FC2ブログ

本当に実現するのか、米朝首脳会談

「アメリカ本土全域が我々の核攻撃の射程圏内にあり、核のボタンが私の事務室の机の上に常に置かれていること、これは決して威嚇ではなく、現実だということをアメリカははっきりと理解すべきだ」
これは今年2018年1月1日、北朝鮮のキム・ジョンウン委員長が自国民に向けて高らかに述べた新年の辞ですが、それがこの3月になって「核実験や弾道ミサイルの発射実験を自制する」と180度方針転換をしたというのですから、俄かには信じられませんよね。

北朝鮮がピョンチャン五輪に協力したお礼として韓国が北に特使を派遣したのが3月5日。
その特使らがキム委員長から手厚い歓待を受け、南北首脳会談の約束をしてしまったことは韓国得意の先走りとしか思えませんでしたが、そこで北朝鮮が「核とミサイルの放棄」を口にしていたとすれば、韓国の親分であるアメリカもムン大統領の訪朝を止めることはないでしょう。
アメリカが求めているのはまさにそれですからね。

そしてその韓国の特使チョン・ウィヨン国家安保室長は韓国に戻ったかと思うとすぐにアメリカに飛び、8日にホワイトハウスでトランプ大統領と面会。そこでキム委員長との話し合いの内容を逐一報告したようです(もはやどこの国の閣僚かよくわかりませんね)。
そしてそこでチョン室長から、北朝鮮が核・ミサイル実験を自制し、米韓軍事演習を容認することを聞いたトランプ大統領は「米朝会談を計画中だ!」と発表したわけです(5月予定だそうです)。
まさに急転直下としかいいようがありません。

世界中のメディアはこれを大々的に報じたのはもちろん、日本や中国といった関係国も声明を出していましたけど、どこも口では「歓迎」といいつつも、その態度は”困惑”と”懐疑”の色が濃いものでした。
安倍晋三総理は「北朝鮮の変化を評価する。高度な圧力の成果だ」と感想を述べると同時に、4月にも渡米してトランプ大統領と話し合う方針であることを示しました。アメリカの真意を質すと同時に、騙されないよう釘を刺すつもりなのでしょう。
また、北の同盟国である中国もこの事態の変化は想定外だったらしく、緊張緩和を歓迎すると述べつつも米朝の接近を警戒しているようでした。

それにしても北朝鮮は本当に核やミサイルを”放棄”するのでしょうか?
チョン室長によれば、北朝鮮は”アメリカが体制を保証すること”を条件に「朝鮮半島非核化の意思を明確にした」そうですけど、北は過去にも同じことをいってクリントン政権を騙したことがありますよね?
しかもキム委員長は自国民に向けて、アメリカを敵視するような扇動を行い、核兵器の重要性を語ってきたのですから、どうやってこの変化を国民に説明するのでしょう?
さすがの北朝鮮国民も将軍さまが簡単に核を放棄してトランプ大統領と握手するとなれば唖然としちゃいますぜ。

北朝鮮の本気度を計るにはまず核拡散防止条約(NPT)への復帰を待たなくてはなりません。
その後、国際原子力機関(IAEA)による全面的かつ無条件での査察を受け入れるかどうかが第一歩でしょう。
その査察がある程度進むまでは制裁を続けるべきです。
そこを緩めてしまえば歴史はまた繰り返すことになります。
トランプ大統領はツイッターで「非核化が合意に達するまで制裁は維持される」と述べていますけど、合意で制裁を解除してしまえば北の思う壺です。
安倍総理にはそれをしっかりアドバイスして欲しいものです。

騙され続けてきた国として。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード