矛盾民進、逃げる隠れる辻元清美

予算審議といえば国会の最も重要な仕事のはずですけど、今日3月27日に成立した過去最高額の平成29年度予算97兆4547億円が十分に話し合われた結果と感じている国民はあまりいないのではないでしょうか。
何しろ野党はこの1ヶ月半以上〈森友学園問題〉ばかりを取り上げていましたからね。
今日だって野党第1党である民進党は、「忖度があったに違いない!」「100万円は寄付したのか?」「講演料はもらったのか?」をメインテーマに予算そっちのけでした。

”忖度”というのは”相手方の気持ちを推しはかること”ですから、人間の内面の問題であり、それがあったことを証明することは出来ません。
しかも、総理夫人付き職員が森友学園側から頼まれて財務省に問い合わせた内容は「一般的なもの」(財務局長)だそうですし、問い合わせにあった要望のような項目(定借10年を50年など)も実現していないのですから、問題にするような”忖度”はないと考えるのが妥当です。
そして、森友学園の籠池泰典元理事長が「2人きりのときに総理夫人から100万円の寄付を頂いた」「講演が終わった後に夫人へ手渡した菓子折り袋に10万円の講演料を入れた」などと証人喚問で述べたのに対し、総理夫人がフェイスブックなどでこれを否定したことについて、野党が執拗に追及しているわけですけど、これは誰にも答えが見つけられないいわゆる”悪魔の証明”ですし、いくら議論しても水掛け論にしかなりません。
しかも、寄付にしろ講演料にしろ、たとえあったとしても、それは違法でも何でもないんです。
こんなことを国会で追及するのは無駄という以外ありません。

そんなことをよりも、森友学園問題ではいままさに違法性のある疑惑があるではありませんか。
それは民進党の辻元清美議員が、森友学園経営の幼稚園の敷地に無断で侵入しようとしたり、職員や園児に威圧的態度を示したりしたこと、そして自分が懇意にしている労働組合の人間を小学校の建設作業員という名のスパイとして送り込み、マスコミに対して作業内容に関する嘘をいわせたという疑惑です。
以上は籠池理事長夫人と総理夫人のメールのやり取りのなかで、籠池夫人が書き残した内容ですが、これが一部メディアで公開されると、民進党は公式サイトで、辻元議員は「幼稚園の敷地近くにも接近していません」「作業員を下請け業者に送り込んだとされていますが、これも全くの事実無根です」と全否定した上で、「メディア各位におかれては、このような誤った内容を拡散しないよう強く求めます」との要望を出したんです。

籠池夫人の書いていることを鵜呑みには出来ませんが、民進党は2月の公式サイトで、辻元議員らが小学校の敷地を視察した後、「幼稚園を訪問し」と書いているんです。
辻元議員らの小学校視察の様子はテレビでも報じられていたので、普通に考えれば幼稚園にも行ったのだと思います。
このように公式サイトに矛盾があるわけですから、民進党は何か勘違いしているか、嘘を付いているのは確かです。
これじゃあどうしたって国民は疑惑の目を向けちゃいますよね。

民進党は公党であり、辻元清美氏は国会議員なのですから、具体的な説明をせねばなりません。
幼稚園に近づいた云々は目撃証言もあるでしょうから事実は明らかにしやすいですし、スパイとして疑われている人物と組合からも話を聞いて、それを突き合わせれば何かわかることもあるはずです。
これは”悪魔の証明”でも”水掛け論”でもないので、ぜひ答えを出して欲しいものですし、民進党と辻元議員はそれを出す義務があります。

何しろ、籠池夫人のメール内容が事実だとすれば、辻元議員の行為は威力業務妨害の可能性があり、スパイとされる作業員のインタビューはそれを元に民進党の玉木雄一郎議員が国会で疑惑追及しているわけですから、懲罰動議に付されたっておかしくはないんです。
もちろん、薄汚い工作活動で国会を混乱させ、日本と日本国民に損害を与えたとすれば、党としても議員としても許されざる行いです。

また、その玉木議員は自身のツイッターや26日に出演した報道番組番組で「27日午後に辻元議員が会見する。逃げも隠れもしない」といっていたのに、27日になると、「問題をすり替えようとしている方がいらっしゃる」「あくまで「予定」としか書いていません」とか駄々をこねて、「会見は行わない」というのですから、もうめちゃくちゃです。
玉木議員は民進党の幹事長代理というポストにいるので、発言は重いはずなんですけどねえ。
何とも無責任で民進党らしいです。

その無責任でいえば、民進党や辻元議員の立場を”忖度”して、この件を報道しないテレビや新聞もそうです。
籠池夫人のメールには具体的な例を挙げながらマスコミの行き過ぎた取材を批判する部分もあるので、保身も働いているのかもしれませんが、いずれにしろ民進党とマスコミが歩調を合わせているのは事実です。
この両者はいつも同じ方向を向いていますよね。
国民とは正反対ですけど。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード