忖度する自由、報道しない自由

この2月(2017年)から民進・共産・社民・自由の4野党とマスコミが玩具のようにして弄んでいる森友学園問題は、本来は国有地の払い下げに関する不正疑惑でした。
つまり、森友学園側が政治家を介して財務省に圧力をかけ、国有地を規定より安く取得したのではないか、という疑惑です。
そうしてすったもんだの末、3月23日に籠池泰典元理事長が国会に証人喚問され、与野党の議員の質問に答えた結果、政治家の関与は一切出てきませんでした。
疑惑を騒ぎ立てていた4野党が、それに関する証拠のひとつも探してこなかったことは、この問題が4野党とマスコミが作り出したフェイクニュースだということの証左といっていいでしょう。

国有地が廃棄物の撤去費用分割り引かれたことについては、これまで財務省は「基準のなかで適切に行った」と説明してきましたし、24日に行われた財務省幹部の参考人招致でも政治的関与は明確に否定されました。
むろん、彼らが嘘をいっている可能性は否定できませんが、払い下げ価格については、証人喚問で自民党の葉梨康弘議員が、問題の土地と隣接する国有地が豊中市に払い下げられた際も、ゴミ撤去費用のために、森友学園以上の値引きが行われたことを解説していたことからも、森友学園が不正な計らいを受けているとは到底いえなくなりました。
マスコミはそのあたりをほとんど報道しないので、多くの国民がミスリードされているかもしれません。

このように、政治家の関与もなく、不当な値引きも証明できないわけですから、この問題は”終わり”のはずなんです。
ところが、籠池氏が、土地が払い下げられる前、まだ借地だった頃の定借の延長やゴミ撤去費に関する陳情を、学園の名誉校長だった安倍総理夫人付きの政府職員(秘書)を介して財務省に行っていたと証言したことで、4野党が争点をすり替え始めたわけです。
その陳情は問題となっている払い下げに関するものではありませんし、内容も役所に対する一般的な要望です。
しかも夫人付き職員は籠池氏に「ご要望に沿うことはできませんでした」というFAXを送っているわけですから、斡旋でも何でもありません。
しかし、籠池氏は、この陳情によって、財務省が総理や総理夫人の意向が背後にあると「忖度」し、その後、払い下げに至る交渉が「神風」が吹いた如くにスムースになったと”感想”を述べ、総理夫人から100万円の寄付をもらったといって関係の強さをアピールしたこともあって、4野党とマスコミは”総理夫人”に狙いを定め、「国会に呼べ!」と騒ぎ立てることとなったわけです。
法も道理もない、とはこのことです。

100万円の寄付について、総理夫人は、総理や官房長官の言葉、そして自身のフェイスブックでも否定していますけど、この寄附自体は違法でも何でもありませんし、名誉校長を引き受けているのですから、仮に渡していたとしても何もおかしくないんです。
それを頑なに否定するということは、普通に考えれば”渡していない”ということだと思います。
また、財務省が”忖度”したかどうかは証明しようがありませんし、陳情が退けられ、その後の払い下げ価格が異常でもなかったことからも、財務省の不正を問うことは限りなく難しいということになります。
つまり、総理夫人には何の瑕疵もないわけです。
そういう人物を国会に呼んで証言させるなどというのは、まさに人民裁判、ただの吊し上げです。

そんなふうに野党とマスコミが広げたがっている”忖度問題”ですが、そもそも、民間が役所に陳情する際、政治家の助力を乞うのは、国だけではなく地方においてもよくあることです。
そこに”金銭”や”不当な圧力”が絡めば、刑事事件になるわけですが、そんなことはめったになく、普通は政治家が取り次ぎや事情説明の協力をするだけです。
もちろん、”有力政治家”が間に入れば、陳情はスムースに行くことでしょう。
有力政治家に群がるひとびとというのは、その政治家の顔を見て、役所が”忖度”することを期待しているわけです。
それがなかったら誰も政治献金をしませんし、パーティー券も買いません。
また、政治家は自分が関係している団体や考え方の近い団体の”名誉なんちゃら”をしていることも多いですよね。
政治家はそれが自分の影響力(票や資金)に繋がりますし、その団体からすれば、役所の”忖度”を期待できるので、まさにお互い様です。

4野党やマスコミは、森友問題に関する忖度を批判するのだったら、政治に絡むすべての忖度を否定すべきです。
でも、4野党のみなさんは本当に大丈夫なんですか?
4野党のみなさんは役所に忖度を強要したことがないんですか?
いやあ、清廉潔白なんですねえ。
そしてまたマスコミはそんな野党の立場を忖度しすぎ。
”辻元清美に関する疑惑”は追及に値するテーマだと思いますぜ。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード