FC2ブログ

ロシアW杯直前強化試合スイス戦を終えて

W杯前の合宿中に行われる強化試合では本番での希望や可能性を出来る限り多く見たいものですが、この6月9日(2018年)のスイス戦ではそれがどれくらいあったでしょう?
辛口なひとは「ゼロ」というかもしれませんが、ポジティブなひとは「わずかながらあった」と評価するかもしれません。
私はどちらかといえば後者です。
ザックジャパンのときもやっていた4-2-3-1にある程度の目途が立ち、怪我からの回復具合が気になる乾貴士と酒井宏樹が実戦で使えることがわかったのは間違いなく収穫です。
しかし、悲しいかな、それは上積みではありません。
戦力を再確認しただけのことなんですよね…。

そして結果は0-2での敗戦。
失点の仕方も、最初のは右サイドを破られ、ゴールに迫ってくる相手をファウルで止めてのPKで先制されるというよく見るパターン。
2失点目は日本が前掛かりになっていた後半、自分たちのCKから相手にボールが渡った際のディフェンスが甘く、簡単にカウンターに入られての追加点。
起点となったところから誰も厳しくチェックにいけないままあれよあれよとゴールを奪われる脆さには唖然とさせられますが、これもまた悪い意味での日本らしさでしょうか。
また攻撃の方でも決定機も少ないまま、後半途中からスイスが”試合を流した”にもかかわらず攻めきれなかったのは、無力感のみを残すばかりでした。

ハリルホジッチ前監督をW杯直前に解任するという奇手を打った日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「勝つ可能性を1%でも上げるため」と説明していました。
しかし西野朗新監督が就任し、ガーナ戦の0-2に続いての2連敗。
得点の匂いもせず、守備も緩いだけに、その言葉は本当に空虚です。
西野ジャパンへ向けられた世論の声とメディアの論調はとても厳しいものがありますが、それは田嶋会長に向けられるべきです。

ただし、一部の世論やメディアのなかにある「ハリルの方がずっと良かった」「ハリルならば違った」という心理学でいう記憶の美化にすぎません。
いまの代表の”停滞感”というのはハリル時代から継続しているものです。
最終予選後、海外組を加えたフル代表のハリルジャパンの親善試合でいうと、その戦績は1勝2分3敗でしたが、勝てた相手はランク120位のニュージーランドのみで、85位のハイチと67位のマリにも引き分けだったのですから、かなりの酷いものです。
(※ランクはハリルが解任された当時。日本は55位。)
”このままでW杯本番は本当に大丈夫なのか?”そういう不安が日本全体を覆っていたといっていいでしょう。
そんなハリルが仮に続投していても、ガーナ戦とスイス戦は2連敗していた可能性が高かったはずです。
逃がした魚は大きく、別れた恋人は素敵に見えるものです。

西野ジャパンとそれを応援する我々がするべきは、敗戦のなかからわずかでも希望や可能性を見出すことです。
選手選考も終わったいま、出来ることは少なく、システムと選手起用でどうにかするしかありません。

2010年南アフリカ大会でも、岡田ジャパンはいまの代表と同じような停滞感に包まれたまま直前合宿に入り、強化試合も2連敗でした。
しかしそこからチームをがらりと変える賭けに出て、見事本番で結果を出したのです。
そこでは本田圭佑の1トップと阿部勇樹のアンカーがいまだに勝因として語られるところですが、忘れてはならないのが大久保嘉人と松井大輔の両ウィングです。
この2人が激しく上下動し、攻守に渡って奮闘したからこそ、チームは活性化したのです。
両ウィングを同時起用したのは本番が初めてでした。

今回の代表に置き換えると、そこには宇佐美貴史と原口元気がいます。
このスイス戦では宇佐美が左、原口が右に陣取っていました。
私は本番ではこの2人がキーになると思っています。
いまの停滞感を打ち破るとしたらこの2人しかいません。
この2人は同じクラブでプレイしていますが、ポジションの左右はこれと逆なので、代表でもクラブと同じにすべきです。原口が右だとその良さが半分しか出せません。

いまの代表はベテラン選手が多く、戦力の底が見えている状態であり、伸びしろも可能性も感じられません。
そんななか、まだ底が見えていないのが原口の狂気と宇佐美の天才性なんです。
大久保と松井も狂気と天才のコンビでした。
私ならそこに賭けます。いや賭けるしかないんです。

そういえば原口も宇佐美もハリルが特に目をかけていたハリルチルドレンでした。
戦術家として知られ、自ら「本番に強い」と豪語していたハリルの賭けもこの2人だったかもしれません。
…おっと、私もハリルを美化しているようですね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード