FC2ブログ

日大アメフト部の悪質タックル問題の行方

サッカーでは、パスを出した後の無防備な選手へ相手が激しく当たることを〈アフターチャージ〉といって、それが悪質なものならば一発レッドカードも有りうるわけですが、同じフットボール仲間のアメフトではそういうルールはないのでしょうか?

最近巷を騒がしている日大アメフト部員の悪質なアフターチャージ、アメフトでは〈レイトヒット〉ですけど、そのタックルの映像を確認すると、スポーツとは思えぬ暴力性に鳥肌が立ちます。
出したパスが失敗したとわかった相手クォーターバックの身体が弛緩したところに、背後から激しいタックルをかますというのは、反則ではなく犯罪にしか見えません。
タックルを食らった選手はタンカで運ばれてそのまま病院送りというのですから、事故ではなく故意ならば傷害事件ですよね。
(※2018年5月6日、東京のアミノバイタルフィールドでの試合。)

私はこれで一発退場になるかと思ったんですけど、そうではなく、当該選手が同じようなファウルを計3度やってようやくピッチから追い出されたというのですから、審判の裁定もわけがわかりません。
アメフトでも酷い反則をした際は退場処分(資格没収)というルールがあるはずです。
この試合は日本大学と関西学院大学による”対抗戦”とのことで、公式戦ではないため少々甘い判定だったのでしょうか?
報道では審判の話は伝わってこないので、ぜひ知りたいところです。

また、日大のコーチ陣も当該選手がピッチを下がる際、とくに咎めたり注意したりする様子もなく、ヘッドコーチ(監督)も試合後に「あれくらいやらないと勝てない」とかいっちゃうんですから、コーチから選手への指示、もしくは無言の圧力があったとしか考えられません。
コーチ陣がスポーツマンシップを欠片でも持っていたら、最初の悪質タックルの段階で当該選手をベンチに下げるはずです。
下げないということは、選手に”そのプレイを繰り返せ”というメッセージを送っているのと同じことです。
日大としては”当たり前のプレイ”ということなのでしょう。

しかし、この悪質タックルがメディアで批判的に扱われ、関西学院の方も日大に厳重抗議し、スポーツ庁の鈴木大地長官までもが乗り出してくると、日大は大慌てで「偶発的なアクシデント」「ヘッドコーチ(監督)の指示ではない」と子供のような言い逃れをし始めるのですから情けない限りです。
しかも今日16日になると、日大は「選手からの聞き取りをしたところ、監督からの指示はない」と広報し、当該選手は退部の意向だというのです。
これは絵に描いたような”トカゲの尻尾切り”ですぜ。

監督からの指示があったとすれば、これは大学アメフトの価値を揺るがしかねないスキャンダルですし、ここは日本アメフト協会が第三者委員会を作るなどして、徹底解明に当たるべきです。スポーツ庁が介入してもいいかもしれません。
日大による内部調査などなんの意味もありませんからね。

そして、もっと大事なのは、こういう”監督からの指示”が他の大学や社会人チームではないのか、ということです。
ようするに、日大だけの問題なのか、日本のアメフト全体の問題なのか、ということです。
今回の騒動を説明するためにメディアに出てくるアメフト関係者は”アメフトのイメージを守ろう”と躍起になっているだけに、問題を矮小化しようとしているようにも見えます。
日大だけのせいにしたら、それもトカゲの尻尾切りですよね。

問題を厳しく追及しているように見せかけて、尻尾にタックルをして本体を逃がすような真似をしないかどうか、日本のアメフトは分水嶺に立っているような気がします。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード