FC2ブログ

襟裳岬と北朝鮮のミサイル

名曲『襟裳岬』はこんな歌詞で始まります。
「北の街ではもう悲しみを暖炉で燃やし始めているらしい
わけのわからないことで悩んでいるうち老いぼれてしまうから
黙りとおした年月をひろい集めて暖めあおう
襟裳の春はなにもない春です」
(作詞・岡本おさみ)

今日8月29日午前6時頃(2017年)、北朝鮮がなんの通告もなしに放ったミサイルは、日本の頭上を飛び越え、襟裳岬の東方約1180kmの太平洋上(公海)に落下したとのことです。
ミサイルが通過した範囲が広かったこともあり、Jアラートが鳴ったの12道県だったというのですから、かなり多くの日本人が朝っぱらから冷や汗をかいたことと思います。

日本政府や韓国軍の発表によると、今回のミサイルは最高高度550kmで2700kmを飛行したことから、中距離弾道ミサイルだそうです。
北朝鮮は前々からアメリカに対する挑発として、「グアム沖にミサイルを飛ばす実験をする用意がある」といっていたので、ちょっと方向を変えた実験の実験というわけでしょう。
ですから、北朝鮮にすれば狙いはあくまでアメリカであり、日本を相手にする気はないのかもしれませんが、頭の上に妙なミサイルを飛ばされれば誰だってイラッとくるというものですよね。
Jアラートで叩き起こされればなおさらです。

もちろん、冷静になる部分も必要で、今回のミサイルが日本に対してさしたる危険性がなかったのは事実でしょう。
なにしろミサイルはEEZ排他的経済水域(200海里=約370km)の遥か先の公海上に落ちているわけですからね。
今回のJアラートに対して「やりすぎではないか」という意見のひともいるようですし、過去にはEEZに落下しているミサイル(実験)もあるのですから、そちらを問題にすべきかもしれません。

ただ、どちらにしろ、北朝鮮が実験しているミサイルの射程が日本列島をすっぽり覆っていることだけは確かなので、我々は常に銃口を向けられているようなものです。
それに対して、日本政府は国際的な連携と独自制裁で対抗しようとしてきたものの、北朝鮮にしたらカエルの面に小便みたいなもので、まったく動じる気配がありません。
政府が発信する「遺憾の意」や「強い抗議」はまったく意味をなさないわけです。
地理的にいって、北朝鮮がミサイル実験をする際には、これからも日本の上空を飛んでゆくわけですけど、日本政府はずっと同じ対応を取り続けるのでしょうか?

”国際的常識”といってはなんですが、普通にいえば、銃口を向けられたら向け返すものです。
アメリカや韓国はそうしていますよね。
あまり報道されませんけど、韓国軍も独自に弾道ミサイルを開発していて、数百基が北朝鮮に向けられています。
「撃って来たら撃つぞ!」という態勢を取っているわけです。
それと比較すると、日本は完全なる丸腰です。
北朝鮮を攻撃できる弾道ミサイルはありませんし、空母がないので戦闘機を朝鮮半島まで飛ばすことはできませんし、自慢の潜水艦にもSLBMを搭載していません。
北朝鮮のミサイルに対する日本の対応は、”話し合い””経済制裁””迎撃ミサイル”ですけど、普通の国ならばそこに”先制攻撃ができる軍備”が加わるわけです。

それなのに日本の政治家やマスコミ関係者や有識者はそのことを議論したがりません。
また、国民の方もJアラートが鳴る度に怯え慄くのみで、その”根本を絶つ”という考えに至らないわけです。
なんだかちょっと不思議ですよね。
ただし、私だって米韓×北朝鮮がやっているような挑発の連鎖が正しいといっているわけではありません。
日本のメディアは北朝鮮のミサイルを”悪”、米韓合同軍事演習を”善”のようにして伝えていますけど、公平にみれば挑発合戦です。
そして、そこからはなんの解決も生まれないのを我々は見てきています。
ですから、マスコミや有識者には「圧力より対話」と主張するひとが多いのでしょう。
私はそれを頭から反対はしません。
対話は本当に重要です。
ただし、その対話も背後に”適切な軍事力”と”国民の自衛への意識”がなければ、まったくの無力だと思うだけです。

これからの我々がすべきはタブーを設けない議論です。
それによって国民の意識が高まるだけでも相手への圧力になります。
『襟裳岬』風にいえば、黙り通しているだけでは悲しみ以外なにも残らないのです。

議論を妨げるひとたちがメディアに登場したときにJアラートが鳴ればいいのに。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード