FC2ブログ

平成30年夏場所の光と影

昨日、千秋楽を迎えた平成30年夏場所は、横綱・鶴竜の堂々たる連覇と、大関取りを決定づける関脇・栃ノ心の13勝があって、笑顔の多い場所でしたけど、勝負には光と影があるもので、寂しい話題もありました。
怪我や病気のため、十両で相撲を取っていた元大関・照富士の幕下陥落が決定的になってしまったんです。
大関が幕下に落ちるのは史上初のことなので、誰もが”引退”の二文字を想像するところです。
ところが、照富士と伊勢ヶ浜親方は引退を否定し、どうやら現役を続けるみたいです。
こうなればじっくり休んで体を治して欲しいですね。

それにしても、負け続けた際の大相撲番付の転落の速いこと。
”大関”照富士は昨年の3月場所で13勝で優勝決定戦に進んでの準優勝、5月場所も12勝を挙げ、いよいよ綱取りかと思われたものの、7月場所は膝の古傷が悪化してわずか1勝5敗9休、角番で迎えた秋場所も1勝5敗9休みで大関陥落。
11月場所は5敗10休で関脇の座から滑り落ち、年が明けての初場所は8敗7休で十両へ。
そして3月場所では6勝9敗で負け越し、この夏場所では9敗6休で関取の地位を手放すことになってしまったわけです。
1年前は大関だったのが信じられません。

もっとも、照富士はまだ26歳(91年11月生まれ)ですから、また幕内に戻ってくる可能性もあると思います。
いま活躍中の栃ノ心だって、同じ26歳のときに膝の怪我で幕下に落ち、そこから這い上がって大関を確実にしたんですからね。
照富士が第2のサクセスストーリーを描いたって不思議ではありません。
大相撲は勝ちさえすればまた番付を上げられるんです。
再チャレンジが出来る実力社会です。
だからこそ面白いんです。

ただ、その実力社会も、頂点を極めると、その秩序の外に立場が置かれるのもまた大相撲です。
よく知られているように、横綱という地位はいくら負けてもいくら休んでも番付けが下がりません。
昨年の3月場所で照富士と優勝を争った横綱・稀勢の里は、その後7場所連続休場(全休3)という最多連続休場タイ記録を更新中ですけど、その地位はまったく揺るがないわけです。
照富士が来場所から大銀杏も結えず、黒の木綿廻しで相撲を取ると思うと、あまりの格差に愕然とします。

稀勢の里の来場所への出場はいまのところ判然としませんが、横綱審議委員会は出場勧告をするつもりも引退勧告をするつもりもないとのことです。
私はこれには甚だ疑問を感じています。
横綱には休場の制限がないとはいえ、7場所や8場所となれば1年以上になってしまうわけですから、さすがにどうかと思います。
貴乃花が7場所連続全休した際の横綱審議委員会は出場勧告をしたのですから、そのときと対応が違うのも”伝統を貴ぶ”大相撲として齟齬があるのではないでしょうか。
ここでなんの勧告も出来ないようならば、横綱審議委員会の存在意義が問われるというものです。

稀勢の里は来場所なにがなんでも出場し、10勝以上挙げられなければ引退。
それが潔さですし、名誉も守られるというものです。
恥という言葉を知っていれば、浴衣姿の照富士の前を、結城紬の着物で歩けませんよ。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード