉ではなく、偽証罪が伴う〈証人喚問〉。
これで森友問題は完全に政治案件になってしまいました。

籠池理事長は、「問題発覚直後、代理人を通して財務省の理財局長から雲隠れを指示された」という爆弾発言をしたものの、理財局長がこれを否定すると同時に、代理人の弁護士も「理事長の事実誤認。佐川理財局長とは面識もないし話をしたこともない」といって、すぐさま代理人を辞任しちゃっただけに、ちょっと勘違いが多いイメージですけど、証人喚問となればもう間違いは許されません。
私は前に森友問題は政治マターではない、理事長を国会に呼ぶことに意味はないと書きましたけど、ここまでくればもう粛々と事実関係を明らかにして欲しいものです。

そもそも今回の森友問題というのは、”瑕疵のある国有地が通常よりも安めに払い下げられたのではないか?””そこに政治家が口利きをしたのではないか?”という”疑惑”が発端でした。
そこに森友学園の名誉校長に安倍総理夫人が就任していたことで、安倍嫌いのマスコミと野党(民進・共産・社民・自由)が、内閣と与党を潰せる格好のネタだ、と食いついたわけです。
そうして彼らは共闘するような形で”疑惑”を追及してきましたが、いまのところその証拠は一切出てきていません。
すると今度は、籠池理事長は「思想が偏っている」と批判し始め、「そんな人物と関係がある政治家はけしからん!」と論点をずらすと、10年以上前に夫が籠池理事長の顧問弁護士を務めていた稲田朋美防衛大臣を攻撃するという暴挙に出たわけです。
もちろん、大昔に弁護をしてしようが、12000円の政治献金をもらっていようが、そんなことは違法でもなんでもありませんし、2年前に自民党会館で出くわしたことを忘れていたって、何の問題もありません。
マスコミと野党はよくもまあこんなネタで何日も世間を騒がせたものです。

そして今回の”100万円の寄付”。
籠池理事長とその代理人のようなことをしている自称ジャーナリストが「内閣が2つ吹き飛ぶ」などと煽り立てたものの、安倍総理から寄付を受けたという明確な証拠は何ひとつ指し示すことが出来なかったのですから、マスコミも野党もさぞやガッカリしたことでしょう(※仮に寄付があったとしても法的にも社会通念上も何の問題もなし)。
そこで自民党が間髪入れずに打った一手が”籠池理事長の証人喚問”。
すると、理事長の国会招致を執拗に求めていたはずの野党の面々が「証人喚問はいきすぎだ!」と、一歩引いた態度を取るのですからおかしなものです。
野党にとっては証人喚問で”事実”が確定されることよりも、”何となく疑惑”という状態が続く方がいいのかもしれませんね。
結局、彼らは安倍内閣と与党を叩くネタが欲しいだけなのでしょう。

これでもし、学園設立に関して”与党関係者の関与”が明らかにならなかった場合、民進・共産・社民・自由の4野党はどう責任を取るのでしょう?
国会は1ヶ月以上も空転したんですぜ。
2006年に民進党(民主党時代)がやらかした〈偽メール問題〉と比べている国民も多いはずです。
23日の証人喚問がちょっと楽しみになってきましたね。

野党と一緒になってその”疑惑”とやらを騒ぎ立てていたマスコミさんも、審判の日だと心得て欲しいものです。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード