FC2ブログ

西野ジャパン、メンバー発表で見えてきた常識破り

せっかくのW杯イヤーだというのに監督交代ばかりに注目が集まっているサッカー日本代表ですが、2018ロシア大会まで1ヶ月を切った今日5月18日、西野明”新”監督から壮行試合のメンバー27人が発表されました。

GK=川島永嗣 東口順昭 中村航輔

DF=酒井宏樹 酒井高徳 長友佑都 槙野智章 植田直通 昌子源 遠藤航 吉田麻也

MF(守備寄り)=長谷部誠 三竿健斗 山口蛍 青山敏弘 井手口陽介 大島僚太 柴崎岳

MF(攻撃寄り)原口元気 宇佐美貴史 香川真司 乾貴士 本田圭佑

FW=大迫勇也 岡崎慎司 浅野拓磨 武藤嘉紀

常識的にいえば、ここから23人に絞られ、それが栄えあるW杯メンバーになるわけですし、逆にいえばこの27人に入っていない選手はW杯の夢が破れたということになります。
ただ、過去にあった”悲劇の落選”みたいなものは今回はまだありません。
最終予選を勝ち抜いたハリルジャパンのレギュラーメンバーは全て選ばれていますし、岡崎や武藤など欧州クラブでそこそこ試合に出ているのにハリルに冷遇されていた選手が入っていたり、不調や怪我であまり試合に出ていない柴崎や香川といった人気選手もちゃっかり名を連ねています。
(※久保裕也はクラブの試合が月末まで残っていることを理由に選考外にしたと言及していましたから、実質28人目のメンバー)。

もちろん怪我による不運の落選もあって、西野監督も今野泰幸や小林悠の名前を挙げていましたし、清武弘嗣と杉本健勇のセレッソコンビも怪我がなければこの27人には選ばれていたのではないでしょうか。
ハリルジャパンの1トップは大迫がレギュラーで、控えの座を杉本と小林で争っていただけに、その2人とも欠けたのはかなりの痛手だと思います。

そして、唯一の予想外の落選であり、多くの代表ファンが驚いたのは”中島翔哉”の名前がなかったことでしょう。
春の欧州遠征で、停滞するハリルジャパンにおいて、希望を感じさせてくれたのは中島だけでしたからね。
W杯でも切り札になると思っていたひとは多いはずです。
その落選の理由について西野監督は「ポリバレントではない」、つまり”複数の役割をこなせない”と断じていましたが、中島はクラブで攻撃的な選手として”左も右も真ん中”もやっていますから、複数ポジションができないわけではありません。
ただ、代表ではわずか2試合しか出場しておらず、その両方とも左サイドでしたから、W杯までの残り少ない期間では複数ポジションを試せないということでしょうか?
私は中島の可能性に賭けるべきだと思いますけど…。

この中島の落選のように、今回の27人を見渡してわかりやすいのは、代表キャップ数が5試合に満たないのは大島と三竿くらいで、あとは代表経験が豊富ということです。
西野ジャパンはここからの3週間ほどでチームを作ってゆかねばならず、そういうチョイスになったのでしょう。
そもそもシステム(フォーメーション)すらわからないのですからね。
一部サッカー解説者は、「西野監督はシステムありきではなく選手ありきでチームを作るのではないか」と予想していますが、私もそれに同意します。時間がないなかではそれが一番でしょう。
さらにいえば、この6年ほどの代表チームでやっていないシステムは採用しないと思います。
”ザックジャパンとハリルジャパンのいいことどり”みたいな感じになるんじゃないでしょうか。
局面でのディエルは激しく、攻守の切り替えは素早く、それでいて攻撃は縦一辺倒にならず、細かくボールを繋いでの崩しも使うみたいな感じで(いうは易し)。

ハリルホジッチが解任されたのは、「選手とのコミュニケーション不足」(田嶋幸三会長談)とのことでしたけど、これはつまり”有力選手たちが気持ちよくプレイできなかった”ということに他なりません。
ですから、逆にいえば西野監督の仕事は”有力選手たちに気持ちよくプレイさせること”なのでしょう。
”勝つためのサッカー”や”相手チームが嫌がるサッカー”なんかクソくらえ!って感じですかね。

それで本番で結果を出したら本当に凄いとしかいいようがありません。
いままでの日本代表の常識と積み上げてきた歴史が完全に覆ります。
ドキドキワクワクが止まりません。
とりあえず30日のガーナ戦に注目ですね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード