FC2ブログ

2017世界陸上ロンドン大会を振り返る

8月4日(~13日)に始まった今年2017世界陸上は、我々日本にとっては2020東京五輪を見据えた大会ということで、陸上関係者も、ファンと国民も前途に光明を見出したかったわけですが、序盤の成果は男子100m準決勝に3選手が進出したというものくらいで、人気のマラソンでは男女ともに入賞なし(22年ぶり)、他の種目でも予選通過者が出ないという寂しい状況でした…。
そういう悪い流れのなかで我々に希望を届けたのは200mのサニブラウン・A・ハキーム。
9日の準決勝を通過すると、翌10日の決勝では足を痛めたなかでも7位という健闘を見せてくれたのです。
18歳5ヶ月での決勝進出は史上最年少であり、世界のひとびとにもこの日本の若者が将来のスター候補であることを認識させたといっていいでしょう。サニブラウンは東京五輪の”顔”になるかもしれません。
(※選手への親しみを込めて敬称略。)

そして12日は、この大会で最も期待されていた男子4×100mリレー。
この種目は昨年のリオ五輪で銀メダルを獲得していますから、そのメダルのバトンも繋いで欲しいところです。
午前中(現地ロンドン)の予選1組を多田修平・飯塚翔太・桐生祥秀・ケンブリッジ飛鳥というメンバーで3位で通過した日本ですが、タイムは全体の6位ということで、メダルは遠くに霞んでいました。
そこで苅部俊二短距離コーチが下した決断は、調子が上がらず、バトンも上手く繋げられなかったケンブリッジを外し、ベテランの藤光謙司を起用するという思い切った策。

しかし、不調といえどもケンブリッジは昨年の五輪の銀メダルメンバーであり、100mのベストタイムは10秒08で、藤光の10秒23とはかなりの差があります。
これでもし順位を落とそうものならば、選手たちと苅部コーチとの信頼関係は崩壊するでしょうし(ケンブリッジとは特に)、世間からも大きな批判が巻き起こったはずです。
苅部コーチはそれをわかった上で職を賭した決断を下したわけです。

そして結果、日本は見事な銅メダル!
ハムストリングを痛めたウサイン・ボルトのジャマイカが失格したことが大きかったとはいえ、38秒04という好タイムで中国やフランスといった手強いチームを置き去りにしたのですから(4位の中国は34)、世界の表彰台に相応しい走りだったといっていいでしょう。
日本らしい淀みのないバトンパスはもちろん、多田のロケットスタート、飯塚の安定した走り、桐生のコーナーワーク、隣でボルトが倒れるのにまったく動揺しない藤光の落ち着きという個人の力強さも目立ちました。
このリオ五輪に続くメダル獲得で、”日本人はかけっこが速い”ということを世界に認識させたといっても過言ではありません。
これは日本陸上界の自信になるだけではなく、あらゆる分野の日本人アスリートが世界に出てゆく上での精神的アドバンテージになるはずです。なんといってもかけっこはスポーツの基本ですからね。

また、今回の400mリレーは、当初はサニブラウンが起用される予定だったものの、個人種目で足を痛めたためにメンバーから外れ、それでも日本は予選をしっかり通過し、決勝では不調のケンブリッジを藤光に代えてもメダルを獲ったのですから、”選手層の厚さ”には驚くばかりです。
しかも、リオ五輪メンバーの山縣亮太は怪我からの回復が遅れて今回の世界選手権には出場できませんでしたし、そのリオ五輪の頃の多田修平は一般にはまったく知られていなかったわけですから、”第2の多田”だってまだまだ国内にいると思うんです。
男子4×100mは今後も日本の得意種目になってゆくに違いありません。

そしてその新たなる得意種目でいえば、男子50km競歩(13日)は興奮しましたねえ!
リオ五輪銅メダルの荒井広宙が2位、世陸初出場の小林快が3位、同じく初出場の丸尾知司が5位ということで、日本勢の強さを世界に見せつけました。
長野県の我が家では荒井選手(小布施町出身)に大注目していましたから、ゴールの瞬間には私も思わず相方とハイタッチ!
終盤に4位のウクライナ選手がひたひたと近づいてくるのが怖かったですけど、荒井と小林が息を合わせてギアを上げて振り切ったのは今大会の名場面のひとつですよね。
これで荒井さんは東京五輪の顔のひとりになりそうですし、長野県ではもはや押しも押されぬ大看板です。
県は昨年贈呈したスポーツ特別栄誉賞を上回る賞の創設を検討すべきですね!

そのようにリレーと競歩の活躍でなんとなく明るい感じで終わった2017世界陸上ですが、大会を終えた伊東浩司強化委員長は「厳しさの方が大きい」という感想を述べていました。
結果としては”銀1・銅2・入賞2”ということで、前回大会の”銅1・入賞1”、リオ五輪の”銀1・銅1・入賞2”を上回ったわけですが、五輪開催を控えた国としては物足りないということなのでしょう。
確かに入賞者(決勝進出種目)がもうちょっと増えてゆかないと、国民に対しても成果を語れませんよね。

しかし、私は今大会を眺めていて、結果とは別なところで光明を見た思いがします。
それは銅メダルを獲得した直後に藤光が、「予選を走ってくれたケンブリッジと、サポートしてくれたハキームの分まで走りたかった」と語ったチームとしての団結。
今回の藤光は個人種目には出場せず、リレーの補欠メンバーとして、走るかどうかもわからないなか、コンディションとモチベーションを維持していたのもフォアザチームの精神を体現していました。
そして50km競歩でも、兄貴分の荒井が練習でも本番でも若手2人を引っ張り、世界と戦えるチームを作っていたのも印象的でした。
陸上は基本的には個人種目ですけど、国や所属クラブというチームがベースにあり、そこでの団結が力になることを再認識させられたといっていいでしょう。

その団結の力があれば、日本陸上はもっともっと強くなるはずです。
そして、現代スポーツを支えるのは成熟した社会であり、その団結に我々国民ひとりひとりが繋がっていることも忘れてはなりません。
それが東京五輪に向けての光明を描く!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード