FC2ブログ

2017GPSフランス大会・男子シングルが終わって

今日11月21日(2017年)、GPSフランス大会から帰国した宇野昌磨は、中部空港で記者からの取材に応じた後、「早く練習がしたい」といって、地元名古屋へと戻っていったそうです。
フランス大会ではインフルエンザにかかっていた影響からか、SP・FSともにジャンプミスが目立ち、スコアも合計273.32で、「こんなに苦しい試合はなかった」と弱音が漏れるほどでした。結果的には2位に踏みとどまり、GPF進出を決めましたけど、昨季から好調を維持し、”五輪金メダル最有力候補”ともいわれていた世界的評価も揺らいでしまったかもしれません。

そのフランス大会男子シングルは、SPでハビエル・フェルナンデスがノーミスの素晴らしい内容で107.86(TES60.00・PCS47.86)。
私も久しぶりに鳥肌が立ちました。王者の帰還ですね。
しなやかで美しい4回転ジャンプはもちろん、姿勢の深いスピン、正確で力強いスケーティングと類稀な表現感覚。そしてルックス。
ハビエル・フェルナンデスはフィギュアスケートをするために生まれてきたような男です。必要なものを全て備えた完璧なスケーターといっても過言ではありません。
前の中国大会ではミスを連発し、SP90.57・FS162.49・トータル253.06の6位という信じられない結果に終わり、本人は「ウィルス性胃腸炎による体調不良」説明していたものの、メディアやフィギュアファンの一部からは「フェルナンデスの実力は下り坂にあるのではないか?」という懐疑的な視線が向けられていたのもまた事実でした。
ですから、フェルナンデスは完璧なSPの後の記者応対でも、これ見よがしともいえる自信に満ちた表情とコメントで、そういう声を打ち消したのでしょう。
フィギュアスケートは特異な採点競技だけに”落ち目”と見られるとスコアまで落ちてしまいますからね。
しかし、FSではその完璧さは鳴りを潜め、ジャンプが不安定で2度の転倒があり、練習不足からかスタミナ切れも早く、後半はへろへろでした。
スコアも175.85(85.49・92.36・減点2)しか出せず、誰もがFS最終滑走の宇野くん(SP2位)が逆転すると思ったはずです。

ところがその宇野くんも4Fが回転不足、4Tは2本とも転倒してしまうなど、本当に苦しい演技。
179.40(90.20・91.20・減点2)と、FSではフェルナンデスを上回ったものの、SPでの差によって、総合での逆転はなりませんでした。
優勝のフェルナンデスも2位の宇野くんも苦笑いの表彰式でしたね。
いい笑顔なのは3位に入ったミーシャ・ジーだけ。
なにしろ彼にとってこれがGPS初表彰台だったんです。
引退を1年延ばした甲斐があったというものです。
おめでとうミーシャ!

今季のPGSはフェルナンデスとパトリック・チャン(2戦目を欠場)が不調、さらに羽生結弦も怪我で2戦目を欠場したことで、思わぬ伏兵が結果を出しています。
カナダ大会でのミハイル・コリヤダのGPS初優勝、NHK杯でのセルゲイ・ボロノフのGPS初優勝は誰も想像していなかったでしょう。
このままいけばGPFの面子もかなりフレッシュなものになりそうです。

そして、五輪王者を占うという意味でも状況は混沌としてきました。
現在の男子シングルで300点を超すPBを持っているのは、羽生結弦、宇野昌磨、ハビエル・フェルナンデス、ネイサン・チェン、金博洋の5人であり、おそらくそのなかから五輪王者が生まれるでしょうけど、今季は宇野くん以外はいずれも調子が上がっていなかったのに、宇野くんまで状態が悪くなってしまっているのですから、現段階での予測は完全に不可能になっています。
その混沌から抜け出すのは誰なのか。
今後の男子シングルは五輪までの1戦1戦が注目ですね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード