FC2ブログ

2017全日本フィギュア女子SP(前) くっきりと分かれた明暗

五輪シーズンの今季、全日本フィギュアは選手それぞれの人生がかかった戦い。
特に代表2枠を複数の有力選手で争う女子は、選考争いで大きくリードをしている選手がいないという状況で、全日本の結果が全てを決める可能性すらあります(優勝者は確定)。
五輪への思い、いや執念を演技に直結させた選手が栄光を手にする、そんな2017全日本フィギュアになることは間違いないでしょう。
というわけで、まずは緊張感に満ちた女子SP(12月21日)を振り返ってみたいと思います。
残念ながらテレビ観戦です。武蔵野の森総合スポーツプラザのこけら落としに行けるひとが羨ましい!

誕生日がわずか21日遅いために五輪代表規定に達しなかった紀平梨花さんですが、今大会は”日本女子のエース”になれるだけの器なのかどうか、日本国民にその実力をアピールする場です。昨季は”3Aの継承者”として名乗りを挙げたものの、全日本は怪我で欠場してしまいましたからね。
そんな紀平さんのSPはしなやかなビールマンスピンと滑らかなスケートでジャンプだけの選手ではないところを見せつけてからの3A!バランスも流れもあるジャンプ!よっしゃああ!
ジュニアの規定ではSPに3Aを入れらないので、本人にとっても今回の全日本は大きなチャレンジであり、それを見事に決めてみせたのですから、やはりこの選手はものが違います。
ステップシークエンスでも質の高い動きとスケートを見せ、しかもフィジカルも強いので演技全体にパワーを感じさせる紀平さんは、後半に入っても3F+3Tをすぱっと決め、シットスピンはやや緩んだものの、これは凄いスコアになりそう。
…ところが、助走にやや迷いが見えたルッツがまさかの2Lzに。
最後のコンビネーションスピンは気落ちせずに回りきったものの、本人は頭を抱えて反省していました。ルッツまで上手くいっていただけにちょっと大事にいきすぎましたかね。
それでもスコアは66.74(TES37.82・PCS28.92)。
今季は動きにもジャンプにもクセがなくなりましたし、演技全体も洗練され始め、シニアへの準備は万端といったところですね。
唯一の欠点は音楽表現の部分でしょうけど、この部分はどんな選手でも競技生活とともに向上してゆくので心配はいらないと思います。すぐに良くなります。
そして次のFSでは”3A2本”の構成ですから、上位を引っ掻き回す活躍に期待したいですね!

安定感抜群だった昨季と打って変わり、今季はミスが目立つ三原麻依さんは代表選考基準項目をひとつも満たしていないという苦しい状況。五輪に出場するためにはこの全日本で優勝、もしくはそれに準じる成績を収めなくてはならないはず。
そのためにも是が非でもノーミスが求められたSPでは、今季苦しんでいる3Lz+3Tを見事に成功!笑顔もこぼれた!
これで乗ってゆけるかと思われたものの、五輪がかかる緊張からか滑りが縮こまっていてちょっと嫌な雰囲気、
後半の3Fがちょっと心配…と思っていたら、その前の2Aでまさかの転倒。
3Fを慎重に決めて、ミスを連鎖させなかったのは立派でしたけど、見ているこちらが息苦しくなるようなSPでした。
スコアは64.27(33.82・31.45)。
厳しい状況になっちゃいましたね…。

GPSアメリカ大会で2位(210.59)に輝き、一躍代表争いに加わってきた坂本花織さんは、同門の三原さんが緊張でガチガチだったのとは対照的に伸び伸びと滑り出すと、パワーを感じるレイバックスピン、ターンの迫力が印象的なステップシークエンスで他の選手との身体能力の差を見せつける強烈な前半戦。
そして全てのジャンプを入れた後半では、でっかい3F+3T、豪快なターンからの3Lo、2Aもよし!
ダイナミックなジャンプはまさにワールドクラス!会場も熱気と興奮に包まれていたのではないでしょうか。
最後のコンビネーションスピンはややバランスを乱すも強引に建て直してフィニッシュした坂本さんは、どうだ!といわんばかりのカッコいいガッツポーズ。
演技全体が集中力と気迫に満ち溢れ、圧巻の内容でした。素晴らしい『月光』でしたね。ブラヴォ!
日本中に”坂本花織”の名を轟かせましたね!
坂本さんはフィジカルを生かした大きなジャンプに特徴のある選手ですが、このSPではその身体の強さを滑りの方にも生かしていて、ステップシークエンスのエッジワークの力強さも瞠目すべきものがありました。
今季は雑な部分も大会ごとに少しずつ修正できていますし、驚くような成長を見せていますよね。
SPは73.59(40.93・32.66)。
高いスコアが出て本人もびっくりしていましたけど、内容とスコアにそう違和感はありません。それだけのものを見せてくれました。
FSも大いに期待できるでしょうし、とんでもないお転婆シンデレラが生まれるかもしれませんね!

今季最も成績が安定している樋口新葉さんですが、2週間前のGPFでは失意の最下位に終わり、そこから状態と気持ちをどう回復させているかが注目でしたけど、冒頭のジャンプが1Aになるショッキングなスタート。
全体の動きも重く、調子はGPFのときとあまり変わりがないように見えるなか、後半の3Lz+3Tを決めて意地を見せ、3Fもエッジが微妙ながら成功!
しかし、終盤のステップではやはりキレが出ず、尻すぼみの印象のままヘアカッタースピンでフィニッシュ。
本人もがっかりな演技でした。
全日本の重圧もあったでしょうし、調子も上がってきませんね…。
それでもスコアは思ったより高くて68.93(35.79・33.14)。フリップのエッジエラーが取られなかったのはラッキーでした(プロトコルではGOE1.20)。
FSで状態が急に上がるわけではないと思うので、あとは気持ち、いや執念ですね。
(後編に続きます。)
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード