それは夢ではなくただの珍事

交流戦が出来てから、もはや誰も”夢の球宴”と呼ばなくなったプロ野球オールスターゲームですが、今年2017年のファン投票結果(6月26日)を見るに、日本の野球ファンはオールスターの価値を公式戦とはまったく違うところに置いていることがわかり、私も妙に納得してしまいました。
今季の出場が8試合・32打席という大谷翔平選手がDHのファン投票1位なのですから、ファンは選手の成績やプレイなどにはほとんど関心がないんです。デスパイネがリーグトップの本塁打をかっ飛ばそうが、そんなものはどうでもいいんです。
…キューバのひとびとには理解できないでしょうけどね。

そんな珍事に唖然とした私ですが、このファン投票と同時に発表された”侍ジャパン新ユニホーム”には、ニュースを一緒に見ていた家族ともどもポカンとしてしまいました。
「これを着ていったいいつ戦うのか…」
2020年の東京五輪用のユニフォームなのでしょうけど、サムライジャパンがこれを公式戦で着るのは、おそらく五輪予選を兼ねた(予定)19年11月の〈プレミア12〉になるはずですから、まだまだ先です。
ユニフォームを新しくするのはもうちょっと後の方がよかったんじゃないでしょうか。みんな忘れちゃいますぜ…。

そして、ユニフォーム以上に忘れてはならないのは、20年五輪の野球・ソフトが”追加種目”ということです。
IOC(国際オリンピック委員会)での公式表記でも、Additional Event(s)となっていて、Program(正式競技)ではありません。
92年大会以前に存在したDemonstration Sports(公開競技)と似たような扱いになれば、公式のメダル数にもカウントされないんです。
日本のマスコミは、野球・ソフトや空手、スポーツクライミングといった日本が得意な競技が追加されたことで、「メダル獲得率が上がった!」といって報じていますけど、そのメダルが公式なものなのかどうかIOCは明言しているのでしょうか?私は聞いたことがありません。

それに、そもそも追加種目はメダル獲得が目的ではないんです。
次の大会以降に正式競技に昇格できるかどうかが大切なのです。
そのための最も大きな条件は、多くの大陸、多くの国々で行われていることです。
たとえば、空手などは追加種目に選ばれたことで各団体が結束し、国際的な普及活動にも拍車がかかっていますし、すでに割と世界では普及しているスポーツクライミングは日本国内での人気が高まっています。
そしてローラースポーツは興業としてすでに国際規模、サーフィンはそれ自体が文化であると同時に、近年は環境保護と結びついて独自の存在感を発揮しているわけです。

対して野球・ソフトはどうなのでしょう?
日本プロ野球(NPB)は正式競技になるための努力を何かしているのでしょうか?
たとえば、日本の選手たちがオフシーズンに野球発展途上の国で親善試合をするとか、何かイベントを開催するとか、そういうことをしているのでしょうか?

このままでは野球・ソフトだけが置いてきぼりになってしまいます。
オールスター同様に東京大会で一夜限りの夢を見れればそれでいいというのでしたらそれまでですが、世界のひとびとにとって、それはただの珍事です。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード