北朝鮮の新型ミサイルの衝撃

昨日5月14日(2017年)早朝、北朝鮮が平安北道亀城から打ち上げたミサイルは、高度2111キロメートルまで上昇した後、787キロメートル離れた日本海(公海上)に着水するという、これまでになり”新型”だったこともあり、日本やアメリカはもちろん世界中で大きなニュースとなりました。
この”中距離弾道弾”は、性能的にはグアムが射程に入るとみられ、今後開発が進んで行けば、アメリカ本土にも届く”大陸間弾道弾”に繋がってゆく可能性も大きいだけに、アメリカはかなりの衝撃を受けていることでしょう。

そしてまたこの14日は、中国が威信をかけて主催する〈一路一帯国際会議〉が初めて開かれたその初日でした。
中国はその会議に北朝鮮も招いてやっていたのに、この仕打ちですから、習近平国家主席も腸が煮えくりかえっているはずです。
中国はこれまで、「北朝鮮問題は対話が重要」という姿勢を堅持してきましたけど、それがどう変化してゆくか、少し恐ろしくもあります。
この国際会議後に、何か衝撃的な出来事があるかもしれませんね…。

そんな衝撃的な北の新型ミサイルですが、射程が長いだけに日本にとっては直接的な脅威ではありません。
我々に対しては、すでに開発済みのノドンとスカッドが1100基以上も向けられているといいますから、そちらを心配すべきです。
それよりも私が衝撃を受けたのは、今日15日に産経新聞が報じた記事です。
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)がこの3月~4月にかけて各都道府県本部に配った学習資料に、キム・ジョンウンを大いに礼賛する文言とともに、「敬愛なる元帥様(キム・ジョンウン)は、武器実験を繰り返し、敵に無慈悲な打撃を与えてやつらの気勢をそいだ」「国防分野での輝く勝利は、祖国人民に民族的な誇りを与え、米国と日本に恥じ入る破滅を与えた」といって、核・ミサイル実験を正統化し、日本を敵視する内容が書かれていたというのです。

この学習資料は、〈キム・ジョンナム暗殺事件〉に動揺する在日朝鮮人たちを抑える目的があるとのことですけど、このような内容の下に意思統一された組織が日本国内に存在することの危険性は計り知れません。
日本政府はミサイルの脅威に怯えるより先にこちらをどうにかすべきです。
総連は拉致事件発覚以降、所属人数が減り続け、最盛期は50万人いたものが2016年の段階では約7万人(公安調査庁発言)になったとはいうものの、まったく安心はできません。
いつまでたっても日本社会を敵視するようならば、”平成の帰還事業”が必要だと思います。

在日朝鮮人の方々は、せっかく自由の国・日本にいるのですから、国際社会からどんどん孤立していっている祖国を正すような毅然とした姿勢を取るべきです。
ミサイルなんかより、それこそが民族的な誇りを守る方法ですぜ。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード