FC2ブログ

内親王に恥を欠かせるなど許されない

昨日2月6日(2018年)、突如発表された眞子内親王の結婚行事延期は、国民に大きな衝撃を与えましたが、昨年末から複数の週刊誌でお相手の小室圭さんとその母親にまつわる金銭トラブルが報じられていたので、ああやっぱり…と思われたひとも多いのかもしれません。

眞子内親王のご婚約に関する動きは昨年5月にNHKがスクープし、宮内庁はその時点では「未定」と説明したものの、その後報道が過熱するとともに婚約が既成事実化した9月には宮内庁も「婚約内定」と発表しました。
そうして結婚に向けたスケジュールが決まり、今年3月には結納の儀、そして11月には結婚式という運びだったわけです。

それが結納の儀を間際に控えての延期。
内親王の婚約延期というのは前代未聞といってもいいでしょう。
結婚式は2020年に執り行うという予定だそうですけど、眞子内親王の心中を察すると私も胸が痛みます。
これから約2年もの間、内親王は国民から同情の目を向けられるわけですが、それは晒しものにされるのと同じことです。

このような事態に陥った直接の原因は小室家の杜撰な金銭感覚にあったことは疑いありません。
複数の週刊誌報道によれば、未亡人である小室圭さんの母親は、数年前に結婚を前提としてお付き合いしていた男性から400万円を援助してもらい、それを圭さんの大学入学費や留学費に当てたそうです。
ところが、その後、母親と男性が破局すると、男性側は「お金は貸したものだ」として返却を求めたものの、母親は「もらったものだ」としてそれを拒否したというのです。
小室家側は男性から援助を受けたことについては否定していませんから、お金の流れ自体があったことは事実なのでしょう。
問題はその流れに対する認識というわけです。
(「もらった」とする小室さんの母親は贈与税を支払ったのでしょうか?)

この手の金銭トラブルは我々一般人でもよくあることですし、裁判沙汰も珍しくはありませんが、内親王の降嫁を控えた小室家がことを穏便に処理しなかったことは甚だ疑問です。
援助を受けたのは事実なわけですから、向こうが返せといってきたら、争わずに返却すべきでした。
400万円もの現金ですからすぐに用意できなくても、毎月数万円ずつでも支払うという約束をし、実際そうして誠意を見せておけば男性側もことを荒立てなかったでしょうし、報道が出ても「少しずつ返している」と説明すれば問題はなかったはずです。
それが結婚の延期にまで発展してしまったのですから、小室家の責任は大きいとしかいいようがありません。

ただし、今回の延期については、眞子内親王は「予期せぬ時期に婚約報道がなされました。このことに私たちは困惑いたしました。(中略)当初の予定を大きく前倒しして婚約が内定した旨を発表することにいたしました」とのコメントを出され、金銭問題には触れていませんし、宮内庁もそれが原因であることを否定しています。
内親王と宮内庁の批判の矛先はすっぱ抜いた”NHK”です。
眞子内親王にしたら、自分たちのペースで結婚に向けて話を進めていれば、今回の金銭トラブルも事前に解決できていたのに、という忸怩たる思いもあるのかもしれません。
また、宮内庁もNHKのスクープがなかったら、小室家の”身辺調査”をしっかりすることができたはずです。

しかし、宮内庁は仮に時間がなかったとしても、今回の金銭トラブルをどうにかすべきでした。
小室家にアドバイスをしてもよかったでしょうし、場合によったらお金を貸してもよかったはずです。
宮内庁にだって機密費のようなものはあるでしょうに。
結婚を2年も延期することによって生じる警備費などのコストを考えれば、400万円などは安いものです。
宮内庁は眞子内親王の結婚についてはもっと剛腕を振るうべきです。
この400万円だけではなく、しばしば話題になる小室圭の就職の問題や結婚後のお2人の新居も、宮内庁が用意すればいいんです。

眞子内親王の結婚については、女性宮家創設案や女系天皇論もあって、国民が諸手を挙げて賛成というわけではなかったと思いますが、ことここまで来れば、とにかく内親王に恥を欠かせてはなりません。
宮内庁はそれを一番に考えて行動して欲しいものです。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード