FC2ブログ

ロシアW杯 引き分け以上の価値があったセネガル戦

ロシアW杯GL、日本の第2戦(6月25日)の相手は「アフリカ最強」との呼び声の高いセネガル。
両者1戦目で勝利を得ていることもあり、連勝を飾ればGL突破が濃厚となるため、両監督とも前日会見では「勝ちに行く」という方針を示していましたが、このグループはポーランドとコロンビアのランクが高いため、2戦目を落とせば”GL敗退”が見えてくるのもまた事実。
それがピッチに立つ選手たちの心理に微妙な影響を与え、”堅い試合になる”というのが私の予想でした。
具体的なスコアでいえば0-0です。

しかしいざ試合が始まってみると、いわゆるオープンな試合となり、セネガルが日本のミス(川島!)をついて先制するも、日本は柴崎の正確なパスから長友、乾と繋いでのビューティフルゴールで前半のうちに追いつきます。
後半は日本がペースを握りながら点が獲れないでいると、隙をついたセネガルが勝ち越しゴールを決めてしまいますが(柴崎が股を抜かれ、乾がマークミス)、日本は動揺することなく攻め続け、大迫の縦パス(相手の弱点でもあるGKを狙った)のこぼれ球を乾がセンタリング、岡崎が潰れて本田がシュートというチーム一丸となったゴールで同点。
関わった選手の技術と気持ちが有機的に連動した素晴らしいゴールでした。日本サッカー史に残るといっていいでしょう。

その後も、日本は逆転を狙って攻め続けましたが、決め手にかけて試合は2-2のままタイムアップ。
日本はセネガルのスピードとフィジカルを組織力で防いだだけではなく、局面の1対1でも負けることなく戦い、攻めでも素晴らしい連携を見せていました。”判定勝利”といってもいいくらいの内容でしたね。
私も日本が、アフリカ最強のセネガルを相手にここまで戦えるとは思っていなかったので、西野監督と選手たちにはシャッポを脱いで最敬礼です。
日本代表は本当に強い!
チームもサポーターも国民も自信を深めた試合になりました!

また、試合自体がとっても面白かったので、世界中のサッカーファンや関係者からも大いに評価されたそうです。
こういうのもまた日本サッカーの存在感を高めるので大事ですよね。
日本サッカー協会は勝利給を設定していますけど、たまには”内容評価給”を上げてもいいんじゃないでしょうか。

それにしてもこの試合もまた西野朗監督の采配には驚かされました。
相手がセネガルということもあって”走れて戦える選手”をスタメン起用するかと思われましたが、いざ蓋を開けてみると、コロンビア戦とまったく同じメンバー。

      大迫勇也
  乾貴士 香川真司 原口元気
    長谷部誠 柴崎岳
長友佑都 昌司源 吉田麻也 酒井宏樹
      川島永嗣

これに後半途中から本田圭佑と岡崎慎司を投入するのも1戦目とまったく同じ。
終盤に乾→宇佐美貴史もありましたけど、これは乾に疲れが見えたのと、カードを1枚もらっていたからでしょう。
GLの2試合を終え、西野ジャパンの形がはっきり見えました。今後の試合も基本的にはこの戦い方になると思います。西野監督は「相手がどうあれ受け身の戦いはしない」とも語っていますしね。
また、コロンビア戦であまり良くなかった乾を諦めなかったのもまた西野監督の英断でした。
乾も「意気に感じた」といっていましたけど、こういう選手起用はチーム全体のモチベーションを上げるはずです。

そしてこの2戦目で選手個々の役割もまたはっきりしたといっていいでしょう。
ポスト兼ストライカーの大迫(セネガル戦の空振りは半端だった!)。
一の槍たる乾(行く・行かないの判断をコロンビア戦から修正)。
黒子役ともいえるリンクマンの香川(目立たないけどいい仕事してます)。
攻守で汗をかく原口(ちょっと疲れがたまってきたか)。
バランスと安定感をもたらすキャプテン長谷部(セネガル戦はかなり良かった)。
柴崎はプレイメーカーとして代表の中心に君臨(日本のモドリッチ。今後は相手からのマークが厳しくなるはず)。
長友と酒井の両SBは日本のストロングポイント(ワールドクラスのこの2人がいるので我々はサイドの攻防では負けません)。
昌司は積極的な守備でチームを活性化(初出場とは思えぬ落ち着き)。
吉田はチームの大黒柱であり、日本が世界と戦うために必要不可欠なCB(元同僚のマネとの舌戦にも判定勝利)。
川島は経験でチームを支えます(ミスも多いですが替えがききません。そのうち”神島”になってくれるでしょう。)

そしてジョーカー役の本田。コロンビア戦の同点アシストに続き、このセネガル戦では同点ゴール。やはり”持っている男”です。
岡崎は怪我明けで本調子とはいえませんが、気迫と泥臭さという持ち味は鈍ることなくチームに貢献しているといっていいでしょう。セネガル戦の2点目の潰れ方は”さすが”の一言です。

また、この西野ジャパンはコンディショニングとスカウティングにも目を見張るものがあります。
このW杯では常に走り勝っていますし、相手の弱点も的確に見抜いています。
このセネガル戦では相手の穴である右サイドを執拗に攻め、セネガル守備陣が苦手とする俊敏性やショートパスを用いての得点だったのは、まさに策がはまったといっていいでしょう。
これらはチームを裏で支えるスタッフの力があってこそですし、W杯6連続出場の蓄積といっていいでしょう。

私はいまの西野ジャパンを見ていると、過去の代表チームを思い出します。
基本はザックジャパンに近いと思いますし、そこに岡田ジャパンの”相手より1キロ多く走るプレッシングサッカー”、ハリル監督が口酸っぱくいっていた局面での”デュエル”、そしてジーコジャパンの”選手の自主性”。
また根底にはオシムの”考えて走るサッカー”も息づいていると思います。
どれもその時代時代にはなかなか実現できなかったサッカーかもしれませんが、それがいまの西野ジャパンの経験豊富な選手たちによって形になってきている、”日本のサッカー”が見えてきている、そんな気がしてなりません。

そんな西野ジャパンですから、GLを突破し、出来ればベスト8、いやその先まで駆け上がることを願っています。
サッカーはやはり結果ですから、どんな哲学やスタイルも結果を残さなければ評価されにくいものです。
日本はそれが顕著な国かもしれません。
西野ジャパンには、サッカーは”積み上げ”だということを証明してい欲しい。
ジェラーユ ウダーチ!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード