FC2ブログ

ロシアW杯 番狂わせの波が来ている!

GLから予測を上回る白熱の戦いが繰り広げられている2018W杯ロシア大会ですが、昨日6月17日はメキシコがドイツを1-0で下し、スイスがブラジルと1-1で引き分けるという波乱の一日でした。
特にメキシコは過去W杯でドイツに勝ったことがなく、ドイツも初戦で敗れるのは36年ぶりというのですから、世界のサッカーシーンに衝撃を与えたといっていいでしょう。
ちなみに、大会4日目までにFIFAランキング上位7国の”ポット1”のうち白星スタートを切ったのはフランスだけ。
近年の代表戦は「各国の実力差が縮まっている」とよくいわれますが、コンディションを整え、戦術を徹底し、厳しくディエルすれば、格下にもチャンスがあるということです。
我々日本としてもアイスランドやメキシコの健闘には大いに勇気づけられますよね。

ただ、我々に不安があるとすれば、西野ジャパンの戦術が見えてこないことです。
西野朗新監督の電撃就任からテストマッチを3試合行ったものの、基本となるシステムもスタメンもまったくわからないんです。
初戦黒星のチームのGL突破率は30%以下といわれるなかで、日本が初戦で当たるコロンビアはポット2ながらその実力はグループHナンバー1と目されてるだけではなく、日本にとっては4年前のブラジル大会で1-4で惨敗した苦い記憶がある相手です。
そのコロンビア戦をどうやって”引き分け以上”で乗り切るのか、西野監督の手腕に全てがかかっているといっても過言ではありません。

そうして連日非公開で練習を行っている西野ジャパンですが、各報道機関が”チーム関係者”なる人物から聞き取った話では、「トップ下は香川」「本田もあり得る」「宇佐美先発、乾ジョーカー」「乾先発が有力」「柴崎と昌司が揃って先発」「槙野セットプレイを確認」などと、やや情報が入り乱れているものの、どうやらシステムは4-2-3-1が有力みたいです。
(※西野ジャパンはその全容が見えないのが我々には不安ですが、それは同時にコロンビアにとっては不気味なわけですから、情報を漏らす”チーム関係差者”とやらはとんでもない裏切り者のような気もしますよね…。)

ただ、これが私にはちょっと信じられないんです。
コロンビア戦は守備に回る時間帯が増えるのは確実で、そのときの日本はブロックを敷いて耐え凌ぎ、チャンスがあればカウンターを狙うという戦術になるはずです。そうなればトップ下など必要ありません。
私は4-3-3(ブロックを作るときは4-1-4-1になる)を予想していました。
ハリルジャパン時代の昨年11月の欧州遠征、ベルギーとブラジルという”格上”と戦ったときが4-3-3でしたし、選手もこれがやりやすいのではないでしょうか。

テストマッチや報道から類推する私の予想スタメンは、

 宇佐美 大迫 原口
 柴崎 長谷部 山口
長友 槙野 吉田 酒井宏
      川島

になりますが、個人的なチョイスは、

 原口 大迫 武藤(or本田)
 柴崎 長谷部 山口
長友 昌司 吉田 酒井宏
     川島

です。右サイドの武藤はパラグアイ戦で使えることがわかったのでどうしても期待してしまいます。スピードがあってアグレッシブですからね。
また、今大会はセットプレイが勝敗分けた試合が多いので、左足でプレースキックを蹴れる本田も捨てがたいです。あまり走れませんが走るのは原口に任せましょう。
テストマッチのパラグアイ戦で活躍して脚光を浴びる乾や香川ですが、その攻撃力はビハインドになった際の試合終盤にこそ使うべきだ思っています。この2人がスタメンだと守備時のミスマッチが起こりやすくなりますしね。長友を含めて170cmが3人もいるのはかなり危険です…。

とにかく西野監督には”勝ち点1以上”を拾うためのベストな選択をしてもらって、選手たちはそれを信じて一丸となってコロンビアに挑んで欲しいものです。
アイスランドやメキシコは本当に一体感がありました。
それは組織が有機的に連動しているというよりも、魂が同じ方向を向いていたといった方が正しいように思います。

我々も番狂わせの波に乗りましょう!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード