FC2ブログ

異例の9月場所、MVPは豪栄道

「下がる場所がないので前を見て一生懸命頑張りました」

10日目の時点で首位の豪栄道に星3つの差をつけられながら、千秋楽の決定戦で逆転優勝を決めた横綱・日馬富士は優勝インタビューで序盤の3連敗の心境を聞かれると、そう応えていました。
この平成29年9月場所は4横綱のうち3人が休場するという異例の場所で、”一人横綱”として土俵を支えることとなった日馬富士は「下がる場所がない」、すなわち「休場は絶対にしない」という不退転の覚悟があったのでしょう。
日馬富士は両肘と両足首に慢性的な故障を抱え、ひょっとしたら休場した3横綱よりも状態は悪いかもしれないわけですから、その気持ちの強さには脱帽する以外にありません。
日馬富士の気力については場所後の横綱審議会でも、各委員から賞賛の声が上がっていました。

日馬富士は横綱昇進したとき(12年10月)の体重が”幕内最軽量”の133キロだったことが話題になったように、際立って細身の力士です。
データで見ると歴代の横綱のほとんどは幕内平均よりも身体が大きく、心技体でもまずは”体”で相手を圧倒していたことがわかります。
しかも、横綱には”横綱相撲”という言葉があるように、相手の攻めを真向から受け止めた上で勝つということが求められるわけですから、身体の小さな横綱の苦労というのは並大抵のものではありません。
それが日馬富士の怪我の多さに繋がっているのも間違いありませんし、平幕相手の星を落とすことも多く、今場所は金星を4個も配給し、通算でも39個という歴代2位タイの不名誉な記録を作ってしまったのもそのせいだと思います。
(※10日目までに3差の逆転優勝が史上初なら金星4個配給の逆転優勝もまた史上初。本当に珍記録。)

しかし日馬富士は今回で9度目の優勝を飾り、回数でいうと歴代12位タイですから、すでに”名横綱”と呼んでもいいほどの成績を残していんです。
それも白鵬という伝説的大横綱と同時代にありながらの優勝回数ということを考えれば、数字以上に評価されるべきでしょう。
日馬富士はそういう成績を大相撲史上でも「最も速い」ともいわれる”立ち合いの鋭さ”で積み重ねてきたわけですが、それこそ心技体の”技”に他なりません。
そしてそこに幕内でも「最も気が強い」という”心”が加わって体格の小ささを補っているわけです。
やはり横綱になる力士というのはなにか”違い”を持っているということなのでしょう。

そして今場所、その違いを見せつけられたのが大関・豪栄道だったわけですが、11日目終了時点で10勝1敗、2位以下に”星2差”をつけ、賜杯に小指がかかった状況から、12・13日目にまさかの連敗。
しかも平幕相手に”引いて”敗れるという情けないものでした。
立ち合いが硬く、足も出ず、優勝がちらついたせいで過度に緊張してしまったのでしょう。
”心”の部分といえばそれまでですし、横綱審議委員からも「ふがいない」という言葉が漏れていたのも仕方ないことかもしれません。
ですが、私は豪栄道をそう強く責める気にもなりません。
そもそも豪栄道は大関といったって、昇進後に1度優勝しているものの、19場所で負け越しが6場所、8勝止まりが6場所という、あまり強くない大関なのです。
ちなみに今場所だって角番でした。
それが2日目から10連勝で場所を引っ張ったのですから十分評価されるべきです。
千秋楽は本割と決定戦であえなく日馬富士に敗れて印象は悪くなってしまいましたが、15日トータルで見れば大関の役割は完遂したといってもいいはずです。

ようするに今場所は日馬富士が一人横綱のプレッシャーから相撲がちぐはぐになって序盤に連敗したものの、終盤に見事建て直し、実力通りの優勝を遂げたというだけのことなのです。
日馬富士の”一人相撲”といってもいいでしょう。
そんななか調子の良かった豪栄道は不運にも当て馬のようになってしまったわけです。
決定戦で豪栄道を寄り切った日馬富士が、豪栄道を労うように肩をポンと叩いていましたけど、あれは「俺のせいでゴメンな」ということなのだと思います。

優勝を逃した豪栄道はずいぶんショックを受けているようですけど、周りのひともあまり責めないで欲しいものです。
3横綱2大関が休場するという異例の場所で、日馬富士も序盤で躓いたわけですから、豪栄道の活躍がなければ、今場所はどうなっていたかわかりません。
大相撲の格と、興業として面白さを守ったのは間違いなく豪栄道です。
私はこの大関を大いに称えたいと思います。

それに、来場所は”綱取り”ですよね?
11勝とはいえ今場所は間違いなく”優勝に準ずる”成績を挙げたわけですから、来場所はどんな低い成績であっても優勝さえすれば横綱になるんですよね?
一場所しか優勝していない稀勢の里を満場一致で横綱に昇進させた横綱審議委員会のみなさんは、豪栄道を無碍にしませんよね?
豪栄道にはぜひ来場所優勝してもらって、「ふがいない」と抜かした審議委員会をコテンパンにやっつけて欲しいものです!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード