FC2ブログ

団体女子SP これぞ五輪の女子フィギュア

かつては世界的強豪という地位にあった日本フィギュア女子ですが、この2018五輪の個人戦では正直なところ”銅メダル争いができるかどうか”という状況。ロシアの3選手、カナダの2選手、そしてイタリアのコストナーがいるのでFS最終グループに残るのも簡単ではありません。
しかし、ロシアのメドベージェワとザギトワの金銀は固いにしても、銅メダル争いに関してはカナダ2選手は安定感がありませんし、ロシアのソツコワは経験がありませんし、ベテランのコストナーはFSのスタミナに課題があるのもまた事実。
相手の調子や大会でのジャッジ傾向によっては宮原さんや坂本さんにだって十分チャンスはあります。
団体戦はそのいい試金石になるはず。

そうして始まった今日2月11日の団体女子SPですが、まず煌めきを見せたのは今季の全米を制し、この五輪でもダークホース的存在のブレイディ・テネル。3Lz+3T、3Lo、2Aという構成をしっかり揃えて68.94(PCS30.00)のPB。
初の五輪でこの落ち着きは立派なものです。
その落ち着きでいえばホームの声援を受けて登場したチェ・ダビンも冒頭の3Lz+3Tの回転が怪しかったものの大きなミスなく滑り終えて安堵の表情を浮かべていました。重圧が凄そうだけに彼女も立派。
スコアの方も、回転不足を取られず、65.73(28.57)のPBまで伸びて会場も大盛り上がり。
五輪はこれくらいの方がいいですね。

このチェへのジャッジを見る限り、回転不足(UR)に関しては”やや緩め”という傾向か。
これなら宮原さんに有利に働きそう。
…と、思った矢先のコストナーがバランスを崩して微妙な回転になった3F+3TのセカンドにURがついての75.10(38.14)。ちょっとわからなくなってきました。
ちなみにコストナーのコンディションは”上々”という感じ。ベテランだけにしっかり五輪に合わせてきましたね。
メンタルのブレもないでしょうし、銅メダル候補筆頭といっていいかもしれません。

そのメンタルという意味では我らが宮原知子は割と緊張しいなので冒頭の3Lz+3Tが心配でしたけど、バランスの悪くないジャンプ。回転もまずまずといった感じ。
そのあとの3Loもしっかり決め、繋ぎの工夫もより細かくなり、スピンとステップの動きもより完成度が高まっていました。調整はばっちりですね。演技直後にはガッツポーズも出ていました!
…ところがスコアの方は68.95(34.62)という思わぬ低さ。これには日本のキスクラもどんより。
PCSがGPF(35.22)のときと比べてかなり低くなっていますし、なにより3Lz+3Tに両方URがついていたのが手痛かったといっていいでしょう。
確かにちょっと怪しいジャンプでしたけど、チェのジャンプとなにが違うのか私にはわかりません。
しかしまあ、チェは”ホームの笛”でしょうから、宮原さん(やコストナー)へのジャッジがこの大会の”傾向”ということなのでしょう。
我々は個人戦でも覚悟せねばなりませんね…。

なんて思っていたら次のオズモンドは踏み切りのタイミングがずれてエッジも回転も微妙だった3Lzがマイナス判定なしで71.38(36.28)。
3F+3Tもオーバーターンが入って無理やりつけたセカンドはダウングレードでもいいような回転でしたけどUR判定。
この大会ではどうやらカナダにも”ホームアドバンテージ”があるようですね。
宮原さんとのジャッジの差に久しぶりにムカっ腹が立ちました。
個人戦での銅メダルはカナダとイタリアの争いになる、と断言していいかと思います。
私も4年ぶりで忘れていましたけど、どんな大会よりも不可解で汚いのが五輪でしたね!

そして怪我からの回復具合が気になる最終滑走のメドベージェワは18歳とは思えぬ貫録でノーミスの演技。
この大会に競技人生のすべてを賭けていることがわかる迫力でした。
”この大会が終わったら2度とリンクに立てなくなってもいい”、そんな覚悟が演技から溢れていました。
それが演技全体の質や気品を高めていたといっていいでしょう。
私も映像を観ていて背中がぞくっとしました。
それにしてもロシアの女子選手は生き急ぎすぎ…。
スコアも81.06(38.23)のPBかつ世界最高点でしたけど、ジャンプに関していえば踏み切りに力みが強く、
この評価はやり過ぎな気がしますし、個人戦でも不安を残したといっていいかと思います(特にFS)。
なにせライバルはあのザギトワですからね。
(個人的にはメドベを応援しています。)

この結果、1位メドベージェワ、2位コストナー、3位オズモンド、4位宮原さん、5位テネル。
午前中にはダンスの村元哉中&クリス・リードが5位という好結果を叩きだしたこともあって、日本チームは全体5位で決勝(FS)進出!スケ連とメディアが求めるノルマ達成!
ただ、メダルはかなり厳しいので、選手みなさんには調整のつもりで伸び伸び滑って欲しいですね。
がんばれニッポン!
ダーティ五輪に咲く蓮の花になれ!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード