籠池氏証人喚問で明らかになったもの

この2月(2017年)から1ヶ月以上に渡ってマスコミと野党が馬鹿騒ぎしていた〈森友学園問題〉は、もともと国有地の払い下げに関する政治家の関与、つまりは”斡旋収賄疑惑”がその本質でした。
しかし、学園の籠池泰典元理事長は金銭を介した政治家の口利きはなかったといい、国有地を所管する財務省も政府もそれを否定してきたわけです。
しかし、野党やマスコミはそれに納得せず、自ら不正の証拠を見つけることも出来ないでいると、いつの間にか話を籠池氏の個人攻撃にすり替え、籠池氏が”問題人物”であるとのイメージを膨らませた後は、籠池氏と面識や関係があったというだけの閣僚や自民党議員、総理夫人を標的にするという無茶苦茶な戦術を取ったわけです。
そして、大騒動の結果、学校設立申請や補助金申請に関する不正疑惑が持ち上がり、学園の認可が難しくなってくると、籠池氏が逆切れするような形で「夫人を通じて安倍総理から100万円もらった」などといい始め、ついに自民党も〈証人喚問〉に踏み切り、今日3月23日、籠池氏が国会に姿を見せることとなりました。

3月にマスコミ各社が行った森友学園問題に関する世論調査において、〈国有地払い下げの経緯〉、つまりは〈あっせん収賄〉があったかどうかが最も国民の関心を引いていたように、証人喚問の肝はそこでした。
午前は参議院、午後は衆議院で2回の証人喚問が行われるという籠池包囲網のなか、真実はいつ明らかになるのか、そう手に汗握った国民も多かったことでしょう。
籠池氏が午前の冒頭発言で、「国有地の取得には政治的関与があったのだろうという風に認識している」と述べたのですからなおさらです。
しかし、その真実は一番手の質問者である西田昌司議員(自民)への答弁でいきなり明らかになりました。
「お金を呈しての口利きはなかったというふうに思っている」。
籠池氏はこれまでもそう説明してきましたけど、偽証が罪に問われる証人喚問でそう明言したことは大きな意味がありますし、後から質問した野党議員からも〈あっせん収賄〉の話が出てこなかったことで、森友学園問題は決着したといっていいでしょう。

しかし、ここで話をややこしくしたのは籠池氏本人でした。
福山哲郎議員(民進)の質問に答える形で、「総理夫人(学園の名誉校長)に電話で1回だけ国有地についてのお願いをした」とし、「夫人付き政府職員からの回答FAXが残っている」といい始めたんです。
おそらく、これをもって冒頭の「政治的関与」といっていたのでしょう。
2月17日の衆院予算委員会で、安倍晋三総理は”国有地の払い下げ”について、「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」と断言していたので、籠池氏のいう「お願い」の内容いかんによっては、安倍内閣は今日で終わってしまうかもしれません!

…という緊迫の展開でしたけど、午後の衆議院での喚問で、籠池氏が提示したFAXの内容は、”10年の定借を50年の定借に変更できないか”(学園用地はもともと借地)”土壌汚染や埋設物の撤去期間に関する資料の扱いはどうしたらいいか””立て替えた工事費を工事終了前に清算してもらえないか”という要望のような質問を夫人付き職員を通じて財務省へしてもらったものの、その職員から「現状ではご希望に添えない」という返事をもらったというものでした(日付は平成27年11月17日)。
いうまでもなく、これは”払い下げ”に関する証拠ではありませんし、夫人が財務省に圧力をかけて何らかの要望を通したという証拠でもありません。
にも関わらず、尋問に立った枝野幸男議員(民進)が鬼の首を取ったように、「安倍総理のおっしゃっていたことと全然違う!」というのですから、私も”面食らって”しましました。
証人喚問では嘘をついた証人は偽証罪に問われますが、質問者の方にもそれが必要なんじゃないでしょうかねえ。

この枝野議員でわかるように、民進党は疑惑の解明などには一切興味がないんです。
むしろ、”嘘おおげさ紛らわしい”というお得意のやり方で疑惑をでっちあげ、安倍政権に少しでもダメージを与えてやろうというわけです。
また、証人喚問後の報道を見ればわかるように、マスコミもそれに乗っかろうとしています。
国会を停滞させ、混乱させることが、日本と日本国民にとってどれだけマイナスなのかということを彼らは考えたことがあるのでしょうか?

この証人喚問でわかったことは、自分の国にまともな野党第1党とマスコミがないという、日本人の不幸です。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード