FC2ブログ

2018アジア杯、未来が明るくなってきた準決勝

GSを突破し、W杯出場権を獲得したなでしこジャパンの次の目標は、もちろん2018アジア杯制覇。
その最初の関門たる準決勝の相手は”古豪”中国女子。
このところ力が落ちてきているとはいえ、得意の肉弾サッカーが勢いづけばまだまだ怖い存在です。
リオ五輪予選では苦杯をなめさせらましたしね…。

4月18日、日本時間午前2時に始まったこの試合のなでしこのスタメンは、今大会初出場のGK池田咲紀子とCB三宅史織を含め前の試合から5人を代える、いわゆるターンオーバー。
4バックが有吉佐織・三宅・熊谷紗希・清水梨紗、中盤が長谷川唯・宇津木瑠美・隅田凜・中島依美、FWに増矢理花と岩渕真奈。

高倉麻子監督が常々「このチームは控えが出ても力が変わらない」といっているように、なでしこは立ち上がりから攻勢に出て、サイドからの攻撃や細かいパス交換で相手を押し込み、ペースを完全に握ります。
しかし、なかなかゴールをこじ開けられないまま時間が進み、ちょっと嫌な感じで前半が終わりかけた39分、ボランチの隅田凜からの縦パスを受けた岩渕真奈が華麗なターンから軽やかなステップで相手DFをかわすと左足でズドン!何度も動画再生されそうなスーパーゴールで日本先制!

こうしていいムードで前半を終えたなでしこですが、後半は立ち上がりから中国がギアを挙げてきて苦しい展開。
中国の野性味あふれるキック&ラッシュは試合を観る側も疲れるそうになるくらいですから、ピッチのなでしこたちは拷問のようだったことでしょう。
ただ、明けない夜はない。
後半25分を過ぎたあたりからはさしもの中国女子もスタミナが切れてきて、なでしこの時間帯…といいたいろこですけど、なでしこたちも同じくらい疲弊。
今大会は中2日、中3日の強行日程ですからこうなるのも仕方ありません。

そうなれば大事なのは交代カード。
高倉監督は28分に長谷川唯に代えて横山久美を投入すると、その横山が40分に左サイドの”よこちゃんゾーン”から思い切りのいいミドル!これがネットに突き刺さり、貴重なダメ押しゴール!
このときのなでしこたちの笑顔と、中国女子のがっくりきた表情の対比といったら例えようがありません。

押せ押せの日本はそこからも攻め手を緩めず、43分にPKを奪取するとこれを横山が決めて3-0!
横山はそのすぐ後にちょっと雑な守備で中国にPKを与え、3-1に迫られるきっかけを与えるなど、終盤はよこちゃん劇場でしたね。
これで復調してくれたら嬉しいです。

こうして見事な試合運びで中国を下し、なでしこジャパンの決勝進出が決定!
ここのところずーっと得点力不足が課題だったなでしこですが、前線で岩渕が自由自在に動く”マナドーナ・システム”が確立されつつあることで、相手にかなりの脅威を与えられるようになってきました。
岩渕の調子に左右されるシステムですから、そこはやや不安ですが、この大会の岩渕はかなりキレているので決勝もやってくるでしょう。
また、長谷川や隅田、清水(今大会のシンデレラガールかも)といった若手が大会中に成長し、チーム力を底上げしてくれているのも頼もしい限りです。
なでしこもようやく世代交代し、低迷期間からも抜け出しそうですね。

そして21日の決勝戦の相手は”ライバル”オーストラリア。
GSではもったいない引き分けでしたから今度はすっきり勝ってアジア女王を掴み取りたいですね。
未来が明るくなってきたなでしこジャパンをメディアももっと取り上げてください!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード