FC2ブログ

伝統と歴史を大切にする大横綱に相応しい記録

平成29年名古屋場所13日目、横綱・白鵬が前人未踏の通算1048勝という大記録を打ち立てた今日、昨日まで1047勝で並んでいた浅香山親方(大関・魁皇)は「自分は大関だったからこの数になった。横綱という地位でやっているから凄い」という感嘆の声を漏らしていました。
負けても地位が下がらない横綱は、力が衰えれば引退という道しかありません。
そういうなかで記録を更新することの大変さを浅香山親方は語ったわけです。
これこそ白鵬に対する最高の褒め方だと思います。

いうまでもありませんが、白鵬は幕内での勝利数も歴代最多の954勝ですし(2位は魁皇の879勝)、横綱在位中の勝利数でも760勝で最多記録を更新中です。2位は北の湖の670勝ですから、すでにかなりの差が開いています。
しかも北の湖は横綱在位63場所でこの記録、白鵬は今場所が61場所目なのですから、”強すぎて嫌われた横綱””江川・ピーマン・北の湖”とまでいわれたあの大横綱よりも勝率が高いんです。

そしてその率でいえば、白鵬が最も評価されるべきは休場率かもしれません。
白鵬は横綱在位61場所(今場所含む)でわずか37休しかしていないんです。
北の湖は在位63場所で107休、千代の富士が59場所で137休、最近では貴乃花が49場所201休、曙が47場所で166休、朝青龍が42場所76休ですから、白鵬がどれだけ休まない横綱かということがわかります。
(※朝青龍は仮病問題での2場所出場停止処分も含みます。)

相撲は興行であり神事です。
横綱は大相撲の大看板であり、興業の中心にいるのはもちろん、土俵入りで四股を踏み、国土安寧・五穀豊穣を祈る必要があるわけです。
想像してみてください、横綱不在の大相撲を。
最近では平成4年名古屋場所から平成5年初場所までの4場所がそうでしたけど、そのときの寂しさといったらありませんでした。
そしてその横綱も、いわゆる”ひとり横綱”となればそのプレッシャーは計り知れません。
自分が休場すれば興業の中心が欠け、土俵入りが行えない。負けが込めば場所が白ける…。
曙(ひとり横綱11場所)も朝青龍(21場所)も、自分の次の横綱が生まれたときは本当に嬉しそうでした。
それは日馬富士が横綱に昇進したときの白鵬(10場所)も同じことです。

しかし、白鵬は日馬富士が横綱になっても、鶴竜が横綱になっても、休場はしませんでした。
いつも土俵の中心にいて、連勝記録や優勝記録で大相撲を盛り上げてくれていたわけです。
横綱の責務というのは”土俵に立ち続けること”だということを、身をもって語っていたといっていいでしょう。
そして初めて休場したのが平成27年の秋場所。横綱在位49場所目の途中のことです。
ちなみに日馬富士が横綱として初めて休場したのは平成26年初場所で、在位8場所目。
鶴竜は平成平成26年大阪場所で、在位6場所目。
こう比べれば横綱・白鵬がいかに大相撲に貢献していたかがわかるというものです。

白鵬の最多通算勝利というのは、そういう責任感と使命感の上に成り立っているものです。
横綱にはよく”品格”というわけのわからないものが求められますけど、私は白鵬こそ品格抜群の大横綱だと思います。
しかも白鵬は、相撲の歴史に精通し、過去の力士への敬意を欠かさないばかりか、力士の髷を守った明治天皇と大久保利通への感謝まで口にするのです。
私はこういう横綱を他に知りません。

そういえばモンゴルにいる白鵬のお母さんは、通算勝利へのインタビューで、「息子が力士としてここまで成長できたのも、過去の横綱から生き方を学び、先輩力士からの指導があったからでしょう」と話していました。
この母にしてこの子あり、ですね。
これからの力士たちは白鵬から多くを学んでほしいものです。

そして、日馬富士が「偉大な横綱と同じ時代にいることが嬉しい」と語っていたように、我々も”白鵬の時代”を楽しもうではありませんか。
間違いなく伝説になる時代なのですからね!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード