FC2ブログ

春の香りのはずが

今年2018年の日本列島は3月も10日過ぎから一気に春めいてきて、桜の開花も東京では平年より9日早い3月17日、大阪でも平年より8日早い20日でした。
私の住む長野県でも平年より開花が早くなるという予報が出ています。
ちなみに”春を告げる花”といえば桜がその代表で、アンケートなどでも断トツ1位であり、2位の梅とはダブルスコアになることも多いですけど、私はどちらかというと梅派です。
梅の香りがどこからともなく漂ってくると春を感じます。
桜というのはなんだか春の終わりを感じるんですよね。

そんな春ですが、食卓の方でもいよいよ季節が変わ始めてきました。
野菜でも新タマネギや新ジャガ、春キャベツなんかが小売店で目立ち始めますし、海産物でも新ワカメや新メカブが安くて美味しいです。
そんななかで私の心が浮き立つのはなんといっても”イカ”。
大好物のホタルイカもそうですし、子持ちのヤリイカを見ると、冬が終わったんだなあってつくづく思うんです。
歯ごたえも味も弱々しいんですけど、だからこそ春の味なんですよねえ。

この子持ちヤリイカは醤油で甘辛く煮つけるのが定番なのはもちろん、春野菜と一緒にバターでさっと焼いても美味しいですし、トマトベースのパスタ、それに焼きそばなんかにもバッチリです。
小売店ではボイルしたのをサラダの具にするのを勧めていました。オリーブオイルとレモンでさっぱり仕上げるのがいいですね。
このように手を変え品を変えれば毎日でも飽きません。
軽い味のイカを使ったこざっぱりした料理、これで春を満喫です!

…なんて思っていた今日3月21日、春分の日だというのに本州はまさかの寒波到来。
関東甲信越の一部地域では数十センチの積雪があったというのですからまさに季節外れです。
私の住む長野市も暴風のなか霙雨が降ったり、時間帯によっては小雪が舞ったりしていたので、私も今日は家に閉じこもりきりでした(長野パルセイロのホーム開幕戦はテレビ観戦。今季初勝利!)。

すると相方が「寒い寒い、腹減った、なんかあったかいものが食べたい」などと春を忘れたように騒ぎ始め、しまいには「担々麺がいい!」などとめちゃくちゃな要求をし始めたんです。
悪天候のなか外食はしたくなかったので、家でなんとかしなくてはならないわけですが、戸棚を探すとインスタントの袋麺はあったものの、それは〈ラ王〉の味噌味でした。
これにゴマペーストでも入れればそれらしくなるかもしれませんが、あいにくそんなものはありませんし、お店でも代用されるピーナッツペーストもなし。
これは万事休すか…。
しかし、それでも相方は担々麺がいいといい張りますし、私もなんとなく口が担々麺になってきてしまったので、ここは頭を使うしかありません。

そこで目を付けたのが買い置きの新ジャガ。
そのすりおろしをお湯で煮て、とろみがついてきたところに豆板醤と牛乳を少々加え、そこに付属のスープの素を投下。
それを丼に盛った麺にかけ、その上から摺りゴマと粉唐辛子、四川山椒を散らし、具はみじん切りにしたネギとハムとカニカマ。
ありあわせの材料でしたけど、このなんちゃって担々麺はかなり完成度が高かったです。自画自賛したいレベルでした。
今後は我が家の定番になりそうです。

…しかし、この新ジャガの使い方はまったく春の香りがしません!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード