3人に代わりはいない

昨日6月18日(2017年)、SMAPの稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人が、9月8日をもってジャニーズ事務所を離れることが発表されました。
独立騒動、解散騒動を経て、ついにこの日が来てしまったわけです。
5人が同じ事務所にいる限り、何となくまだそこにあるように思えなくもなかったSMAPが、遠くに霞んでいったような気分です。
これでもう5人(6人)が揃って同じ舞台に立つことは、かなり難しくなってしまいました。
むろん、フォーリーブスの例があるので、可能性がゼロというわけではありませんけど…。

しかし、こうなると気になるのは独立する3人の今後です。
3人ともいまはレギュラーMCのテレビ番組を持っていますけど、それがこのまま放送されるのか、そして役者としてキャリアのある3人がいままでのようにドラマや映画や舞台で活躍できるのか。
一部スポーツ紙が香取さんの『SmaSTATION!!』が9月いっぱいで終了すると報じたことで、ファンや視聴者はかなり動揺しているようです。

日本では法的(税制)にいうと、タレントは個人事業主であり、事務所がそのマネージメントをしているという形になっているはずなのですが、実際のところ、事務所がタレントを雇用しているような形になっているところがほとんです。なかには事務所から決められた仕事と決められた月給をもらっているケースもあるわけですからね。
ですから、テレビ番組に出るとしても、テレビ局とタレントが出演契約を結んでいるように見えて、実際はテレビ局と事務所が契約を結んでいるケースが多いわけです。
わかりやすい例でいうと、『所さんのニッポンの出番!』にパネラーとして出演していた田口淳之介くん(KAT-TUN)がジャニーズ事務所を退所すると、次の週から田口くんがいた席に何の説明もなく中丸雄一くん(KAT-TUN)が座っているわけです。
これは”パネラー席の契約権”をジャニーズ事務所が持っていることの証拠です。
ジャニーズ事務所はタレントをひとつの個性として見ていません。ジャニーズ○○号といった認識なのでしょう。いつでも代わりはいるのです。
(※共演者たちが何もいわないのもまた情けない。共演者たちもまた田口くんをジャニーズ○○号としか見ていなかったのでしょう。)

しかし、稲垣くんや草彅くん、香取くんほどの国民的タレントとなれば、その契約は彼らの個性があってのものだと思いますし、そう思いたいものです。
我々は彼らのマネージメント会社がどこだってかまわないんです。
ずっと楽しんでいた番組を観続けたい、これまでのように彼らの芝居や歌を楽しみたい、それだけのことです。
ジャニー喜多川社長も、公式コメントで、「(S)すばらしい (M)MEMORIES (A)ありがとう (P)POWER」という3人への労いと感謝とともに、「別々の道を歩むことにはなりますが、今後とも稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾を、そして弊社所属タレントへご支援、ご声援の程よろしくお願い申し上げます。」といって、あくまで3人を守る姿勢を表明しているのですから、テレビ局もジャニーズ事務所(ジュリー&メリー)に気兼ねすることなく3人を起用すべきです。

もしもテレビ局が3人と干すとしたら、それは日本のタレントが事務所の奴隷だと認めることであり、ブラック企業撲滅を推進する社会との逆行です。
3人の行末は、芸能界とテレビ業界が国民から見捨てられるかどうかの試金石ということができるでしょう。
私もまずは『SmaSTATION!!』を見守りたいと思います。

それと香取くんがサッカー日本代表応援団長の仕事をしなくなってから、日本代表の成績が振るいません。
8月31日のオーストラリア戦にはぜひ!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード