FC2ブログ

腐り切った五輪からウイルス発生

ピョンチャン五輪に出場する信州の至宝・小平奈緒が今日2月5日、スピードスケートの会場リンクで練習し、リラックスした表情で氷の感触をしっかり確かめていました。
今季は500mでは負けなしの上、昨季からの連勝は24と盤石。1000mでも世界新記録を打ち立てていますし、”金メダル2個”に向けて期待が大いに高まってきましたね。
信州のヒロインが日本のヒロインになる日もあと少しです。

そんなピョンチャン五輪ですが、気になるニュースが2つありました。
ひとつ目は、五輪の民間警備員などが宿泊する施設での”ノロウイルス”の発生。
症状が現れた31人を4日に隔離し、閉鎖された施設では拡散防止措置が取られたようですが、そこの警備員の一部は選手村の保安を担当していたらしく、出場選手たちへの影響が心配されます。
五輪関連施設でのノロウイルスの発生自体が前代未聞ですけど、仮に選手に感染者が出たら、韓国政府はいったいどうするのでしょう?

ノロウイルスは感染力の強いウイルスですが、衛生管理を徹底すれば、そうは感染が広がらないものです。
特に五輪関連施設ともなれば、神経質なまでに気を使うはずですからね。
ところが韓国では開幕間際にこういうことが起きてしまう。
おそらくは宿泊施設の調理場が発生源でしょうから、そこで働いている人間の意識の低さが原因だと思われます。
韓国という国は以前から飲食店や宿泊施設などが”不衛生”だと知られていますけど、五輪を開催するといっても伝統や風習のようなものは変わらないのでしょう。
五輪を開催する資格があるのか本当に疑問です。

そして気になる2つ目のニュースは”竹島問題”です。
今回の五輪で韓国は北朝鮮との合同入場行進や合同チームを予定し、そこで朝鮮半島が描かれた”統一旗”が使用されると発表されたとき、勘のいいひとはそこに韓国が武力支配する日本の竹島を加えると思ったはずです。
”スポーツは政治利用するもの”という伝統がある韓国なら当たり前のことです。
報道によると、やはり韓国は”竹島入りの統一旗”を作ったものの、IOCから「政治的行為」だと指摘され、公式には使えなくなったそうです。
ロンドン五輪ではサッカー選手が「竹島を韓国のもの」だとするプラカードを掲げて大きな問題になったのに、韓国はそれを忘れているのでしょうか?ちょっと異常ですね。

もちろん、IOCに却下されてもすぐに諦める韓国ではありません。
韓国政府は、観戦者がスタンドでその旗を振ったり、民間団体の行事で使うことは許可したというのです。
4日に行われた女子アイスホッケーの南北合同チームの練習試合では、ユニフォームに描かれた統一旗には竹島はなかったものの、練習着にはちゃっかりプリントしてあるなど姑息なことをしているようですし、五輪本番でも五輪憲章違反がそこかしこで繰り広げられることでしょう。

これに対し日本政府は菅義偉官房長官が外交ルートを使って強く抗議したことを明らかにし、韓国政府に「適切な対応を強く求めてゆく」と不快感いっぱいの会見をしていました。
今回の五輪といえば、慰安婦問題などがあって、隣国だというのに安倍晋三総理は五輪出席を回避する方針だったものの、韓国政府からの強い要請もあって、国際儀礼として、隣国のよしみとして、先月末に開会式への出席を表明していました。
ところが韓国はそういう日本を完全にコケにしているわけです。
常識的にいって、安倍総理は韓国に行ってはなりません。
行けば竹島の実効支配を認めることになります。

本当に史上最低最悪の五輪です。
韓国の腐った性根がウイルスの発生源かもしれませんね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード