FC2ブログ

ロシアW杯コロンビア戦 大迫半端ない!(前)

乗りましたねえ、乗っちゃいましたねえ、ビッグウェイブに!
ここまで番狂わせの波が来ていた2018W杯ロシア大会ですが、我々の西野ジャパンは大会随一のそれ、いわゆる大番狂わせを演じてくれました!
相手は南米の雄コロンビア。ランクは向こうが16位でこちらが61位だったこともあり、戦前の予想は圧倒的にコロンビア有利、そのなかで日本が2-1の勝利をおさめたのですから世界に衝撃を与えたといっていいでしょう。

その6月19日の試合ですが、西野朗監督が送り出したスタメンと布陣は、

      大迫勇也
  乾貴士 香川真司 原口元気
    長谷部誠 柴崎岳
長友佑都 昌司源 吉田麻也 酒井宏樹
      川島永嗣

トップ下を置いた4-3-2-1というだけではなく、人選も攻撃的。格上のコロンビア相手ということで守備的に来るかとも思われましたが意外でした。コロンビアのぺケルマン監督も多少面食らったのではないでしょうか。
ガンバ大阪時代に”超攻撃的サッカー”を標榜していた西野監督らしく、カミカゼサッカーで勝負に出たというわけです。

この日のコロンビアはエースのハメス・ロドリゲスがベンチスタートになったとはいえ、ファルカオやクアドラードといったワールドクラスは要警戒でしたし、他の面子もレベルが高いのはもうわかっていることです。なにしろ4年前のザックジャパンは1-4で敗れているのですからね…。
しかし、ゲームは互いに初戦ということもあって、緊張感のある立ち上がりとなり、ぎこちなさすら感じさせます。
日本の選手たちも西野監督の攻撃的方針をすんなりと受け入れられないようでした。
コロンビアが怖くないといったら嘘になります。

ところが、そこにひとり、恐れを知らぬ勇者がいた。
その名も大迫勇也!名前の通り!
開始3分、中央の香川から浮き球のアバウトなパスが送られると、大迫は相手DFと競り合いながらそれを上手く懐に収め、上手い体の動きでスルリとDFを外すと、GKと1対1、そこから思い切ったシュート!
これはGKに防がれるも、勢いよく詰めてきた香川がこぼれ球をシュート!
しかし、これも相手MFカルロス・サンチェスのブロックで弾かれた…、かと思われたものの、弾いたのは右腕!
審判の判定はPKの上、C・サンチェスは一発レッドで退場!

試合後、大迫はこの場面について「相手がまだ試合に入り切れていないので狙っていた」と打ち明けていましたけど、その洞察力と相手DFを振り切ったテクニックはワールドクラスというより他ありません。
やっぱり半端ないわあ。

そしてこのPKの場面、香川が「俺が蹴る」とばかりにボールを抱きかかえ、いい意味でのエゴを見せたまま、冷静なフェイントを入れて見事に決めてくれたのは立派でした。
PKはあまり得意じゃなかったはずですけけど、29歳になってリーダーとしての自覚も出てきたのでしょう。
見直しました。
このW杯はなにかをやってくれそうです。

こうして日本は開始早々に1-0としただけではなく、11人対10人という圧倒的有利な状況。
コロンビアは引いて守るしかなくなって、日本は中盤の柴崎や長谷部が楽々ボールを持てるようになり、そこから自由にパスを展開。
そうなれば追加点は時間の問題…、といいたかったものの、コロンビアの守備陣形が強固なのと、日本の前線にアイデアと技術が足りないせいで、決定機らしいものはほとんど作れません。
逆に何度かコロンビアのカウンターを食らい、特にキンテロからファルカオへのラインは手数をかけずに日本ゴールに襲い掛かってきてかなりの脅威でした。34分のピンチは肝が冷えましたね。
ただ、右のクアドラードは長友が上手く抑えていたので助かりました。この日の長友はスーパーサイヤ人でしたね。
(コロンビアは中盤の守備を厚くするために前半31分にクアドラードを下げ、バリオスを入れたので攻撃力は低下しました。)

そこからコロンビアのカウンターを恐れた日本は”前半は1-0のままでいいか”という雰囲気になってきて、手堅くボールを回し始めたので前半はそのまま終わるかと思ったのですが、38分に長谷部がファルカオに対するファウルを犯したとしてコロンビアのFK。
しかし、VTRを見ると、ファルカオから長谷部に当たってきて、わざと倒れるという臭い演技。
ファルカオは同じようなことを繰り返していましたけど、なんとも狡猾です。

そしてそのFKではキンテロが意表を突くグラウンダーのシュートを放ち、それが日本の壁がジャンプした足元を通過してのゴール。
川島もライン際で執念を見せましたが悔しい1-1。
審判は騙されないようにして欲しいものです。

この狡猾なゴールで同点に追いついたコロンビアは攻め疲れを休めるようにリズムを落とし、日本もそれに付き合う形で前半は1-1で終了。
日本は数的有利でしたけど、それがあまり感じられない五分の展開でした。やはりコロンビアは強い。
また、乾と香川がほとんど機能していないのが気になりました。乾などは相手カウンターの起点になっていましたしね。
攻撃陣でいうと原口は守備に大貢献、大迫は自分のプレスからボールを奪ってシュートを放つなど奮闘していただけに、乾と香川にはもうちょっとなんとかして欲しかったです。
前半で突き放すべきでした。
(長くなりましたので後編に続きます。)
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード