本当の一般人が賛成する改正組織犯罪処罰法が成立

日本では世界的にも危険視されているヤクザが幅を利かせているだけではなく、過激派と呼ばれる暴力集団がいくつも存在し、宗教の皮をかぶったテロ組織であるオウム真理教が重大事件を起こしたこともあるというのに、国際的な常識といっていい組織犯罪を防止するための法律がありませんでした。
2020東京五輪を控え、国際的なテロの不安もあるというのに、それでいいはずがありません。
そして今日6月15日(2017年)、参議院で改正組織犯罪処罰法が可決・成立し、普通の国に一歩近づいたことをまずは少し喜びたいと思います。
民進・共産党・自由・社民の妨害によって、投票が”朝7時半”という時間にずれこんだのは馬鹿馬鹿しい茶番劇でしたけどね。

国会の審議でも4野党は”反対ありき”で、議論はまったくかみ合いませんでした。
今回の法案はテロ組織や暴力団といった”犯罪集団”を取り締まるものだと政府が説明しても、「暴力団に誘われた一般人も捕まってしまう!」とか「内面の自由が侵害される!」とかいって4野党は批判していましたけど、暴力団に誘われて協力したらもう一般人ではありませんし、犯罪計画を実行に移そうとすることが要件なのですから、”内面”で計画しただけでは逮捕されません。
法務省のHPに要綱と法律案が掲載されているので、それを読めば高校生くらいでもわかるはずです。
読むと反対できなくなるから読んでないんでしょうね、きっと…。

そしてそんな頑迷な野党を応援するのがマスコミのみなさん。
「説明が足りていない」「国民は理解できない」、「委員会での採決を省略するのは強引だ」「与党が数で押し切った」などといっていますけど、違法性が指摘できない森友学園や加計学園の話題を”忖度”やら”総理のご意向”やらといって、さも疑惑があるようにほのめかし、大事な法案の中身を伝えようとしなかったのはマスコミではありませんか。

それにマスコミは「与党のやり方が強引」といいますけど、歩み寄ろうとしなかったのは野党です。
今回の法案は〈国際組織犯罪防止条約〉(世界のほとんどの国が加盟。あの北朝鮮すら)を締結するためにも必要だったわけですが、それに反対するということはテロと戦う国際社会に対し、背中を向けることです。
本来ならば4野党も”組織犯罪対策ありき”で、その中身を議論すべきだったわけです。
ところが、4野党の態度というのは”反対ありき”で、民進党などはそういう批判をかわすために対案(らしきもの)を出しましたけど、それは政府が国会に法案を提出してから40日も経ってからでしたし、内容も国際組織犯罪防止条約に加盟できるだけの最低限の法整備でした。
民進党のHPでそれを見ることが出来ますけど、びっくりするほど内容が薄くて40日も何をしていたのかと、呆れてしまいます(政府が法案を提出することは国会が始まる前からわかっていたので、実際にはもっと時間はありました)。
こういう政党がかつて政権を担っていたかと思うとぞっとしますね。

この改正組織犯罪処罰法は、自民・公明だけではなく日本維新の会も加わって、賛成多数で衆院を通過しましたけど、その3党は衆院で332/445という議席数を持っていますし、今日可決した参院でも賛成165・反対70という大差でした。
審議時間は野党が望むほどではなかったかもしれませんし、委員会採決を省略したにも気に入らないかもしれませんし、4野党やマスコミからすれば数の暴力なのでしょう。
しかし、この数字は日本国民が選挙で選んだものです(※自民党は以前からこの法改正に前向き)。
しかも、最近の世論調査でも、安倍晋三内閣が高い支持率をキープし、与党自民党もダントツの支持を集めているだけではなく、この法案についても、各社の調査を見ると賛成5割以上で反対が3割程度なんです。
ようするに、”民意”の多数は法案に賛成しているわけです。
それを数の暴力というのは民主主義の否定に他なりません。

それでもなぜ4野党は頑なにこの法案に反対するのか。
彼らは、「捜査機関の恣意的な判断によって政府に批判的な団体が組織的犯罪集団と認定されかねない。どのような人間が周辺者と見なされるのか基準がわからない」といって批判していますけど、法案を読めば”平和的なデモ”がその対象外ならないことくらいはすぐにわかります。
それなのにこの改正組織犯罪処罰法に反対するというのは、”暴力的なデモ”を守ろうとしているわけです。
そしてそれを陰ながら支援する自分たちが”周辺者”になってしまわないかと恐れているのでしょう。

本当の”一般人”ならば、そんなことは少しも怖くはありません。
我々は、暴力的なデモを行う組織を犯罪集団だと思うだけですからね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード