お好み焼きの旬

春というのは色んな食べ物が育ち始める季節ということもあって、新何々や春何々といった食べ物が多くありますよね。
私はそのなかでも春キャベツが大好きなので毎日のようにこれを食べていますけど、このところはお好み焼きにはまっています。
春キャベツは水分が多いので焼くのがちょっと難しいですけど、その分、食感も柔らかく、甘みも強いので、この時期ならでは、といった味わいがあります。

そうして家で豚玉を焼いていたのですが、豚玉の豚バラ肉って、みなさんどういう使い方をなさっているでしょうか?
お店なんかだと長いままのをお好み焼きの表面にイカダのように並べて、カリカリに焼きますけど、これってけっこう食べにくいですよね。
お店だと鉄板の上のお好みをコテで思いっきり切ることができますけど、普通のお宅ではそれはできません。
ですから、3~4センチにカットしてから表面に並べて焼くという方もいらっしゃいますよね。
ただ、それだとひっくり返すときにバラ肉が文字通りバラバラにはがれ落ちることがあるので、これはこれで難しいんです。
なので、私は豚肉は生地に混ぜ込んじゃいます。表面に貼り付ける方法だと豚肉に火が入り過ぎてしまいますからこっちの方が美味しいと思うんです。

そもそも、昔ながらの豚玉って、肉は生地に混ぜ込んでいたはずです。
それもバラ肉ではなく、小間肉なんじゃないでしょうかね。
表面にバラ肉を張り付けたスタイルというのはけっこう新しいと思うので、これがいつから定番化したのかを調べてみるのも面白いかもしれません。

ちなみに豚玉の”玉”は、”玉子(卵)”の意味です。
これは小麦粉だけで生地を作る一銭洋食やどんどん焼きと区別するためのものでしょうし、いまより高価だった卵を使うということのプレミア感もあったはずです。
そしてもうひとつ、一銭洋食やどんどん焼きとお好み焼きの違いが”キャベツ”なんです。
お好み焼きというのは、一銭洋食やどんどん焼きが進化した食べ物と考えられていますが、その歴史は案外新しく、1930年~40年代に誕生し、戦後にいまの形で広く普及したといわれていますけど、なんとキャベツも同じ時期に普及しているんです。
また、卵が”物価の優等生”と呼ばれるようになったのも戦後だということを考えれば、お好み焼きは戦中と戦後を分ける象徴的な食べ物といっても過言ではありません。
2大派閥である関西風でも広島風でもキャベツと卵が欠かせないことからも、その重要性がわかるというものです。

そして、あまり知られていませんが、卵というのは春が旬なんです。
ですから、旬の卵と新キャベツを使えるこの時期こそ”お好み焼きの旬”というわけです。
熱々のお好みをふうふういいながら食べて、冷たい飲み物で一気に流し込む。
いい季節になってきましたね!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード