FC2ブログ

ロシアW杯に向けた大一番、日本不利はまったくのデタラメ

2018ロシアW杯を目指すアジア最終予選、我ら日本のいるグループBは8節(全10節)が終わった時点で日本=勝ち点17、サウジアラビア=16、オーストラリア=16という大接戦。2チームにW杯出場権が与えられるという規定のなか、やるかやられるかの戦いといっていいでしょう。
しかも、残す日本の2試合は、オーストラリア戦(H)とサウジアラビア戦(A)なのですから、我々も久々に凄まじい緊張感を味わうことになってしまいました。
オージーとサウジの勝ち点積み上げ予想を見るに、日本がロシアに行くためには”2試合のうちどちらかに勝利”するしかないという状況だったわけです。

ところが、日本×オージーの前に行われた8月29日のUAE(H)×サウジの試合、なんとサウジが1-2で敗れるという波乱。
サウジはやらかしましたねえ。
これで日本はオージーに負けたとしても最終節のサウジ戦で”引き分け以上”ならば本戦出場が決まるという、ちょっと有利な立場になりました。ハリル監督も選手たちも気持ちがずいぶん楽になったんじゃないでしょうか。
31日のオージー戦の日本はとにかく攻撃あるのみです。
勝ち点計算でいえば引き分けにはなんの意味もありません。
とにかく相手より多く点を取って試合を終わらせるだけです。
プランが明確になったので、選手と監督はもちろん、スタジアムを埋めるサポーターも、同じベクトルで戦うことができるというわけです。

また、このサウジの結果はオージーの心理にも影響を与えるに違いありません。
オージーは最終節が最下位のタイなので勝ち点3は堅く、日本戦で引き分けて勝ち点1を奪取すればW杯をほぼ確定させることになります。
また、最悪、日本に負けたとしても、タイに勝って勝ち点19を確保するだけでもW杯出場の可能性は十分あります。
サウジが19に到達するためには日本に勝たなければなりませんが、力関係からいってそれはけっこう難しいですからね。
サウジの不覚に一番喜んでいるのはオージーでしょうねえ。

このような状況からいって、31日の日本×オージーは、引き分け狙いのオージーが極端に守備的になり、勝ちしか狙わない日本が烈火の如く攻撃的になるはずです。正反対の立場ですが、お互いの気迫がぶつかり合う凄まじい試合になることでしょう。
そこで点を決めるには相手を上回る執念が必要です。
私は個人的に岡崎慎司に期待しています。
この最終予選では控えに甘んじている岡崎ですが、その悔しさを爆発するさせるときがきたわけです。
岡ちゃん、頼んだぞ!

そして、最後になりますが、日本のメディアが「不吉なデータ」といって大々的に報じている日本×オーストラリアの”5分け2敗”という予選での対戦成績。
もちろん嘘ではありませんが、これでもって「日本不利!」というのは大きな間違いです。
まず、その2つの敗戦をよく見てみましょう。
ひとつは1970年、オージーがオセアニア連盟に所属する前にアジア連盟にいた頃に対戦して負けているわけですが、当時の日本代表の実力というのはアジアでもかなり下の方です。いまの日本代表とはまったく比較になりません。別チームといっていいでしょう(※70年予選のオージーはアジア2位の強豪。1枠しかなかったので本戦出場ならず)。
2つ目の敗戦は09年の最終予選、日本もオージーもとっくに本戦出場を決めているなかでの最終節、オージーのホームで1-2で負けてしまったわけですけど、このときの日本は主力(中村俊輔、遠藤保仁、本田圭佑、長谷部誠、中澤佑二ら)を休ませていますし、課題の1トップの人選も手探り状態。
対するオージーはホームの観客の前で奮闘。
そんな対戦が互いの力関係を計るデータになるのでしょうか?

オージーがアジア連盟に復帰して以降、ここ3大会の最終予選で、日本は幸か不幸か彼らと一緒のグループになっているわけですが、この両国はいつもグループのトップ2(出場権2枠)なので、互いに「負けなければいい」という計算が働いて、試合は予定調和の引き分けばかりです。手に汗握った試合はひとつもありません。
そして、今回が初めて、どちらかが「勝たなければならない!」という状況になったわけです。
どういう内容と結果が待っているのかはまったくの未知数です。

ですから、「日本不利」などという根拠はなにひとつとしてないんです。
メディアは不安を煽って注目を集めたいのかもしれませんが、自分たちの代表を貶めるような報道に私は我慢がなりません。
日本はもはやオージーに苦手意識などありません。
”どちら”も「勝たなければならない!」という試合でいったって、ドイツW杯のときは苦杯をなめたものの、11年アジアカップ決勝で勝利してその悔しさを晴らしたではありませんか。

明日31日の試合も、埼玉スタジアムは歴史的歓喜に包まれると私は確信しています。
頑張れ、ニッポン!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード