パルセイロ、久保建英を迎え撃つ

久保建英くんといえば、小学生のときにFCバルセロナにスカウトされ、スペインに渡った後もその下部組織で活躍し、”日本のメッシ”などと呼ばれた天才少年でした。
その彼が、FIFAの若年外国選手登録既定の問題で、泣く泣く日本に帰国したのが2015年春。
そうしてFC東京ユースに所属した久保くんは、年代別代表に選ばれるだけではなく、昨2016年度からは中学3年生にもかかわらずFC東京U-23に所属し、ついにJ3デビューを果たしたわけです。
東京五輪でも活躍が期待される、まさに日本の宝といっていいでしょう。

そういう選手ですから、この4月28日にトップチームの練習に参加し、「5月3日のルヴァン杯でいよいよ”J1”デビューか」という報道があったのも、喜ぶべきなのでしょう。
しかし!
私はこのFC東京が下した判断は、いかがなものかと思いました。
J1デビューといったって、どうせ後半ちょろっとだけですよね?
そんなことよりも、この年齢ならばJ3でしっかりフル出場させるべきですよ。その方が絶対にいい。
ひょっとしたら、FC東京はルヴァン杯での”久保くんの集客力”を当て込んでいるのかもしれませんが、そんなものを若手の経験と引き換えにしてはなりません!

ですから、久保くんはトップに上がるよりも、4月30日のAC長野パルセイロとの試合に来るべきなんです。
これは私がこの試合のチケットを持っていたからいうのではありませんよ!

…という具合に、私は久保くんの出場を半ば諦めていたんですけど、昨日4月30日(J3第6節)の長野Uスタジアムのアウェイゴール裏には”建英”のバナーが掲げられ、本人も元気な姿を見せてくれました。
この試合にも出て、中2日のルヴァン杯も出るということなんですね。
やっぱりFC東京さんも久保くんを試合で鍛えるという方針なのでしょう。
疑ってすみませんでした!

しかし、久保くんがスタメンにいるのは、ひとりの観客としては嬉しいものの、パルセイロのサポーターとしては怖い存在。
今季の彼は身体もしっかりして、力強さも出てきていますからね。
また、久保くんのJデビューは昨季のパルセイロ戦だったので、本人も成長を見せつけたいところでしょう。
パルセイロはそんな久保くんを封じ、6位というじれったい順位から浮上してゆかねばなりません。

そうして気持ちいいほどに晴れ上がるなか、両者4-2-3-1の布陣で始まった試合ですが、前半は個々の技術の高いFC東京が主導権を握ります。
FC東京は攻撃陣に注目が集まりがちですが、中盤と最終ラインのバランスがよく、パルセイロの長いボールからの攻撃を的確に跳ね返すと、反撃時には前の4人が小気味よくダイレクトパスを繋ぎ、幾度となくフィニッシュまで持ち込みます。
パルセイロの守備陣はトップ下の久保くんばかりをケアするので、その分手薄になったサイドが破られまくって、スタジアムは悲鳴に包まれていました。
なんとか0-0で終えた前半でしたけど、私も含めて観客はどっと疲れていましたぜ…。

しかし、後半はパルセイロがプレイ強度を上げることでFC東京の技術に対抗し、徐々に自分たちのリズムを作ってゆきます。オレンジのサポーターの猛烈な応援も選手をよく走らせていました。
やはり我々は3部リーグなんですから”泥臭く”ゆかないと。
それを忘れたらJ2昇格もありません。
この試合もFC東京の若手たちのテクニックや判断スピードには大いに唸らされ、悲鳴を上げさせられましたけど、サッカーは上手い方が勝つわけではない!

終盤のパルセイロの攻めは、まさにそんな気迫に満ち溢れ、選手一丸となってFC東京ゴールに襲い掛かります。
残念ながら得点は奪えず、試合は0-0で終わりましたけど、ユニフォームを汚し、汗みずくになっていたパルセイロの選手たちに、我々は誇りを感じました。
この気迫を前半から発揮できるようになれば、順位の方もガンガン上がってゆくと思います。

ただ、ちょっと気になったのは、攻撃で長いボールが多かったことです。
長野Uスタジアムはとにかく”風”の強いスタジアムです。
改修前の吹きさらしの頃から、この風が試合の流れを変えるほどでしたし、そのせいでパルセイロはパスサッカーを志向するようになったというのもあると思うんです(それと改修前からの良好なピッチコンディション)。
浅野哲也”新”監督がそのあたりをどう考えているのか、本当に気になるところです。
しかし、今季も昨季と同様に新加入選手が多いものの、昨季にあった連携のチグハグさは見られないので、浅野監督の手腕は十分に信頼に値するもとだと思います。
今後、色んな修正を加えながら、秋には我々に歓喜を届けてくれることでしょう。

Forza!Parceiro!
人気ブログランキングへ
この日の久保くんは、いい選手ではあったものの、違いを作れる選手ではありませんでした。
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード