FC2ブログ

ニラせんべい、信州のソウルフード

前に〈やたら〉のことを書いていて思ったのですが、長野県の郷土食って、他県と共有のものが割と多いんです。たとえば、いま放送している朝ドラ『『半分、青い。』(2018年春夏)で岐阜県名物のように描かれている〈五平餅〉は南信でも食べられているものですし、最近じわじわ知名度を上げている〈おやき〉は新潟県の一部地域の伝統食でもありますし(新潟県では〈あんぼ〉とも呼びます)、信州人がお盆に食べることで知られる饅頭の天婦羅は会津などでも名物ですし、馬刺しは熊本県の印象が強いですし、信州発祥といわれる蕎麦切りなどは全国的なものです。
このように見てくると、”長野県ならではのもの”というのはあまり多くないことに気づかされます。
そこで頭をひねってあれこれ思い返したのですが、ひょっとすると〈ニラせんべい〉こそが長野県ならではのものなのかもしれません。

”せんべい”というとどうしてもお米の煎餅を想像してしまうかもしれませんが、ニラ煎餅は簡単にいうとニラのお好み焼きですね。
作り方もいたってシンプルで、小麦粉・卵(なくても可)・信州味噌・砂糖・水をよく混ぜたベースに、適当に切ったニラ(1~2cm)を合せ、あとはフライパンで薄く焼くだけ。
ベースに味噌を入れず、焼き上がったものに塗ってもOKです。
(※煎餅とは穀物を練ってから炙ったものという意味。)
ニラせんべいは見た目は地味ながら、おやつにも御茶うけにもおつまみにもヨシというまさに万能食。一度食べ始めると止まらない味です。”いい信州味噌”がポイントでしょうね。
もともとは北信で発祥みたいですけど、いまでは信州全土で食べられているようですし、ひょっとするとこれこそが信州人の母の味であり、ソウルフードなのかもしれません。

そんなニラせんべいですが、何年か前に全国ネットの『秘密のケンミンSHOW』で取り上げられたことがあって、信州にやってきたレポーターが「韓国料理のチヂミですか?」と聞いて回っていたのには唖然としました。
小麦粉をベースにした焼き物というのは安土桃山時代の文献にも登場するほど日本では古いものですし、ニラせんべいのようなものは、お好み焼きやどんどん焼き、薄焼きやベタ焼きなどと呼ばれ、日本の津々浦々に根付いているものです。
それを外国の料理のように聞くというのはどういう了見なのか理解に苦しみました。レポーターが外国籍だったのかもしれませんね。

”小麦粉”を使った料理というのは、日本では奈良時代に唐からもたらされた団子菓子が文献上の初出ですが、唐での修業から帰ってきた空海がもたらした”うどん”が初めてだと考えるひともいるようです。
いずれにしろ、かなり古くから日本に小麦粉料理が存在したのでしょう。
そう聞くと、”唐から小麦がもたらされた”と考えがちですが、小麦の栽培自体は弥生時代からのものです。
重要なのは”製粉技術”なんです。

石臼による製粉は古代エジプトで発明されたと考えられていますが、これが発達することによって人類の食は大きく飛躍したといっていいでしょう。
パンも麺もないなんていまでは想像もできませんし、栄養吸収の観点でいっても製粉した穀物は優れています。
しかし、この石臼というのは技術は特別なものであり、長らく特権階級だけのものでした。
それはエジプトや欧州、中国大陸でも同じことですし、奈良時代からの日本でもそうです。
しかも石臼は人力で回すわけですから、小麦粉は大量生産できません。高級はものでした。
製粉技術のない国は”小麦粉”を高価で輸入している場合もあったほどです。

その小麦粉が低コストで大量生産されるようになったのは(古代ローマでは奴隷が巨大石臼を回してしたようです)、中世ヨーロッパで水車が用いられるようになったからです。ヨーロッパの発展の原点かもしれません。
その水車の技術が日本にもたらされたのは平安時代ですが、普及したのは鎌倉時代です。
日本はパン食ではありませんから、揚水での利用が中心だったと思いますけど、江戸時代からは脱穀や製粉にも用いられ始め、うどんや蕎麦が庶民の味となったわけです。

ちなみに朝鮮半島は水車の導入が極めて遅く、江戸時代に日本にやってきた朝鮮通信使が日本の水車の普及具合に驚いたという有名な話があります。
ですから、製粉した小麦粉を用いるチヂミが”宮廷料理”なんです。
北朝鮮名物・冷麺が食べられるようになったのも19世紀の半ばとされていますし、朝鮮半島で小麦粉が庶民の味になったのはつい最近といってもいのかもしれません。

朝鮮通信使にニラせんべいを食べさせてあげたらさぞ喜んだことでしょう。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード