FC2ブログ

大谷翔平選手、早くも決断のとき

6月6日(日本時間7日)、5勝目をかけて先発のマウンドに立ったLAエンゼルスの大谷翔平投手ですが、安定しない内容のままなんとか1失点に抑えていたものの、「指にマメが出来た」との理由で5回の頭に降板。
マメでの降板は今季2度目ですし、日本時代も何度かあったので”持病”といっていいでしょう。
二刀流でバッターの練習もするのでマメができやすいのかもしれません。
いずれにせよなにか対策をしないと、今後の投手成績にも影響してしまいます。
我々素人は”たかがマメ”と思いがちですけど、日本時代はマメを潰して2ヶ月ほども先発できなかったのですから、かなり厄介なのでしょう。

…ですが、やはり”たかがマメ”、またすぐ投げられるだろうと多くにひとが嵩をくくっていたに違いありません。
ところが、8日になると、球団の方から「右肘の内側側副靱帯の損傷により、10日間の故障者リストに入る」との発表があって、日本のメディアと野球ファンは騒然。
追加の情報では損傷具合はグレード2とのことで、これはPRP注射(保存療法)で対処する場合もあればトミー・ジョン手術をする場合もあるという割とよくない状態です。
大谷投手は3週間後に再検査を受け、その段階で今後どうするか決めるようです。
(※PRP注射は自分の血小板から精製した成分を患部に注射し、靭帯を補強する治療方法。田中将大投手や菅野智之投手もこれを選択しています。)

大谷投手の肘といえば、エンゼルスに入団する際、日本時代にもPRP注射を打っていたことが明らかにされましたけど、日本では肘の痛みによる離脱はなかったので、多くのひとがさして気にしていなかったはずです。
なにしろ大谷投手といえば、酷使をしない花巻東高校出身ですし、北海道ファイターズに入団後も登板間隔は中6日以上で球数も制限し、状態が悪ければローテーションを飛ばすという、かなりセンシティブな扱いでしたから、靭帯損傷とは縁遠いように思われていたわけです。
(ファイターズとすれば”怪我をさせずにメジャーに売却する”というのが最大のミッションだったのでしょう。)

そうして今年2018年からメジャーにやってきた大谷投手ですが、エンゼルスはファイターズから〈大谷マニュアル〉とやらいうものを譲り受けていたらしく、起用もそれに沿ったものとなっていたばかりではなく、メジャーのレベルを考慮したのか、球数も”100球以下”に厳しく管理されていました(1試合だけ110球)。
メジャーの先発は中4日の100球が基本ですから、かなり緩やかといっていいでしょう。
マイク・ソーシア監督は、大谷投手という類稀な才能を掌中の珠のように扱い、調子が悪ければすぐに降板させ、休養もたっぷりと取らせてくれました。
そんな状況で、まさか靭帯をやるとは…。

ただ、メジャーでの大谷投手は、レベルの高い打者相手に、日本時代以上に力を込めたファストボール(フォーシーム)を投げ、肘に悪いとされるスプリットの数も増えていましたから、危険な兆候はあったわけです。
ペドロ・マルティネス(現解説者の伝説的投手)などは4月の段階で「このままでは夏頃に肘が壊れる」と指摘していましたし、Aロッド(現解説者の伝説的打者)も「二刀流を続ければ夏頃には肘に痛みが出るだろうし、打撃の状態も大変になる」と不安視していました。
それに比べて日本の解説者の多くは大谷選手を礼賛するだけで、メディアと一緒にお祭り騒ぎをしていたのですから情けない限りです。
心配していたのは大魔神佐々木くらいじゃないでしょうか。

損傷具合はまだ判然としないので、今後の大谷選手がどういう選択をするのかはまだわかりませんが、手術をすれば復帰までに1年半かかりますし、PRP注射による保存治療を行ったとしても、いままでのように160キロのファストボールを連投し、困ったときにはスプリットに頼るという投球パターンは難しくなると思われます。
また、右投げ左打ちの大谷選手にとって”右肘”の損傷はバッティングにも悪影響があると一部解説者が分析しているので、バッティングフォームも再構築しなければいけないかもしれません。
(ひょっとすると打者もしているから肘を痛めやすかったのかもしれませんね。)

大谷選手はセンセーショナルなデビューを飾り、4月は好調だったものの、5月に入ると投打ともに精彩を欠き、表情にも疲れが滲んでいました。
おそらく肘の怪我がなくても、シーズンのどこかでちょっとした休暇を取っていたのではないでしょうか。
メジャーでの二刀流はやはり厳しかったといわざるを得ません。
そうして靭帯の損傷が発覚したいま、二刀流は事実上の終焉を迎えました。
予想より早くどちらかひとつに絞る決断のときがやってきたわけです。

ただし、絶望する必要は微塵もありません。
二刀流でなくたって大谷選手は投手としても野手としても素晴らしい才能を持っているんです。
肘をしっかり治療すれば先発投手として復帰できるでしょうし、野手としても一から守備(外野)を学んでゆけば5ツールプレイヤーにだってなれると思います。
ただ、いずれにせよちょっと時間がかかるのは間違いありません。

本当のファンならばここが応援のしどころです。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード