FC2ブログ

外食チェーンあれこれ

デフレによる経営合理化の波に乗って、いつの間にか乱立するようになった外食チェーンですが、値段と満足度のバランス、いわゆるコストパフォーマンスも年々上がり、その進化には本当に驚かされますが、そのベースには日本人の食に関する執念があるのだと思います。
織田信長が明智光秀の準備した宴の料理が気に入らないといって足蹴にしたという逸話もそうですし、江戸時代には豆腐だけのレシピ本がベストセラーになったりするのですから、我々はそういう民族性なのです。
また、日本人は味や価格だけではなく、見た目や調理・提供のパフォーマンスにも工夫を凝らしますし、衛生面にも細心の注意を払いますから、外食産業の世界進出もどんどん加速しているのでしょう。
食は文化でもあるので、日本のそれが世界中に広まることは本当に素晴らしいことだと思います(日本人に偽装している輩を駆逐するためにも)。

そんな外食チェーンですが、その創業地を見ると、なかなか興味深いものがあります。
有名なところでいうと、日本橋の魚河岸(築地の前の魚市場)で店を開いた〈吉野家〉ですね。
創業当時から「うまい、早い」がコンセプトだったそうですけど、魚河岸で忙しく働くひとたちにとってはそれが何よりも大切だったでしょうし、魚はやっぱり飽きるので、肉が美味しかったんじゃないでしょうか。
また、この「早い」でいうと、回転寿司が生まれたのはせっかちなひとが多い大阪市ですし、〈スシロー〉も〈くら寿司〉も創業地は大阪府です。

その大阪は”食い倒れの街”の呼ばれるように外食チェーンはたくさんあるんですけど、特徴が2つあって、関西圏だけで商売をしている会社が多いのと、全国展開する際もあまり”大阪”を打ち出さないということです。
お隣の京都だと”京風○○”を売りにしますけど、”大阪風”とか”難波風”というのはあまり聞いたことがありません(大阪王将や大阪ぼてぢゅうは暖簾分けの結果)。
これは大阪人が案外シャイなのと、たこ焼きやお好み焼きは「大阪のもんやろ!」といって”広島風”のような名乗りをしない大阪人らしい意地があるのだと思います。

ただ、大阪人というのは”商売人”という一面もあるので、逆に”大阪”を消しちゃうケースもあるんです。
有名なところでいうとパンの〈神戸屋〉。
創業者が神戸の製パン会社に勤めていたことから名付けたといいますけど、”神戸”の品のいいイメージに乗っかろうという気が満々です。大阪から見た神戸は憧れそのものですからね。
そして、これと似たようなことをしているのが、うどんの〈丸亀製麺〉です。
兵庫県発祥なのに、創業者の父が香川県出身という苦しい理由を用いて、うどんで有名な”丸亀”を名乗っているわけです。
しかもそのお父さんは坂出市出身で丸亀市出身ではありません!
やっぱり関西人は商魂逞しいですねえ。

そんな外食チェーンの創業地ですけど、私が最も意外だと思ったのは〈かっぱ寿司〉です。
回転寿司チェーンは大阪や東京が発祥が多いですし、そうでなくても海のある県ばかりなんですけど、かっぱ寿司はなんと私の住む長野市で創業したんです(79年)。海なんかどこにもありません。
でも、店名を見れば、海なんていらないんです。
”河童の川流れ”から取っているんですからね。
そして、その名の通り、創業当時はベルトコンベアーではなく、カウンター周りに水流を循環させ、そこにお寿司を入れた桶を流していたというのです。
これはとんでもないアイデアです。回る寿司ではなく、”流れる寿司”とは斬新すぎます。
私はこれが信じられなくて、長野市出身の40代の友人に本当かどうか聞いたところ、「小さい頃は確かに流れていた」というのです。
いつの間にか回るようになってしまったそうですけど、おそらく合理化や衛生面のためでしょう。
しかし、この”流れる寿司”、海外ならば大いに受けるでしょうし、価格が多少上昇しても、あちらのお寿司は日本より高級なので抵抗は少ないはずです。
かっぱ寿司が海外進出するときはぜひ!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード