ハリル監督への愚痴とエール

昨日のイラク戦の痛恨のドローのせいで、私などは今日1日中イライラしっぱなしだったのですが、こういうときはどうしたって”誰か”に当たりたくなるものです。
そして、サッカーの場合、この”誰か”が”監督”になるのは古今東西の常識といっていいでしょう。
というわけで、今回はハリルホジッチ監督への愚痴を書き連ねようと思いますが、私はまだ基本的にはハリル監督を信頼しています。それだけは最初にいっておきますね。

昨日の試合はイラクが政情不安のため、ホームで開催できず、イラン・テヘランが中立地として選ばれたわけですが、試合の開始が6月13午後4時55分(現地)ということで、スタジアムの気温は37度を超え、まさに灼熱地獄での戦いでした。
そんななか、両チームとも暑さで疲弊し、足をつり、筋肉を傷める選手が続出し、ピッチコンディションも劣悪だったために、井手口陽介が後半17分に競り合いのなかで足を滑らせ、後頭部を強打して交代せざるを得なかったのは日本にとってのまず最初の不運でした。
そして、暑さのなかで判断力が衰えていたのか、後半27分にCB吉田麻也とGK川島永嗣の意思疎通の不備からもったいない失点で1-1になってしまったのが2つめの不運。
32分に酒井宏樹が膝を痛めてプレイできなくなったのも、ハリル監督にとっては誤算だったことでしょう。

しかし、イラクと日本の実力差を考えれば、不運や想定外があったとしても、勝ち切ることは可能なはずですし、そうでなければならない試合でした。
そんななかで私が最も疑問を感じているのはスタメンの攻撃布陣です。
この日は4-2-3-1で、大迫勇也を1トップにし、攻撃的MFは左に久保裕也・トップ下に原口元気・右に本田圭佑が陣取ったわけですが、代表で久保の左は初めてですし、原口のトップ下もそう数は多くありません。
例えばメンバーは同じでも、左に原口・トップ下に本田・右に久保ならば、それぞれが代表での経験と実績があるポジションになるわけです。
ハリル監督がなぜこちらにしなかったのか私にはその理由がまったくわかりません。なぜぶっつけ本番で新布陣を試さなければならなかったのでしょうか?
香川真司の負傷離脱というのが理由なのかもしれませんが、その香川が怪我をした7日のシリアとの調整試合では4-3-3の布陣で臨み、ある程度機能していたのですから、イラク戦でもそれをチョイスしてもよかったはずです。

しかもイラク戦のトップ下・原口は攻撃の詰めの部分で精度が低く、決定機を作ることができませんでした。
ハリル監督は「元気は疲労困憊だった」(試合後)といって、後半25分に原口を下げていましたけど(倉田秋を投入)、ピッチを下がるときの原口はさして疲弊している様子はありませんでしたし、試合後の「(終盤の互いにへばった)ああいう時間帯こそ、自分みたいな選手が…」というコメントを残していることからも、まだまだ余力があったことがうかがえます。
ようするにハリル監督はこの日の原口の出来に満足がいかなかったのでしょう。
原口はドイツでもリーグ戦の終盤はプレイの質が落ち、出場時間が減っていましたけど、その状態から復調しなかったということなのだと思います。
しかし、上下動のスタミナと根性のある選手なので、サイドで使っていればそれ相応にチームに貢献できたはずです。
それがハリル監督の選択ミスだったと私はいいたい。

これで交代カードを1枚浪費したのは本当にもったいなかった。
3枚のうちアクシデントで2枚を使わざると得なかったとはいえ、残りの1枚は監督の判断で自由に使えたんです。
そしてその1枚があれば、日本は同点に追いつかれた後の残り15分に攻撃のギアを上げることが出来たのではないでしょうか。
その判断ミスが悔しくて悔しくて仕方ありません。

これでグループBは、日本が勝ち点17で首位(得失点+9)、サウジアラビアが16で2位(得失点+7)、オーストラリアが同じく16で3位(得失点+6)。
残り2節を残し、日本はプレイオフに進出できる3位以上が確定したわけですが、W杯出場が確定する2位以内に自力で入るためには8月31日の対オーストラリア(ホーム)か、9月5日の対サウジアラビア(アウェイ)のどちらかに”勝利”しなければならなくなりました。
オージーとサウジの残り試合の対戦国を見れば日本は”引き分け・引き分け”では3位に転落してしまうことでしょう。
久々に胃の痛い最終予選になってきました。

最終節のサウジ戦は、気候も笛も何が起きるかわからない魔境なので、日本としてはホームのオージー戦で決めたいのはいうまでもありません。
そこでは”縦に速いサッカー”だとか”ポゼッション”だとかいう戦術論はどうでもいいんです。
「勝つために最も有効な戦い方はこれだ!」とピッチに立つ11人が気持ちを同じくして、あとは火の玉となって戦うのみです。
ハリル監督はとにかく落ち着いて、選手を信じて、どっしり構えていてください。
選手たちがやりやすいように導くのもまた監督の仕事です。

Vahid Halilhodzicの”Vahid”は”唯一”という意味らしいですけど、独りよがりにならないように。
あなたも我々も日本のサッカーファミリーの一員なのです!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード