FC2ブログ

責任を取った日馬富士、責任から逃げる相撲協会

昨日11月30日、横綱・日馬富士による暴行問題について調査している大相撲協会・危機管理委員会が中間報告を発表しました。
これは現場となった鳥取市内のカラオケ店にいた横綱・白鵬と鶴竜、照ノ富士と石浦、そして鳥取城北高校相撲部の関係者からの聞き取りを元に、暴行事件の状況や流れを危機管理委員会がある程度の事実として認定したものです。
ただ、残念ながら被害者である貴ノ岩からの事情聴取は出来ていません。これは貴ノ岩の師匠である貴乃花親方の意向のようです。

その調査報告書によると、まず1次会で白鵬が貴ノ岩に対し、9月に都内のバーで貴ノ岩が粗暴な言動をしたことに対して説教をしたところ、以前から貴ノ岩を可愛がっている日馬富士がそれをかばったとのことです。
ただ、白鵬のお小言は2次会でも続き、そのとき貴ノ岩が白鵬の話を聞かずにスマートフォンをいじっていると、今度は日馬富士がそれを注意。
ところが貴ノ岩が「彼女からのメールです」といって反省した様子を見せないと、日馬富士は「白鵬に謝れ」といいつつ平手で貴ノ岩の顔面を殴りつけての教育的指導。
しかし、貴ノ岩は反抗的な態度を崩さず、日馬富士を睨みつけたところ、怒った日馬富士は平手で滅多打ちにした挙句、カラオケのリモコン(ディスプレイと一体型になっている大きくて重いものと思われます)で殴りつけたそうです。
報道にあった酒瓶で殴ったということはなく、シャンパンボトルを手にしたものの滑り落ち、最後は白鵬が止めに入って暴行が終わったとのことでした。
暴行時の日馬富士の精神状態については、アルコールの影響もなく、記憶もしっかりしていたという評価が下されています。

つまり、危機管理委員会の報告した要旨というのは、「態度の悪い貴ノ岩を日馬富士が愛の鞭で指導したところ、行き過ぎてしまった」というものであり、日馬富士の暴力は、酔っていたわけでもなく、因縁をつけたわけでもなく、貴ノ岩の更生を願っての行為だったという認識を示したわけです。
これは日馬富士が引退会見(29日)で述べた「弟弟子が礼儀と礼節がなってないときには、それを正し、直し、教えてあげるのは先輩としての義務だ」という言葉とも一致します。
また、この報告書は協会の理事でもある貴乃花親方の目を通した後に発表されたものなので、貴乃花親方からクレームがつかなかったということは、事実関係は概ね正確ということなのでしょう。

このように、中間報告によって、当日なにがあったかはだいたいわかりました。
行き過ぎた暴行によって貴ノ岩が「全治2週間の頭部の裂創」を負ったわけですから、日馬富士はなんらかの罰を受けるのが当然です。
しかし、それは引退しなければならないほどのものだったのでしょうか?
当初の報道は「酔っぱらってビール瓶で殴打した」という残虐なものでしたし、怪我の程度も「頭蓋骨骨折」や「髄液漏れ」という重傷とのことでしたけど、診断した医師はあくまで「疑い」だとして、「12日からの本場所に出場しても問題ない」という見解まで述べていました。
暴力は確かにいけないことですけど、稽古場での”かわいがり”という暴力的なしごきが伝統である大相撲からしたら、日馬富士の行為はその延長ともいうことができるわけで、今回の問題を日馬富士個人の責任として終わらせるのは間違っているといってもいいでしょう。

そしてまた、責任を取るべきなのは日馬富士だけではないはずです。
暴行で告訴されている日馬富士を本場所の土俵に上げてしまった相撲協会は、天皇陛下から優勝杯を下賜されている団体としても、公益財団法人としても、許されざる罪を犯したといってもいいでしょう。
危機管理委員会の中間報告書にしても、”なぜ相撲協会が間違った判断”をしてしまったのかを克明に記すべきでした。
暴力問題を軽んじていたか、隠蔽しようとしていたかのどちらかなのは確実です。
つまり、07年の時津風部屋力士暴行死事件の教訓はまったく生かされていないということです。
日馬富士が横綱という最高位を捨てたのですから、相撲協会はそれと同様の罰を己に課さねばなりません。

メディアや有識者や相撲記者たちは”モンゴル会”や”貴乃花”を悪者にして問題を終わらせようとしていますが、相撲協会が正しい処理をしていたならば、この問題はここまで大きくなっていないのです。
九州場所の前に全てを公表し、日馬富士を謹慎させ、出場停止数場所なりの処分を検討している、とでもしておけばよかったわけです。
それなのにぐだぐだとやっているから、モンゴル人力士たちのイメージが下がり、貴乃花はおかしなひとになり、貴ノ岩は礼儀知らずになってしまったのです。

そして日馬富士のような素晴らしい横綱が引退に追い込まれた。
親方株を持っていない彼は日本を去ることになるでしょう。
引退後も角界に貢献したであろう有為の人材が失われ、無為の集団が残る。
今回の事件のダメージは本当に深い。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード