FC2ブログ

ロシアW杯開幕、アジア勢に学ぶ

6月14日、ついに開幕した2018W杯ロシア大会ですが、その開幕戦では開催国ロシアがサウジアラビアを5-0と粉砕。
ロシア代表はテストマッチで結果を出せず、FIFAランクも70位と出場国中最低だっただけに、ロシア国内ではW杯への盛り上がりがいまひとつだったものの、この勝利で雰囲気は一変したそうです。
大会全体にとっては価値ある一勝だったかもしれませんね。
(※開催国は予選に出場しないのでポイントを稼ぎにくく、ランキングが上がりにくい傾向にあります。)

ただ、サウジアラビア代表にとって、この「恥ずかしい負け」(ピッツィ監督)は、王子がわざわざロシアに観戦に出向いていたこともあって、大きな事件となり、国のスポーツ課が3選手に「罰を与える」という異例の事態となっているようです。
どんな罰なのかはわかりませんが、あと2試合残っているというのに、そんなことをしていては選手のモチベーションもガタ落ちしてしまいますよね。
サウジアラビア代表が国際大会でなかなか活躍できないのは、国のこういう異常な対応のせいなのかもしれません。

そしてまた、このサウジの大敗に衝撃を受けたのが日本代表です。
最終予選で鎬を削ったサウジ(1勝1敗)がいいところなく撃沈したのを見て、昌子源は「サウジらしくないミスが目立った。W杯という舞台がそうさせたのだろう」と分析し、武藤嘉紀は「サウジは開幕戦の雰囲気に呑まれてしまっていた。自分たちはそうなってはならない」と気を引き締めていました。
日本のサポーターやファンからしてもサウジの大敗は他人ごとではありません。
”アジアのレベル”が不安になりますし、”明日は我が身”と思えば背筋が寒くなってきます。
なにしろ日本の初戦の相手は強豪コロンビアなのですからね…。

今回のサウジの浮足立った感じは4年前のコートジボワール戦での日本代表を思い起こさせます。
ドログバが登場したときにチームの何人かが怯えたようになってゲームが終わってしまったあの試合です。
あれを繰り返してはなりません。
武藤は「誰かが勢いのあるプレーや勇気あるプレーを出すことによってチームが活性化する。全員がポジティブに頭を働かせなくてはいけない」と語っていましたけど、その通りでしょう。
気迫と勇気が大切です。

その意味でいえば翌15日のイラン代表はお見事でした。
出場国でも攻撃力はトップクラスといわれるモロッコ相手に、序盤はサンドバッグ状態で猛烈に押し込まれたものの、気迫と集中力で凌ぎ切り、その後は徐々にペースを掴んで互角の展開に持ち込むと、後半アディショナルタイムにセットプレイから相手オウンゴールを誘発しての勝利!
イランはアメリカからの経済制裁があって代表チームも色々難儀をしていますけど、そのなかで勝ち取ったW杯での1勝は国民全体の喜びとなったことでしょう。
試合内容も本当に素晴らしく、相手のモロッコもそうでしたけど、サッカーのレベルが高いだけではなく、勝利に向かって臆することなく突き進んでいった姿は、国や民族を超えて、世界中のあらゆるひとたちにスポーツの興奮と歓喜を届けたに違いありません。
この試合を観たひとはイランとモロッコに敬意を持ったはずです。
W杯という大舞台で、そんな戦いができた両国が本当に羨ましい。

また、今日16日はオーストラリアが優勝候補のフランス相手に1-2で敗れたものの善戦し、最後まで諦めない姿勢を見せていました。
4-4-2で蓋をするオージーの守備はやっぱり堅固ですね。
イランもそうでしたけど、球際で激しく競り合い、集中して守り、セットプレイで仕留める(オージーの1点もセットプレイからのPK奪取)というのが格上を相手にした試合の常道です。
日本も”戦える選手”、フィジカル的にも精神的にも強い選手をピッチに送り出さねばなりません。

アジアのライバルたちが教訓と勇気を与えてくれたのですから、日本も世界を驚かせようではありませんか。
ウダーチ、ヤポーニヤ!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード