プロレスも選手ファーストで

いま、日本のスポーツ興行といえば、サッカーの日本代表戦が頭一つ抜けた存在になっていますけど、昭和の2大スポーツといえばプロ野球とプロレスでした。
プロ野球はまだしも、プロレスというのは若いひとには想像がつかないのではないでしょうか。
プロレスは地上波テレビ放送もほとんどなく、新日本プロレスが土曜のすごい深夜にやっているくらいですからね。
しかし、昔は力道山が街頭テレビに群衆を生み、それに続いたジャイアント馬場の全日本プロレスとアントニオ猪木の新日本プロレスもゴールデンタイムに毎週放送されていたんです。
ちょっと信じられないくらいです。

そこから比べると天国から地獄へ突き落とされたようにマイナー化してしまったプロレスですが、業界ナンバーワン団体である新日本プロレスの観客動員はここ数年とても好調です。
深夜のテレビ放送を観ても、現場での盛り上がりは伝わってきますし、ようするに、”コアなファン”はがっちり掴んで放していないわけです。
これは地上波中継がなくなっても球場にはたくさんのお客さんが詰めかけるプロ野球と似ているといっていいでしょう。

しかし、コアなファンの要求に応え続けるというのは大変な努力が必要です。
ファンになればなるほど、”もっともっと”になりますからね。
そしてその”もっとの方向性”について、新日が出した結論は”選手の見た目も技も派手”なプロレスでした。
2012年に親会社がブシロードになった影響も大きかったことでしょう。

選手の身体がみな引き締まっているのはもちろん、それぞれがキャラクターに応じて髪型や眉毛・髭、衣装を工夫し、マイクパフォーマンスも磨かれました。
そして肝心のレスリングはスピーディーかつ華やか。大技を連発し、観客を飽きさせません。
勝ち負けを超えたエンターテインメントがそこにあります。

しかし、その派手なプロレスも、いま曲がり角に差し掛かっているようです。
今年2017年に入って、新日本プロレスでは、試合中の大きな事故が2件続けて発生しました。
まずは3月3日、本間朋晃選手がDDT(頭部をマットに叩きつける技)を食らって、そのまま意識不明となり、病院に緊急搬送。
中心性頸髄損傷という重傷で、意識が戻ってからも首から下が麻痺している状態とのことです。
本間選手といえば、独特のしゃがれ声を生かしてバラエティ番組でも活躍していたので、ショックを受けた方も多いのではないでしょうか。

そして4月9日には40分近い激しい戦いの後、柴田勝頼選手が急性硬膜下血腫で緊急手術。
新年度のスタートを飾るIWGPの大一番で、試合も大いに盛り上がったにもかかわらず、そこに冷や水を浴びせるような事故でした。
手術は上手くゆき、麻痺の症状も回復に向かっているそうですけど、今後リングに戻って来られるかどうかは不透明な状況のようです…。
(他団体ですが、高山善廣選手も5月4日の試合で頸椎の損傷。)

この2つの事故について、2016年にアメリカのWWEに移籍した新日の元エース・中邑真輔選手は、「トレンドが危険な技の応酬になったところで、本間さんしかり、柴田さんしかり、重傷者が出てきているので、考えたり、変えていくことが必要な時期なんじゃないかと思う」(デイリースポーツ)と語っていました。
中邑選手といえば、そのトレンドではなく、伝統的な”ストロングスタイル”の継承者として名を馳せているだけに、そのスタイルの違いが親日を離れた理由かと勘ぐってしまいますよね。

それにしても、この”危険な技の応酬”、特に頭部や頸部にダメージを与える技ですが、これは本当にファンが求めているものなのでしょうか?
危険性を下げても”派手な大技”というものがありますし、たとえばAJスタイルズ選手の〈スタイルズクラッシュ〉などがそうだと思います。
日本にもかつては〈ハッスル〉というファイティング・オペラが人気を博していましたし(興行成績ではなく、親会社の問題で運営が難しくなりました)、アメリカのWWEが選手の身体を財産のように扱っていることを見ても、危険な技はなくても人気は保てるはずです。

日本のプロレスも”選手ファースト”にならなくては!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード