FC2ブログ

あくまで理事”候補”選挙

昨年の九州場所から続くゴタゴタのひとつの区切りともいえる理事候補選挙が今日2月2日(2018)年に投開票された結果、注目の貴乃花親方は落選となり、八角理事長体制が維持されることが決まりました。
貴乃花一門としては阿武松親方(益荒男)を当選させ、理事の椅子ひとつを確保したとはいえ、貴乃花親方がわずか2票しか得ることができず、その影響力の低下は避けられない情勢です。

ちなみに貴乃花親方は日馬富士暴行問題で「相撲協会に非協力的だった」ことを」理由に12月に理事を解任されたばかりということもあって、仮に理事候補選挙で当選していたとしても評議委員会で承認を拒否される可能性があるという憶測が流れていました。
そのため貴乃花一門では阿武松親方を第一候補にし、貴乃花親方は”自分の1票だけ”で立候補するという方針だったようです。
これは10人の理事枠に対し10人の候補では無投票になってしまうため、貴乃花親方が11人目の候補となることで投票を行わせ、投票権のある親方に対し、”いまの相撲協会についてなにかを考えさせるため”だったともいわれています。

しかし、投票結果を見ると、貴乃花一門は基礎票11を阿武松親方に8票、貴乃花親方に1票、残りの2票を一門と近しい関係にある山響親方(出羽海一門)に回していたようで、基礎票が5票しかなった山響親方は8票を獲得して見事当選しています。
ようするに貴乃花親方とその仲間たちとすれば、まずは阿武松親方と山響親方の席を固め、貴乃花親方には”隠れ貴乃花シンパ”の取り込みを狙っていたとしか思えません。
投開票の2日前にマスメディアを使って「貴乃花は自分の1票だけでも出る」という情報を流したのも、シンパの親方の男気に火を点けるのが狙いだったのでしょう。
そうしてどこかの一門を切り崩し、7、8票を得て貴乃花親方も当選すれば、理事会の勢力をこれまでの2→3に増やすことが出来るという算段だったはずです。

ところが蓋を開けて見れば、隠れ貴乃花シンパは1人しかいなかったわけです。
しかも、その1票もおそらく貴乃花親方と縁戚に当たる陣幕親方(娘が貴乃花親方の息子と結婚)でしょうから、貴乃花親方の志に賛同したのとはちょっと違う感じもします。
一門のなかでの”引き締め”もあったのでしょうけど、貴乃花親方を支持する声が上がらなかったことは私にも意外でした。九重親方(千代大海)や玉ノ井親方(栃東)の動きには注目していたんですけどね…。

この原因として考えられるのはやはり日馬富士事件での貴乃花親方の対応でしょうね。
確かに日馬富士はいき過ぎた指導をしてしまいましたし、なんらかの処罰が必要な事案でしたけど、果たして”廃業”が正しかったのかどうか。
貴乃花親方が視野を広げ、懐深く対応すれば、日馬富士は角界に残ることができ、相撲協会のイメージダウンも軽減したのではないか。
多くの親方がそのように感じていたのではないかと私は推察しています。
貴乃花親方は何事も白黒はっきりさせなくては気がすまない性質のようですが、それではなかなか人間社会は回らないのでしょう。

ただ、私はまだ貴乃花親方にチャンスがないわけでないと思うんです。
今回のあくまで理事”候補”選挙であり、正式に理事が誕生するには評議会で承認を受けなければなりません。
そして今回当選した10人のなかにはそこで拒否されそうな人物がいるではありませんか。
それは春日野親方(栃乃和歌)。
春日野親方は2014年に部屋で起きた兄弟子から弟弟子への傷害事件を事実上隠蔽していたんです。
この事件は刑事裁判となり、加害者は懲役3年・執行猶予4年の判決を受けているのですから、略式起訴で罰金50万円だった日馬富士事件と比べればどれだけ悪質だったかわかります。
しかも、相撲部屋で起きた事件なのですから、監督責任のある春日野親方は理事選に出馬する資格すらないはずです。

また、日馬富士事件の責任を取っていないといえば八角理事長もそうです。
日馬富士事件の一番の問題は、告訴され、警察の捜査対象となっていた力士を土俵に上げたことです。
こうのような反社会的行為は公益法人として絶対に許されませんし、天皇賜杯を争う土俵を汚したという意味でも許されることではありません。
日馬富士を本場所に出場させる最終判断を行ったのは八角理事長のはずですから、大きな責任があるわけです。
八角理事長は3ヶ月分の給与の返上という処分は受けましたけど、日馬富士の師匠である伊勢ケ浜親方や貴乃花親方が理事を辞任・解任されたのに比べればいくらなんでも軽すぎます。

評議員会は社会通念に則った判断をして欲しいものです。
それが大相撲改革の第一歩でしょうよ。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード