FC2ブログ

仮面総選挙

国政選挙は仁義なき戦いなどとも呼ばれ、候補者のなかには”当選するためにはなんでもする”という輩も数多くいるわけですが、この2017衆院選はそれを絵に描いたような見苦しい戦いが繰り広げられています。
いうまでもなく、その汚臭の元は民進党であり、それが希望の党や立憲民主党、無所属へと撒き散らされ、国民からすれば”政策論争”以前に”人間としてどうなのか?”という観点で政党と候補者を見比べなければならないのは、本当に辛いものがあります。

私の住む長野県でも、「改憲反対!安保法制反対!」と叫んでいた民進党の前議員が一夜にして小池百合子代表の”股をくぐり”保守派へと転向したのは私も大いに呆れましたし、ある前議員は希望の党と小池代表の人気が下がっているのを見て寸前で無所属に変更し、「私は信念を曲げない!」とドヤ顔をするのですから、見ているこっちが恥ずかしくなります。

もちろんこれは”議席を増やすためにはなんでもする”という小池代表も同じことです。
結党当初は「考え方の合わないひとは排除する」といっていたのに、それでは政権交代可能な233議席に足りないとなると、急に間口を広げ、有象無象を取り込むのですから、それまでの支持者からもそっぽを向かれるというものです。
選挙戦が進むにつれ、希望の党の情勢が芳しくないとなってくると、その有象無象のなかには小池代表に公然と反旗を翻す候補者もいて、香川1区から立候補している小川淳也氏などはHPに「憲法9条の改悪については明確に反対」と書いているのですから、仁義もへったくれもあったものじゃありません。

そんな希望の党と小池代表について、部分連携をしている日本維新の会の松井一郎代表は、「希望の党では踏み絵を踏んでいるのにそれを無視するむちゃくちゃな候補者が出てきている。小池さんのガバナンスの問題だが、希望の党は幹事長も政調会長もおらず、小池さんひとりでやっているので気の毒だ」(10月17日大阪府庁にて)という、エールとも嫌味とも取れる発言をしていました。
松井代表からすれば、希望の党と連携した当時は、”国政のキャスティングボードを握れるかもしれない”という期待があったのでしょうに、小池さん人気が失速したことと、小池さんから排除されたひとたちが作った立憲民主党が思わぬ強敵になってしまったことで、愚痴も出てきたのかもしれません。

もともと維新の会と小池さんは考え方が極めて近く、ひとつの塊になれば国政でも面白い存在になるはずでした。
しかし、小池さんが民進党のおかしな人間を大量に仲間にしてしまったことで、今後の維新と希望の連携の可能性は低くなってしまったといっていいでしょう。
小さな政府・規制緩和・自由競争といった理念を持つ新自由主義(維新の会は改革保守といっています)の政党が、ある程度の力を持ち、諸問題の議論を活発化させることは、日本の未来にとっても有用なことだと私は思います。

そしてまた新自由主義の勢力が存在感を発揮すれば、本当の”リベラル”もまた見えてくるはずなんです。
日本ではおかしなことに”リベラル=護憲””リベラル=軍事力放棄”という定義づけがされていますけど、もともとリベラルというのは”個人の自由や権利を大切にする立場”のことですから、憲法や軍隊とは関係ないんです。
たとえばリベラルの本場フランスではなんども憲法改正が行われていますし、海外での軍事力行使も必要ならば厭いません。
それはアメリカのリベラル・民主党でも同じことです(※”リベラルの夢”オバマ前大統領も海外派兵しています)。
ですから、日本でも、改憲派で自衛軍設立を目指しながら、大きな政府を志向し、社会の公平性や個人の権利を重視する政党や政治家がいれば、それは間違いなく”リベラル”なんです。

ところが日本の自称リベラルは、個人を守ることより、国家の力を削ぐことに熱心なのです。
私はそれはただの反体制、反権威だと思います。
民主主義国家というのは、その国に暮らす国民を守るものです。
その国家に力がなければ国民は守れません。
個人主義の国アメリカが、愛国者の国アメリカであるのは、それがわかっているからでしょう。

この2017衆院選挙では、リベラルの仮面を被ったり、保守の仮面を被ったりしている偽者がたくさんいますけど、我々は騙されないようにしたいですね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード