FC2ブログ

2017全日本フィギュア女子シングルの決着、代表選考へ

五輪代表2枠を争う熾烈な戦いとなった2017全日本フィギュア女子シングルですが、今日12月23日に決着のときを迎え、1位宮原知子、2位坂本花織、3位紀平梨花という表彰台になりました。
優勝した宮原さんは規定通り五輪代表も決定。
これで4年越しの夢が叶ったわけです。
あの小さかった京都の天才少女がついにオリンピアンになるんですねえ。
昨季の怪我からよくここまで復調しました。私も宮原さんが夏の『THE ICE』を休んだときは半ば諦めかけただけに、いまは心からほっとしています。
本当によかった。
おめでとう、さっとん!五輪も楽しみにしています!

…ただ、今回の全日本では「宮原さんへのジャッジが甘かったのではないか」と指摘するフィギュアファンの声もちらほら聞こえてきます。
私も確かにその通りだと思います。通常の大会では回転不足を取られそうなジャンプがいくつかセーフになっていたように見えました。SP73.23・FS147.16のトータル220.39はいくらなんでも高すぎます。
しかし、大きなミスをせずにまとめたというのも事実ですし、演技全体の質で頭ひとつ抜けているのも間違いないと思うんです。
優勝は相応しくないと指摘するひとがいたとしても、2枠ある五輪代表に選ばれることには文句はないはずです。
宮原さんは堂々たる日本の代表です。私もそれだけは譲れません。

そして問題の2枠目。
全日本2位の坂本さんと4位の樋口新葉さんに絞られたのは確かですが、スケート連盟が発表した選考基準では、
①全日本2位と3位
②GPファイナル日本人上位2人
③世界ランク上位3人
④シーズンランク上位3人
⑤シーズンベスト上位3人
のなかから「総合的に判断する」となっているんです。
この規定項目の内、樋口さんがクリアしているのは4項目、坂本さんは3項目。
数だけならば樋口さんが上ですが、選考基準には数が多い方を選ぶと書いてあるわけではありません。

ここからは私の想像ですが、全日本は”直近の大会”であり、その”直接対決”で勝った方にやはり分があるのではないでしょうか。
しかも坂本さんはSP1位・FS2位で目に見えるミスなくまとめての213.51、樋口さんはSP・FSの両方でミスをしての206.9。
内容にもスコアにもかなりの差がありましたし、坂本さんのパフォーマンスは優勝した宮原さんにも勝るとも劣らないものでした。坂本さんが2枠目に選ばれた方が納得度が高いはずです。
逆に樋口さんを選ぶ積極的理由は見つけにくい。シーズン中に飛びぬけた成績を残せなかったことに加え、全日本で表彰台に立てなかったのも痛かった…。

女子FSのテレビ視聴率はおそらく15%以上でしょうし(SPは10.6%)、これを観た多くの国民は「宮原と坂本だろう」と思ったに違いありません。
今大会のジャッジングを見ていると、スケート連盟は宮原さんと樋口さんを五輪に行かせたいみたいでしたけど、全日本の結果を覆す選考は難しいんじゃないでしょうか。
樋口さんが選ばれれば絶対に波風が立ちますし、そういう状態で五輪に行っても国民から素直に応援されません。樋口さんも傷つくだけです。
明日24日はすっきり坂本さんを選んで欲しいですね。

”拍手で送りだされるのは誰か”、それが一番の選考基準だと思いますぜ。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード