FC2ブログ

政権選択ではなく、選択の幅が狭すぎる選挙

「(戦う)相手の姿がよく見えない」
今日9月28日(2017年)、衆議院が解散され、事実上の選挙がスタートすると、街頭に立った公明党の山口那津男代表はそういって野党のドタバタを笑いものにしていました。

確かに野党のやっていることは悪い冗談ですよね。
民進党の前原誠司代表は、党としての公認を出さず、「民進党に所属する衆院議員は希望の党から出馬させてもらう」という方針を打ち出し、それが両院議員総会で可決され、これで民進党は事実上の解党です。
これにカンカンに怒っているのは、”野党共闘”していた共産党で、志位和夫委員長は「重大な背信行為だ。民進党からの説明もない。対立候補を擁立する」といって対決姿勢を鮮明にしました。
野党の新機軸になりそうな希望の党ですが、「リアルな安全保障」と「憲法改正」という理念を持っているので、共産党や社民党とは絶対に組めないわけです。
ただ、その点でいえば、野党共闘の一員だった民進党も、安保関連法案と改憲に反対していたはずなんですけどね…。
(※都知事選でも民進党は鳥越俊太郎氏を支援。)

ちなみに小池代表は、民進党のひとたち全員を無条件に受け入れるのではなく、「憲法と安全保障に関する立場」で選別してゆくことを明言し、希望の党と考えが違うひとは「アプライ(申請)してこないのではないか」とも語っています。
確かに民進党左派の人間は理念が違いすぎる小池代表とは一緒にやれないでしょうね。
衆議院ではありませんが、参議院の有田芳生議員などは、希望の党との合流について「悪魔との握手だ」とまでいって批判しているくらいですから。

ただ、そうなると、希望の党に行けない民進党の議員(解散なので前議員)どうするのでしょう?
前原代表が「党としての公認を出さない」といっていますから、出馬する際は”無所属”になってしまいますが、それだと比例代表は使えませんし、小選挙区で落ちて比例で復活というケースもなくなってしまいます。
前回、比例で救われた菅直人元総理などは大ピンチです。
ひょっとすると希望の党に行けないひとたちで新党を立ち上げるかもしれませんね。
私はその方がわかりやすくていいと思いますけど。

わかりにくいのはやはり”野合”です。
希望の党は27日の設立会見で、「しがらみのない政治。寛容で改革の精神に燃えた保守」という耳障りのいいフレーズを並べ、「非自民、非民主」を掲げていましたけど、このままでは”第2民進党”です。
しかも自由党の小沢一郎代表までもが希望の党との合流をいい始めているのですから、もはやカオスです。
既存政党が抱える”しがらみ”を打破するはずが、これでは安倍晋三総理のいう「看板の架け替え」にすぎません。
維新の会の松井一郎代表は、「しがらんでいるひとたちを受け入れるのであれば、自分たちは希望の党との連携は考えない」と述べていましたけど、賢い選択といえるでしょう。

希望の党は理念や政策が近い維新の会と組むのが有権者にとってはわかりやすいはずですけど、小池代表は今回の選挙を「政権選択選挙」と呼んでいるので、大所帯の政党を作るために民進党と一緒にやってゆくことを選んだのだと思います。
こうなると希望の党というより野望の党ですね。
しかし、そのことで希望の党は民進党=民主党の”負のイメージ”を背負い込むことになってしまうのではないでしょうか。
希望の党は姿がよく見えないのに、なんだかドス黒い気配だけが濃厚となってきました。

我々有権者は選択の幅が狭すぎてほんと困っちゃいますよね…。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード