浦和×済州、これは乱闘ではない

サッカーでは”荒れる試合”というのがたまにはあるものですけど、ベンチの選手がピッチに走り込んできて相手選手に肘打ちを食らわせたり、試合後に複数の選手で相手を追いかけまわしたり、相手チームスタッフに蹴りを加えるなどというのは、めったにお目にかかれるものではありません。
しかも、片方は一切抵抗せず、一方的な暴力なのですから、これはもう事件といってもいいでしょう。

この暴力事件が起きたのは、昨日(2017年)5月31日、埼玉スタジアムで行われたアジアチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、浦和レッズ×済州ユナイテッドのセカンドレグです。
ファーストレグではホームの済州が2-0で勝利していたので、浦和が勝ち上がるためには2-0以上の結果が必要となる一戦でしたけど、浦和は90分での戦いを2-0で終えると、命運を決する延長戦でも後半に3点目を入れ、埼玉スタジアムは興奮の坩堝と化したわけです。
ファーストレグを2-0で折り返し、絶対的優位にあった済州からすれば悪夢のような展開だったことでしょう。
そうして残り時間を消費するために浦和がボールをキープしていると、それにキレた済州の選手が浦和の選手に食ってかかり、ベンチから猛ダッシュでピッチに入ってきた選手が肘で阿部勇樹を殴り倒したわけです。
サッカーの試合の出来事は刑事事件にならないのが慣例ですけど、そんなことはいっていられないようなショッキングな場面でした。

当然、この選手にはレッドカードが提示され、ベンチからも出てゆくよう命じられたわけですけど、済州側の興奮はこれでは収まらず、3-0で試合が終わり、浦和の選手たちが喜びを溢れさせていると、そこに済州の選手やスタッフが因縁をつけるヤクザのように突っかかってきたばかりか、槙野智章を標的に、狂犬のように追いかけ回すのですから、これはもう異常すぎます。
命からがら逃げ延びた槙野は「殺されるかと思った」と、その恐怖を語っていましたけど、スポーツマンシップも何もあったものではありません。
今回は幸いにも大きな怪我人が出るような事態にはなりませんでしたけど、審判だけでコントロールできる状況ではなかったのですから、警備スタッフが済州側を制圧する必要があったと思います。
埼玉スタジアムに集ったサポーターたちも、せっかくの歓喜を台無しにされ、最悪の気分だったことでしょう。
こんな逆転劇はめったにあるものではありません。

このように、試合を観ていればどちらが悪いかは一目瞭然ですし、海外のメディアなども批判的な内容で試合を論評していましたけど、済州のチョ・ソンファン監督が「試合が終わろうとしていた時、浦和の選手が我々のベンチに向けてセレブレーションをした」(フットボールチャンネル)といって、蛮行の原因が浦和側にあるようなことをいっていたのには驚かされます。
映像を観る限り、浦和側が済州側を挑発するような喜び方をしているとも思えませんし、サッカーではよくある勝利の光景です。
そもそも特別なことをしていればすぐにわかるはずですしね(槙野はサポーターに向けた自分のガッツポーズが癪に触ったのではないかと語っていました)。
おそらく、キ・ソンヨンの差別パフォーマンスでも話題になった、”いついかなるときも日本が悪い”という韓国人の身勝手な論理がここでも発揮されたということでしょう。
正常に競うことが出来ない国なのです。

韓国人が悪さをしたとき、なぜか日本がその原因ということになったり、日本にも悪いところがある、といいだしたりするのは、韓国人の癖といってもいいわけですが、こんなことをまともに扱う必要はありません。
間違っている側、狂っている側に合わせるのは不毛なことです。
ところが、お優しい国・日本では、韓国に合わせたがる人間がいるんですよね。

その代表がマスコミです。
大手各紙やスポーツ新聞、テレビ各局も今回の暴力事件を”乱闘”といっているのですから、心底呆れます。
日本語の乱闘というのは、”敵対している同士が入り乱れて戦う”という意味です。
一方的に暴力を受けるのは乱闘ではありません。
日本語が苦手なひとが多いのでしょうか?
テレビでは映像を使って細かに伝えているところはないので、”乱闘”という言葉だけを聞いた日本国民は、浦和側も暴力行為を働いたと勘違いしてしまいます。
これでは”日本も悪い”という韓国側の主張の片棒を担いでいるようなものです。

浦和は試合後にアジアサッカー連盟に抗議したみたいですけど、マスコミ各社へもそうすべきでしょう。
選手やスタッフの正義と、クラブの誇りを守らなくてはなりません。
細かいことのようですけど、そういう細かな積み重ねがクラブのイメージになってしまうのです。
これは日本の国にもいえることですけどね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード