FC2ブログ

開拓者、本田圭佑

「集大成」という位置づけの2018W杯ロシア大会をベスト8という結果で終え、「清々しい」という潔い言葉で代表生活を締めくくった本田圭佑ですが、その後の方向性については明言せず、ちょっと迷っている様子だったのは彼にしては珍しいことだったと思います。
しかし、8月2日のインターネットテレビ局の番組で「東京五輪を目指したい」といって現役続行を宣言してからの動きはまさに一気呵成でした。
6日にはオーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーへの入団が決まったことが報じられ、290万ドルの1年契約というのは「メルボルン史上最大の契約」とのことで大きな話題となりました。
日本のビッグネームが全盛期に近い年齢でAリーグでプレイするのは本田が初めてになりますから大いに興味がそそられますし、今後のAリーグでの日本人選手の評価が左右されるのは間違いないので、本田にはぜひ活躍して欲しいところです。

そうして本田の18-19シーズンが決定したかに思われましたが、これだけで終わらないのがケイスケ・ホンダでした。
今日12日、本田が姿を現したのはカンボジア。
そこでなんと、カンボジア代表のゼネラルマネージャーに就任し、実質的な代表監督としてチームを率いることが発表されたんです(2年契約。メルボリン側も了承済みとのこと)。
現役を続けながら代表監督をするというのは本人もいっていた通り「世界で初めて」のはずですし、これは本当に驚きのニュースでした。
ちなみに、カンボジア代表といえば、日本代表はロシアW杯アジア2次予選で対戦しています。
なので、次のW杯予選でも日本代表が本田監督のカンボジア代表と戦う可能性があるわけですし、ということは、本田圭佑の”代表引退”も確定したといっていいでしょう。
代表引退試合は、カンボジア代表を日本に招いて、前半はサムライブルーの本田選手、後半はスーツとサングラスの本田監督といいうのも面白いかもしれません。

記者会見での本田は「カンボジアサッカーのスタイルを作ってゆくこと」と「サッカー以外のカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えてゆ「くこと」が自分の使命だと語り、長期に渡ってカンボジアサッカーのみならずカンボジアという国と歩んでゆく決意を表明していました。
志しの高さが本田らしいですよね。
本田は昨年からアフリカで貧しい子供たちを支援する活動をしたり、W杯期間中も「発展途上国で貧困生活をしている人達ってW杯って観れてるんかな?」とツイートしたりしていましたから、カンボジア代表に行きついたのも必然なのかもしれません。
彼が常々語っていた「サッカーで世界を変える」という言葉をついに実行に移そうというのでしょう。

私はこの本田のチャレンジに本当にワクワクしています。
ただし、「サッカーで世界を変える」というのはあくまで高い理想としてです。
凡人たる私が期待するのは、”日本人監督の可能性”という狭い範囲の話です。
これまで日本人が海外の代表チームを率いるというのはほとんどありませんし、あっても日本サッカー協会からの派遣みたいな形で、”教えてあげる”という姿勢でした。
そのため、派遣される監督も、学校やクラブユースなどで育成の経験を積んだ、割と年齢が高いひとが多かったわけです。
しかし、本田の場合は30代での初監督ですし、カンボジアに貢献すると同時に、自分自身のキャリアアップ(社会的地位やビジネス的な意味でも)にも繋げたいという考えがあるのは間違いありません。一緒に成長するwin-winの関係といったところでしょう。

そういう本田が監督として結果を出せば、アジアでの日本人監督の評価もまた高まるはずです。
日本サッカーの成長というのは、代表の成績やJリーグの盛り上がり、そして海外で活躍する選手の数がその指標として語られるところですけど、海外の代表やクラブを率いる日本人監督の数も忘れてはなりません。
日本でも、海外で揉まれた後に母国の代表監督になるというワールドスタンダードが確立されるべきです。
本田圭佑がその道を切り開くことに期待します!

世界の前に、まずは日本を変えてくれ!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード